スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年12月19日

クリスマスにバイト、そんなアナタに捧げたい映画3選

LA_Mainjpg

(C) 2003 WT VENTURE LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

特に予定もないからクリスマスにバイトを入れたけど、華やぐ街を見ているとなんだか寂しい。そんな聖なる夜に頑張るアナタにプレゼントしたい映画を、映画パーソナリティのコトブキツカサさんに選んでもらいました。

 

『ラブ・アクチュアリー』

GNXF-1581_L

(C) 2003 WT VENTURE LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

「どんな状況でもアナタは主人公です」(コトブキツカサ/以下同)

コトブキ「クリスマス映画のテッパンと言えばこれでしょう。19人の男女の恋愛模様が描かれていますが、ここに出てくる人たちはみんな恋愛に悩んで生きていくことに必死。19人いれば、19通りの人生があるわけです。僕の座右の銘は『人生に端役なし』。つまり、生きていれば自分が主人公であり、エキストラは誰もいません。

僕もバイトは数多くやってきましたが、昔、すごく憧れていた洋服店にバイト採用になったことがありました。バイト初日、“俺、イケてるんだな”とウキウキして店に行ったら店長から“君は3ね”と言われたんです。

3って何だろうと思っていたら、チャラいお兄さんや、挙動不審な人が来るたび“コトブキくん3お願いします”を店長が連呼。どうやら“3”は万引きチェック係りだなと気付きまして。オシャレな服を売るはずが、目の焦点が定まっていないようなお客さんをガン見する毎日。

きっと、洋服を売っている店員から見たら僕は端役だったかもしれないですけど、僕は自分の仕事をまっとうしましたから主人公なわけです。だから、クリスマスにバイトをしているアナタも主人公なんですよ」。

【あらすじ】
クリスマスのロンドンを舞台に首相から学生まで様々な境遇の19人が、それぞれ恋に落ちたり振られたり嫉妬したりチューしたりするラブストーリー。豪華すぎるキャストを見ているだけでも楽しい。

【DATA】
製作国:イギリス、アメリカ合作
製作年:2003年
キャスト:ビル・ナイ/コリン・ファース/エマ・トンプソン/ヒュー・グラント/キーラ・ナイトレイ他
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント/1886円(税抜)

 

『トイ・ストーリーシリーズ』

 

「クリスマスの時こそ童心を取り戻せ!」

コトブキ「クリスマスが近づき浮かれている街を見て取り残された気分になっているアナタ。幼い頃を思い出してみて下さい。クリスマスは楽しくてしょうがないイベントでしたよね。欲しかったおもちゃがもらえたり、みんなが笑顔になれる日だったはず。それがいつしか大人になると逆になってしまう…。

そんな時こそ、童心忘れるべからず! 子どもから大人まで夢中になるピクサー映画『トイ・ストーリー』であの頃の楽しい気持ちを取り戻しましょう。登場人物はカウボーイのウッディやバズ・ライトイヤーを始めとするおもちゃたち。彼らは子どもを喜ばすことがおもちゃの使命だと思いその任務をまっとうしていますが、それと同じで、アナタも働くことでお客様を喜ばすことができるんです。

子どもの頃に観た時は“おもちゃが動いて面白い”だけの感想が、大人になって改めて見返すと“おもちゃも信念を持って頑張っているんだな”と新たな見え方ができるんです。観た後は童心と大人の心を持って“クリスマスみたいな楽しい日にバイトで人を喜ばせるなんていいじゃん!”と思えるはずですよ」。

【あらすじ】
アンディ少年が持っているカウボーイや宇宙ヒーローのおもちゃたちが人間にバレないようあんなことやこんなことをするCGアニメ。テーマは「おもちゃの世界も色々あるのよ」。

【DATA】
製作国:アメリカ
製作年:1995年(トイ・ストーリー)、1999年(トイ・ストーリー2)、2010年(トイ・ストーリー3)
キャスト:声の出演/トム・ハンクス/ティム・アレン/ドン・リックルズ/ジム・ヴァーニー他

 

『バッド・サンタ』

 

「クリスマスの現実を直視しろ!」

コトブキ「根本的な事言っちゃいますけど、みなさんクリスマスを特別に考え過ぎです。クリスマスには彼氏・彼女とシャンパン飲んでケーキを食べて…と、いうのが理想の過ごし方だと思っているから、バイトしているとへこむわけですよね。はっきり言って、何の予定もなく過ごしている人が多いですよ、クリスマスなんて。

僕の人生を振り返ってもクリスマスはほとんど一人で過ごしていました。そんな理想に対して現実を突きつけるのがこの『バッドサンタ』。ビリー・ボブ・ソートン扮するサンタが尋常じゃなくダメなんですよ。ショッピングモールで子どもたちを前に酒瓶を持ってベロベロ酔っ払い状態で登場。あげく、おネエちゃんを追いかけて仕事放棄。おまけに強盗ですからね(笑)。

夢を与えてくれるサンタクロースの理想をこっぱみじんに壊してくれます。現実なんてこんなもんだと納得できると共に、黒い笑いが散りばめられている映画なのでスカッと笑ってバイトへ行きましょ!」。

【あらすじ】
クリスマスになるとサンタに扮してデパート強盗を繰り返す超絶ダメおっさんが、ひとりの子どもと出会ったことで変化していくブラックコメディ。サンタがヒドすぎて子どもが見たらトラウマ必至。

【DATA】
製作国:アメリカ
製作年:2003年
キャスト:ビリー・ボブ・ソーントン/トニー・コックス/ブレット・ケリー/ローレン・グレアム他

 

【番外編】
コトブキ的、今月グっときた新作映画

毎月、何十本も新作映画を鑑賞しているコトブキさんが、今月一番ササった1本を厳選紹介!

『百円の恋』

(C)2014東映ビデオ

「自分を諦めない主人公に拍手」

コトブキ「安藤サクラ演じる主人公がとにかく生きることに不器用。家族ともうまくいかないし、仕事もしていない。そんな彼女が100円ショップでバイトを始めるんですけど、これが意外とうまくいって仕事にやりがいを見つけるんですよ。そして、男が出来たり、ボクシングへ目覚めたりと成長をしていく。

とにかく自分を諦めない主人公の姿が良くて、思わず見入ってしまいました。どんな状況でも諦めない心があれば事態は好転することを教えてくれますね」。

■映画情報
12月20日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー
http://100yen-koi.jp/

 

 ■Profile

Kotobukitsukasa_TIFFコトブキツカサ
映画パーソナリティ

1973年生まれ、静岡県出身。年間500本以上、累計10000本以上の映画を鑑賞。SBS「Soleいいね!」tvk「映画のウィスプ」などテレビレギュラー出演の他、「週刊プレイボーイ」「メンズクラブ」など雑誌、webなどで映画関連コラムを多数連載。日本工学院専門学校 放送・映画科にて非常勤講師も務めている。
【公式Twitter】@kotobukitsukasa で検索。