スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年08月17日

「夏のリゾートバイト」のトホホ体験談

「夏のリゾートバイト」のトホホ体験談
仕事中はしっかり働き、休憩時間や休みの日はそこで遊ぶ。そんな生活ができるのが夏のリゾートバイトの魅力。楽しいことがある一方、ツラかったこともあるようで…。

夏だから、とにかく暑い

・「暑さと眠さに耐えるのが辛かった」(22歳/男性)
・「日焼け止めを塗っても日焼けする」(22歳/女性)
・「野外の仕事はとにかく暑い」(24歳/男性)

夏のリゾートバイトでよくある屋外の仕事。海の家では「呼び込み」「配膳」「接客」「会計」など、多くのことを屋外でするから、熱中症対策はかなり重要。

観光客が多いリゾート地では夜まで大忙し

・「なかなか休憩が取れない」(24歳/女性)
・「朝から夜まで休憩があまりなかった」(24歳/女性)
・「帰りが夜遅くなる」(25歳/女性)
・「花火大会のときは、朝から夜まで仕事」(23歳/男性)
・「連続勤務で辛かった」(22歳/女性)

短期アルバイトだからガッツリ稼げる。でも、リゾート地だから観光客も多く、休みもなかなか取れなかったり「朝も早くて大変だ」という人もいたようだ。

遅刻をしないように、時間に余裕をもって家を出ないと…

・「勤務先に行くまで時間がかかった」(25歳/女性)
・「リゾート地なので、道が渋滞して通勤が大変だった」(24歳/女性)

勤務地がリゾート地なので、時には道路が渋滞することもある。遅刻しないように通勤するのがひと苦労だとか。夏のリゾートバイトならではのお悩み。

とにかくいろんな人が来るから、接客も大変

・「お客さんに怒鳴られた」(24歳/女性)
・「カップルに笑われた」(24歳/女性)
・「若い人が多く、ナンパしてきた人も」(25歳/女性)
・「接客をしていても、別の人が話しかけてくる」(25歳/女性)

いろんな人が来るリゾート地。そのお客さんの対応に苦労した人もいるようだが、結果、「適度に話を流せる技術が身についた」と自分の身になった人もいるよう。

他には、こんな苦労も…

・「草刈りでジンマシンが…」(25歳/男性)
・「1日でメニューを覚えてほしいと言われた」(24歳/女性)
・「部屋もお風呂もすべて共同で、1人の時間が無かった」(22歳/女性)
・「夏休みを遠くで過ごしたので、地元の友達に会えなかった」(22歳/女性)
・「外で仕事をしていて、蚊にいっぱい刺された」(25歳/女性)
・「プールの売店でのバイトだから、雨の日になると働けなかった」(23歳/女性)
・「失敗したことで、接客に向いてないと言われた」(24歳/女性)

住み込みバイトの場合は、集団生活が基本。部屋が共同になることも少なくない。コミュニケーションをとるのが苦手な学生には厳しいかも…。

いかがだったろうか。苦労することもあるとはいえ、メリットももちろんある。「履歴書に書くネタになった」「海水浴が楽しめた」「旅行気分で楽しかった」などなど。温泉に入り放題、地元の人たちとの交流が楽しくて勉強になる、といったメリットに惹かれて、住み込みバイトを選ぶ学生もいるとか。


※データ:大学卒業した22歳~25歳の社会人900人に調査(2014年3月27日~4月7日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング

※この記事は2014年6月12日にタウンワークマガジンに掲載されたものです。