スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年05月22日

「ファーストフードバイト」ってどんな仕事?

「ファーストフードバイト」ってどんな仕事?
駅の近くにあることが多いファーストフード店。学校帰りに通いやすく学生にもオススメです。そんなファストフードのバイトをご紹介します。

【目次】

1. 待遇や給与
2. 経験者の評価
3. ファーストフード店のバイトで良かったことと辛かったこと
4. マニュアルに基づく指導が厳しい!?ファーストフードバイトのギャップ
5. こんがりポテトのできあがり… ファーストフードのバイトでの失敗談
6. 笑顔が基本!ファーストフードのバイトで身に付くスキル
7. 体験者からのアドバイス

待遇や給与

「レジ打ち」「接客」「調理」「店内清掃」といった業務がメイン。比較的簡単な仕事のうえ、ほとんどの作業がマニュアル化されており、研修を受ければ誰でも覚えられるので、アルバイト初心者にオススメしたいバイトです。

オーダーを手際よく準備し、お客さんに提供するのはファーストフードの基本。速さと正確さが同時に要求されるので、何事もテキパキとこなせる人に向いている仕事と言えるでしょう。土日や祝日などは非常に忙しくなりますが、チームワーク良く他のスタッフと助け合って仕事をすれば、充実した時間と達成感を得ることができます。

24時間営業のところもあるので、早朝、昼間、夜間、深夜と勤務時間が選べるのもポイント。シフトの融通もききやすいため、授業やサークル活動で忙しい学生や、バイトをかけもちしたい人にもオススメです。

また、アルバイトの昇格制度を導入しているお店もあります。リーダーになれば「クレーム対応」「新人教育」などを任されるようになるだけでなく、時には店長不在の際にお店全体を任せられることもあるのだとか。向上心をもって仕事に励めば、アルバイトでも責任のある仕事を任せてもらえるようになり、より仕事にやりがいを感じることができるので、チャレンジしてみては?

経験者の評価

ファーストフードのアルバイトは求人数が多く、求人サイトで検索すれば、簡単にヒットします。店頭・店内に募集ポスターが貼ってある店も多いので、学校帰りに立ち寄ってチェックしてみましょう。コーポレートサイトでも募集しているので、気になるお店があれば、コーポレートサイトにアクセスしてみるのもひとつの手といえます。

時給は関東で「1000円以上」というお店が多いようです。また、22時以降になると「25%UP」、土日は「50円UP」といった具合に手当てがつくことも。ガッツリ稼ぎたいなら、時給がアップする夜間や土日を狙う手もあります。勤務形態はシフト制のところが多く、「週1日、1日3時間からOK」といったところも少なくありません。時間や曜日の希望があったら、応募の際に確認してみましょう。

ファーストフード店のバイトで良かったことと辛かったこと

ファストフード バイト ハンバーガー 仕事内容 給料 バイト タウンワーク

オーダー受けや調理、商品のセットアップなどファーストフード店ではさまざまな業務があります。実際にファーストフード店でバイトをしてみると、思った通りのこともあれば、考えてもみなかったことも発生します。そこで、バイト経験者に良かったことと辛かったことを聞いてみました。代表的なコメントをいくつか抜粋します。

【良かったこと】

・親子連れのお客さんがニコニコしていて楽しんでいる様子を見ていると癒されます。(男性/40代/個人事業主・フリーランス)

・小さい子が初めて自分でオーダーする、というCMのようなシーンに出会ったとき、嬉しくてホッとしました。お金の受け渡しを初めて自分でやった、という達成感でいっぱいの表情が可愛かったです。(女性/50代/専業主婦(主夫))

・同年代の大学生が多かったので、違う大学の仲間ができて交友が広がった。(女性/30代/専業主婦(主夫))

【辛かったこと】

・大量購入のお客さんが続けて来たときは本当にこのまま一生終わらないのではないかと思うぐらい、働き続けました。(女性/20代/正社員)

・立ち仕事でしゃがんだり物を運んだり突然の接客を任されたり、臨機応変な対応が大変です。(男性/30代/正社員)

・ゴミ捨て。とにかく大量の生ごみがあるため、本当に臭かった。ゴミ捨て場が特に臭かった。(男性/30代/正社員)

良かったことの意見で多かったのは、美味しそうに食べている人を見ると幸せになるというものでした。自分が提供したものを美味しそうに食べている姿は仕事へのモチベーションをアップさせるのでしょう。特に子供が嬉しそうな様子は忙しい中でも癒しになるという意見が印象的でした。
逆に辛かったこととしては、立ち仕事であることや、レジのオペレーションが多くレジが混みやすいことなどが挙げられています。立ち仕事での肉体的な疲労、またお客さんが集中して来ると精神的にも気づかれする原因になるようです。また、真夏は大量に出るゴミが臭うという点で辛いと感じる人が多いようです。

