スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年12月06日

メリットいっぱい☆がっつり稼ぐのも可能!年末年始バイト

今年も気がつけば12月。年末年始はどうやって過ごすか、もう決めましたか?
帰省や実家でゴロゴロ&ぬくぬく〜もいいですが、がっつり年末年始にアルバイトすると、いいことがたくさん。

今回は、学生&若いウチだけしかできない、「年末年始のアルバイト」のメリットについて解説します!
 

メリット1:お年玉やミニボーナスがつくことも?高時給+αが期待できる!

年末年始バイト
みんなが休みたい「年末年始」は、アルバイト・パートがとても集まりにくい時期なんです。特に大晦日やお正月三が日は、どこも人手が不足しがち。

そのため、時給に加えて「お年玉」やちょっとした「ミニボーナス」などとお給料を手厚くして、アルバイトを募集するお店も。
スポット・短時間で働ける場合もあれば、1日しっかり働けるバイトもあるので、がっつり稼いでセールで欲しかったものをゲット! なんてこともできそうですね。
 

メリット2:中にはヒマなバイト先も?年始だけの、ゆるーい空気で働ける

02
年末は、やっぱり忙しくなる職場が多いものの、一方で年始になるとお店によってはお客さんが少なくヒマになることも。
もちろん、大きな寺社仏閣の近くなどにあり、初詣客で賑わうお店もありますが、多くのバイト現場では普段よりもゆるーい雰囲気に。

同じ時給(もしくは高給)なのに、お仕事そのものはラクなのだから、これは大きなメリットといえそう。電車などもすいていることが多く、ストレスが少ないのもうれしいポイントです。

 

メリット3:店長や社員からの評判アップ☆就活のネタにも

03
年末年始にがっつりバイトに入るメリットとして、お金以外の特典といえるのが、周囲からの「評価アップ」につながること。先ほども解説しましたが、人が不足する年末年始シフトをどう組むのかは、社員や店長の悩みのタネです。

そんなときに「年末年始、がっつり入れますよ!」と伝えることで、評価が自然とアップ。さらに「年末年始働き、しっかり稼いだ」というエピソードは、就活での強みにつながることでしょう。
 

メリット4:年末年始ならではの、貴重な短期アルバイトを体験できる

04
クリスマスからはじまって大晦日、そして年始といえば、除夜の鐘つきや初詣、各種コンサートにイベントなどが重なるタイミングです。神社仏閣で働く、駅伝などのスポーツイベントで働くなんてことができるのもこの季節だけ。

人気アーティストのコンサートの運営やスポーツイベントの裏側、普段は立ち入ることのできない神社仏閣でのアルバイトは、一生の「持ちネタ」となる貴重な体験となることでしょう。
 

メリット5:予定がなくてもさみしくない。むしろ「バイトだから」と言える☆

05
クリスマスや年末年始は、カップルや家族で過ごす人たちが輝く、眩しい季節です。折からの寒さとあいまってさらに「ぼっち感」が増し、さみしさも5割増。そんな季節だからこそアルバイトで、働きましょう。

予定を聞かれても「いや、自分はバイトあるんで」と言えば、なんの問題もありません。がんばって働いて、アルバイト終わりにちょっといいお酒やスイーツ買い、自分へのご褒美! というのもいいですね。
 

ココに注意! 年末年始バイトのデメリットは?

念のため、年末年始バイトのデメリットについても、解説しておきましょう。

一つは、メリット2の「ゆるい」に反し、すごく忙しいアルバイトがあること。1年でもっとも忙しい時期だという仕事もあるので(神社仏閣や食品製造、年賀状配達/仕分けなど)、「ゆるい仕事のお手伝い」気分だと失敗…なんてことも。

もう一つは「おやすみムードのなかで働く」のが虚しいと感じることでしょうか。でも、コレ大丈夫、「年末年始にバイトを頑張っておいて、逆にみんなが働いているときに遊ぶ」のも、とっても楽しいですよ!
 

まとめ

先ほども簡単に紹介しましたが、年末年始バイトは、この時期ならではの職種もいっぱいです。もちろん、普段から働いている職場で、年末年始のシフトに入るのも、メリット大!
きっちり稼げて、貴重な体験もできる年末年始バイト、ぜひ一度、エントリーしてみてくださいね!

 
文:嘉屋恭子 イラスト:すぎやまえみこ