スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年01月23日

バイトの定番「レジ打ち」はラク?それとも大変?気になるレジ打ちバイトのホントを徹底解説

レジ打ち 会計 従業員 メリット デメリット 苦手 向いている 適正 楽 辛い きつい バイト タウンワーク
コンビニやスーパーで見かける「レジ」のアルバイト。「レジスターを一度操作してみたい」「テキパキこなす姿がステキ」「なんとなくラクそう」といった理由で、興味を持つ人も多いことでしょう。アルバイトの「王道」ともいえるこのレジ打ち、実際には大変なのか、それともラクなのでしょうか。レジ打ちバイトの経験がある人のコメントをもとに、向き不向きや注意点など、気になるアレコレをまとめました。

【目次】

レジ打ちバイトってどんな仕事?

レジ打ち 会計 従業員 メリット デメリット 苦手 向いている 適正 楽 辛い きつい バイト タウンワーク
よく見かける「レジ打ち」のバイトは、そもそもどのようなお仕事なのでしょうか。主な仕事内容を解説していきます。

商品をスキャンして精算する業務

基本的にレジ打ちはレジスターが設置されたカウンターに立ち、お客様が持ってきた商品を受け取り、バーコードをスキャンして、合計金額を伝え、精算する業務になります。お店のレジの機種によっては、レジスターに金額を入力する必要があるほか、商品を梱包(袋詰め)し、お客さんにお渡しすることもあります。

最近では、ポイントカード・クーポンなどを導入している店舗が多いため、ポイント加算も行ったり、カードや電子マネーでの支払いに対応する必要があります。

レジがメインの仕事はスーパーなど限定的

ひと口に「レジ打ち」といっても、「レジの精算業務」に専念できるアルバイトとそうでない仕事があります。たとえば、レジ業務に専念できるのは、スーパーや大型飲食店、ホームセンターなど。比較的、大規模な店舗では「レジ業務」に集中できると考えてよいでしょう。ただ店舗によっては、かんたんな清掃、またはレジ周辺の品出し程度を任されることも多いようです。

コンビニなど多くのバイトではたくさんの業務のなかのひとつ

一方で、レジ業務といっても、コンビニ、ホールスタッフ(飲食店)、ドラッグストアなどでは、商品の陳列や配膳、店内の清掃などたくさんの業務のなかの「一部」になります。他の仕事も覚える必要があるので、慣れる時間がかかるといえます。こうした店舗では、お金を扱うという性質から、「責任感のある人に任される業務」ともいえるのです。

レジ打ちバイトの大変なところ

レジ打ち 会計 従業員 メリット デメリット 苦手 向いている 適正 楽 辛い きつい バイト タウンワーク
それでは、レジ打ちの仕事で大変なのはどのような点なのでしょうか。レジ打ちのアルバイトの経験者に、「ココが大変だった」「イラッとした」という経験を教えてもらいました。

勤務時間中は立ちっぱなし。足がむくむ人も

「重い商品を読み取ることが多い日は、腕がくたくたになる」
「常に人の目にさらされているので、気疲れしやすい」
「レジの場所によっては外からの風が入ってくるので、冬場は地味に寒い」

レジは勤務時間中、立ちっぱなしです。他のアルバイトなどと違って、移動することが極端に少ないため、全身を動かすことが少なく、足がむくみやすいという人も。肉体的に疲れるという声も多いようです。

混雑時は行列が……。息をつく暇もないほど!

「年末年始などの繁忙期は、接客が続いて声がかれてしまった」
「ランチタイムなど、お客さまが集中する時間帯は、レジ待ちの行列が長くなって焦る」
「小銭を出すのが遅いお客さんがいると待機列が長くなってしまう」

朝やランチ時、夕方など、お客さんが殺到する時間帯はどうしても混雑するよう。その分、疲労も倍になりそうです。ただ、「忙しいと時間が早く過ぎるので好き」という人もいるので、これは人によって意見が分かれそうです。

お金を扱うだけに、責任も重大!

「締め作業のときのレジのお金を数える作業がしんどい。たいてい締めは深夜なので、眠いし、集中力が続かない」
「500円の品物を買って1000円を受け取ったのに、誤って1000000円もらったことにしてしまった」
「レジ金を間違えてしまい、訂正がとても大変だった」
「すべてのレジを打ち終わった後に購入の取り消しをお願いされる」

レジはお金を扱う業務だけに、間違いが許されないのがシビアなところです。最近ではクーポンや割引券、ポイントなども多くなっているので、業務が複雑になっているという声も。単純ですが、独特の緊張感のある仕事といえるでしょう。

問い合わせはクレームにも対応する必要あり

「クレーム対応の矢面に立たされることが多い」
「レジだけに専念していると思いきや、突然、質問されることも多いので、答えるのが大変」
「マスクつけられず、お客さんと接することが一番多いので、風邪をひきやすい」

やはり接客業なので、質問やクレーム対応が大変という声は多いようです。
しかしなかには、レジ業務を「自分の握手会」と発想を転換する人も。

「レジを担当していて行列ができ、イライラしてしまったときは、レジを自分の握手会だと思っている。お客さんは全員ファンってことになるし、自分のことをわざわざ選んで並んでいると思うと、すごくやる気になる」

意外? レジ打ちバイトの楽しいところとは?

