スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年09月28日

【雑貨販売スタッフ】みんな初めは未経験。できなくてあたりまえ! 私たちこうしてバイトに慣れました

アルバイトに興味はあるけれど、「仕事を覚える自信がない」「馴染めるか不安」という人も多いはず。どのくらいで慣れたのか、どうやって馴染んだのか、バイトを楽しむ先輩たちに聞いてみました! こちらは雑貨販売スタッフの先輩談。ぜひ参考にしてみてくださいね。

◆話を聞かせてくれた先輩

大学4年生 Y.S.さん(女性)
【慣れるまでの期間】2ヶ月
【はじめての接客バイト】雑貨屋
雑貨屋は15名ほどのスタッフが在籍しており、多くが年上の女性。みんなのフレンドリーで優しい人柄のおかげで、人見知りのY.S.さんもすぐに馴染むことができたんだとか。

知識を増やし、自信をつけて…慣れる!

STEP1 知ることで自分を安心させる
『マニュアルを徹底的に覚える!』

雑貨屋のバイトでは、商品を覚えるところからスタート!バイトの行き帰りの時間を使って、商品の名前や特徴を暗記しました。商品知識やマニュアルを一通り覚えると、実際の接客でもスムーズに受け答えできるように。

STEP2 仲間のことを知る
『バイト仲間には、芸能人ネタなど自分から話題を』

話しかけられるのを待つだけでなく、自分から積極的に話題を振るよう心がけました。好きな芸能人や、趣味、勉強してることなど、仲間について知っていることが増えると、会話も弾んで仲良くなれますよ。

STEP3 マニュアル外の対応も確認して吸収
『わからないことは、すぐに確認する!』

慣れてきたと思っても、マニュアルにない質問には、分かったフリはせず、すぐ店長に確認していました。店を離れたお客さんが「質問に丁寧に答えてくれたので…」と戻ってきて、商品を購入してくれたときは、真摯な姿勢が大事なのだと実感!

頑張る姿を見せれば先輩やバイト仲間もフォローしてくれる

誰だって新しいバイト先では緊張するし、慣れるまでには時間がかかるもの。積極的に仕事を覚える姿勢や、バイト仲間のことも知ろうという気持ちが見えれば、周りのスタッフもフォローしてくれるはず。先輩の体験談も参考にして、あなたに合ったバイトライフを楽しんでくださいね!

 
イラスト/うのき
※本記事は2017/11/20発行のタウンワークの中面記事をもとに再構成しています。