マニュアルに基づく指導が厳しい!?ファーストフードバイトのギャップ

ファストフード バイト ハンバーガー 仕事内容 給料 バイト タウンワーク

自分がお客としてファーストフード店を訪れていたときの印象や想像と、現実にバイトとして働いたときの実感の違いについても聞いてみました。すると、思っていたよりも辛かったと回答した人が100人中81人で、全体の8割以上もいました。また、思っていたよりも楽だったという意見は19人で、2割弱という結果になりました。それぞれのコメントを紹介します。

【思っていたよりも辛かった】

・常に揚げ油の臭いを連れて歩いているようで落ち着かなかった。(女性/30代/正社員)

・1日中お店がとても忙しかったので、少しも休む時間がなくとても大変でした。(女性/40代/パート・アルバイト)

・最初はマニュアルを徹底して覚えさせられ、しかしお客様によって一人ずつ臨機応変に対応を変えなければならず、学生の自分にはとても厳しかったです。初めてのバイトだったので、働いてお金を稼ぐことの大変さを痛感しました。バイトとはいえ、社員と同等に厳しく指導がありました。(女性/40代/専業主婦(主夫))

【思っていたよりも楽だった】

・あまりマニュアル外の対応はなかったので、比較的楽に働けました。(女性/20代/個人事業主・フリーランス)

・当時短大生で、同学年の仲間も多くて楽しく働けた。若くて体力もあったから立ち仕事も苦にならなかった。(女性/40代/専業主婦(主夫))

・駅から離れていて、お客さんの数が少なく、メニューの品揃えも少なかったため。(男性/50代/パート・アルバイト)

思っていたよりも辛かったという意見では、忙しさやマニュアルの多さ、バイト教育の厳しさなどが目立ちました。個人店とは違い、ファーストフード店は企業独自の教育方針や徹底したマニュアルがあることが多いのです。特に、バイト教育では社員同様厳しく指導されるため、怒られるなどして辛い思いをする人もいるようです。初めてのバイトとしてファーストフードを選ぶ人も多いため、余計にバイトを始める前と後でギャップを感じてしまうのでしょう。
また、思っていたよりも楽だったとの意見では、比較的忙しくない店舗の場合が多いようです。忙しくても体力があって人間関係が良好であれば、楽しく思えるという人もいました。仕事の大変さや立ち仕事の辛さがあっても、職場環境が楽しければ続けられるという傾向が見られます。

こんがりポテトのできあがり… ファーストフードのバイトでの失敗談

ファストフード バイト ハンバーガー 仕事内容 給料 バイト タウンワーク

ファーストフードのバイトではどのようなミスをしやすいのでしょうか。起こしやすいミスや失敗について、バイト経験者の生のコメントを抜粋します。

・良くやったミスはオーダーミスで、ピクルス抜きと言われたのにピクルス入りを出してしまいました。(男性/40代/個人事業主・フリーランス)

・テイクアウトで品物の数を間違えたこと。ポテトが足りない、と電話を受けましたが、その客はそこから車で30分の親せき宅で子供たちへのお土産だったというので、店長がお詫びの品とポテトも再度揚げ直したものを持って車で届けました。(女性/50代/専業主婦(主夫))

・フライヤーの音の違いがわからなかったので、ポテトがこんがり焼けすぎたりしてしまっていた。(男性/40代/正社員)

起こりやすいミスとしては、やはり店頭でのオーダーミスが筆頭となっています。テイクアウトでオーダーミスをした場合には、遠方の自宅まで車で届け直すという事態も発生してしまうようです。また、調理においてもポテトを焦がしてしまったという失敗談も複数見られました。さらに、きちんとマニュアルはあるものの、タイマーの掛け違いや料理器具を使い慣れていないことから起こるミスも多いようです。

笑顔が基本!ファーストフードのバイトで身に付くスキル

ファストフード バイト ハンバーガー 仕事内容 給料 バイト タウンワーク

ファーストフードのバイトで実際に身に付くスキルについて、経験者に聞いてみました。具体的にどのようなスキルが身についたのでしょうか。

・ビジネスマナーは叩き込まれるので、電話対応などは就活のころには褒めていただけるレベルでした。(女性/50代/専業主婦(主夫))

・テキパキと行動できるようになりましたね。あいさつも完ぺきです。(女性/30代/正社員)

・焦っていてもお客様には伝わらないように笑顔で接客をする落ち着き。(女性/20代/パート・アルバイト)

ファーストフードといえば、スピーディに笑顔で接客する姿が印象的です。実際に身に付くスキルについても、笑顔でテキパキと対応できる能力を挙げる人が多くを占めました。こうした笑顔での接客は、他の仕事においても特に役立つものです。また、日常生活での人とのコミュニケーションを円滑にするスキルとしてもあるといいでしょう。

体験者からのアドバイス

忙しい時間帯にその店舗へ実際に食べに行ってみるといい。明らかに店員が忙しそうか、接客態度はどうかを見てみるのがおすすめ。忙しそうでも店員同士が意識して声を掛け合っているとか、しっかりと役割分担がされて、仕事がスムーズに行われているようなら良い店舗だと思う。(ファーストフード経験 24歳/女性)