レジ打ち 会計 従業員 メリット デメリット 苦手 向いている 適正 楽 辛い きつい バイト タウンワーク
大変なことも多い「レジ打ち」のアルバイトですが、もちろん楽しいこと、ラクだと思うことも多いよう。こちらも先輩方のコメントから探っていきましょう。

仕事を覚えてしまえば無心でできる

「品出しや発注、注文などに比べて、レジは流れ作業だし、何も考えずにできるのでラク」「マニュアルがあるので、決められたことを話せばいいので緊張しない」
「キャッシュレスがうたわれるようになってから、ICカードやスマホ支払いといった支払いが進んで楽になった」
「昔のレジに比べてお金を入れれば、お釣りがでてきてくれるようになったので時間が短縮になった」

昨今はレジの機能が進化しているほか、セルフレジを導入しているところも多く、レジ業務にかかる時間も短縮しているよう。お金に関わるだけに、ミスを起こしにくくなっているのはいいですね。

暇な時間帯は、待っているだけの時間も多い

「お客さんが持ってきた商品見ながらこのお客さんのお会計は○○円!と予想するのが楽しい」
「レジ周りを整頓しておく習慣ができた。袋・箸・ストローなど細かいものも整頓しておくだけでとてもラク」

レジ業務に専念していると、お客さんを「待っている時間」も長くなります。それでも時給が発生しているのですから、ラクというのも納得です。またそうした待ち時間を利用して、整理整頓をし、次のピークに備える人も多いようです。

レジ打ちバイトに向いている人はどんな人?

レジ打ち 会計 従業員 メリット デメリット 苦手 向いている 適正 楽 辛い きつい バイト タウンワーク
では、レジ打ちバイトに向いている人はどんな人なのでしょうか。適性について紹介していきましょう。

責任感があり、計算が早いと有利

レジの機械化・高性能化が進んでいるとはいえ、基本はお金を扱う仕事なので、責任感のある人が向いている仕事です。また、機械が行うとはいえ、計算が早くきっちりとしている人はぴったりといえるでしょう。

テキパキ仕事ができる人

店舗の混雑具合にもよりますが、基本的にはレジに専念するということは、「早く」「正確に」仕事をすることが求められます。おっとり・自分のペースも大切ではありますが、やはりテキパキと動ける人のほうが喜ばれます。

明るくコミュニケーションがとれる人

レジの業務には接客も含まれます。マニュアルがあるとはいえ、明るくコミュニケーションをとることができる人、人と話すことが好きな人が向いている仕事です。また、小さなお子さんから高齢者まで幅広い人を相手にすることが多いため、お客さんにあわせた細やかな配慮ができる人だとより好ましいでしょう。

レジ打ちバイトに向かない人はどんな人

レジ打ち 会計 従業員 メリット デメリット 苦手 向いている 適正 楽 辛い きつい バイト タウンワーク
どんな仕事にも向き・不向きがあります。では、レジ打ちバイトに向かないのはどのような人なのでしょうか。特徴をまとめてみました。

お金や人との接触が苦手な人

電子マネーが普及しつつあるとはいえ、まだまだ精算は現金が中心です。そのため、お金をさわりたくない人は難しい仕事です。同様に、自分の手と人の手がふれるのがイヤという人も務まらない仕事といえるでしょう。

ぶっきらぼうで、乱雑な人

お金を扱う接客業なので、ていねいな言葉づかい、対応が必要になります。つねにニコニコしている必要はありませんが、できるだけていねいで、物腰がやわらかい人のほうが望ましいでしょう。極端に乱暴だったり、ぶっきらぼうだと、なかなか続けるのは難しい仕事です。

仕事にマニュアルがあるレジ打ちとはいえ、「暑いですね」「寒いですね」、「お気をつけて」といった会話、コミュニケーションは欠かせません。話しかけられるのが怖いという人や何を話したらいいのか緊張するという人は、向かないといえます。

レジ打ちバイトをマスターすれば、バイトの選択肢が広がる

レジスターの操作は、慣れないうちは難しい印象がありますが、一連の作業を覚えてしまえば、あとはその繰り返しとなり、比較的マスターするのも容易といえます。また、レジの機種は異なりますが、レジ打ちバイトを一度経験しておくことで、飲食店のレジやコンビニ、ホームセンターなどとバイトの選択肢が広がります。つまりお給料以上に「得るものの多いバイト」といえるでしょう。少しでも「レジのアルバイト、気になるな」と思った人は、気軽に応募してみてはいかがでしょうか。

早速バイトを探してみよう