スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年05月22日

「スタジアムの売り子」バイトの本当のところ

「スタジアムの売り子」バイトの本当のところ

野球やサッカーをスタジアムで観戦する時に、必ず見かける「売り子」のバイト。「かわいすぎる売り子」なんて人が注目を集めたのを覚えている人もいるだろう。実際にバイト経験のある人に、具体的な仕事内容や、働いてみての感想を聞いた。

■ メリット
・「日払い」「週払い」など、バイト代がすぐもらえることが多い
・短期間で集中して稼げる
・簡単で、未経験でも始めやすい

■ 覚悟が必要なところ
・上り下りで筋肉痛になりやすい
・天候によって稼ぎが左右される

■ こんな人にオススメ!?
・スポーツ観戦が好きな人
・頑張った分だけ稼ぎたい人
・バイトで友人を作りたいと思っている人
・短期で稼ぎたい人

仕事内容

座席でスポーツ観戦をする人のために、ジュースやビールなどの飲み物、お弁当や軽食などを売り歩く仕事。広いスタジアムを重いものを持って歩き回るため、カラダが資本となる。

基本的には接客業なので、身だしなみに気を遣うバイトでもある。指定の制服と帽子を着用し、きちんとした言葉遣いをするよう、事前に強く要求されることも多い。

歩合給なので、自分の頑張りが稼ぎに直結する。大声で「いかがですか」と売り歩いたり、他のバイトがいない場所を選んで売りに行ったり、得意客をつくるなど、積極さや工夫が求められる。

曜日や試合の対戦相手などによってはお客さんが少なく、売れ行きがイマイチことも。また、ドーム球場の場合は別として、雨天などの天候や、寒すぎる・暑すぎるなどの理由で売れないなど、外的要因に左右されることも多い、常に安定して稼げるわけではないと割り切ることも大事な仕事だ。

待遇や給与

バイト料は「固定+歩合」が基本。「ノルマに満たない場合は固定給のみ」「規定の数以上売った場合に歩合給が上乗せ」など、雇い先によって最低限売らないといけない本数や、1本あたりのバイト料が決まっていることがほとんど。たとえば200円のジュースを売ると1本あたり50円がもらえるという場合に100本売ったとしたら、「20本までは基本料1500円、歩合給が50円×100本で5000円(合計6500円)」というバイト料になる。

やってみてどうだった?

関東圏の野球場でジュースの売り子をしていました。いいところは、自分の行ける日を選んで働けること。シフト制のようにかっちり決まっているわけでなく、気が向いたら行けばいいお店だったので、お客さんが多い試合を選んでバイトを入れるようにしていました。

一回にジュース20本の専用ケースを持ち、無くなったら補充するのを繰り返すため、慣れるまでは筋肉痛がひどかったです。ただ、お客さんに顔を覚えてもらったり、「30分後にまた買うから来て」などとコミュニケーションをとれるようになると、ゲーム感覚で楽しめます。

スポーツ好きや、接客業が好きで活発な人など、バイト仲間に気が合う人が多く、たくさんの友達ができました。即日払いのうえに、近くのお店で売れ残ったお弁当をもらえたりすることもあって、待遇面もよかったです(32歳/女性)