スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年10月06日

清 亜美(清竜人25)インタビュー「自分を変えたくて、あえて苦手なものに挑戦」【 アイドルシゴト Vol.3】

清亜美(清竜人25)

「アイドルシゴト」は、アイドルの普段ステージ上やメディアから見えないシゴト観、やりがいなどについて明らかにしてゆくコーナーです。
今回は、シンガーソングライターの清 竜人率いる一夫多妻制アイドルグループ「清竜人25」より、第3夫人の亜美さんにお話をうかがいました。

「自分を変えたい」そんな気持ちで受けたオーディション

――アイドルになろうと思ったキッカケは?

もともとアイドルになりたいと思って探していたわけではなくて、たまたまTwitterにオーディション情報が流れてきて、興味があって調べてみたら清竜人さんのやっていることがすごくおもしろそうで好奇心がありました。
その時自分を変えたいっていう気持ちがすごく大きかったんです。チームワークとか歌とかって元々すごい苦手だったんですけど、これが自分のできるものになったら自信にもなるし、自分を変えられるんじゃないかなと思って、あえて一番苦手なものに挑戦してみるっていうのが大きかったです。

――アイドルとか芸能活動をやりたいと思っていたことは?

ないと思います。芸能人になってどうなりたいというよりは、楽しいことがやりたいっていうのが一番で、なんとなく人前にでるっていうことが向いていることなのかなと漠然と思っていたので、考えるよりは試してみるのが一番と思って覚悟を決めて飛び込みました。
ほんと大きな挑戦だったんですけど、挑戦してよかったなって今では思っています。
可能性が見えないものに挑戦するっていうのが自分の中では一番楽しいことだなって思っていたので、一番難しいことをやりたくて、そう言う意味で一番興味が引かれるものでした。

清亜美(清竜人25)

――辛いことにあえて挑戦するエネルギーはどこから?

たぶん劣等感とかマイナスな要素がすごいパワーになっている部分があって、そうゆう劣等感とかをどうにか変えて、自分も変えたいって言う気持ちです。
飛び込んでしまえばなんとかなると思っているし、辞められるものって結構逃げちゃったりもしちゃうんですけど、仕事になると簡単には辞められないから、辞められないもので挑戦していこうと思って。でもそれがすごくワクワクすることです。

――とてもストイックですね

ちっちゃい頃から何かを挑戦してうまくいったってことがなくて、勉強とかそうゆうのの積み重ねで。とにかく結果を残したら何か変えられるんじゃないかなって思ってました。
マイナスがエネルギーになる性格だと思うので、定期的にムカつくこととかがおきてくれるのも自分にとってはいいなって思うこともあります(笑)
もちろん良いこともすごい原動力ですけど。

ファンの応援がエネルギーになるし、裏切りたくない

――今の仕事のやりがいは?

やりがいばかりですね。アイドルの仕事って、歌手なら歌を極めるとかお笑い芸人ならおもしろさを極める、とかじゃなくて、何を求められているのかが漠然としているので、自分で何を極めていったらいいのかが難しいんですけど、だからこそいろんなことに挑戦してます。
あと、ファンの方とのコミュニケーションが大きいポジションを占めている仕事だなって思っていて、人からの応援が凄いエネルギーになるので、そういった機会がある仕事ができてよかったなって思います。

清亜美(清竜人25)

――ファンとコミュニケーションするのは好き?

そうですね、SNSとかでメッセージを頂いたりすることが多いんですけど、落ち込んでるときとかはそれをみて、応援してくれてる人を裏切れないなとか思ってます。そういった気持ちは今までの自分の性格からは足りていない部分だったので。人との関わり合いで人生観が代わるっていうか、すごく自分の身になったなって思っています。

――逆に辛いことは?

苦手なことへの挑戦だったので、今はないですけど、はじめは気持ち的にボロボロになることもありました。グループでも夫人の中では一番年上だったので、自然とまとめる立場になったりとかして、そういうことは苦手だったし、人前に出ることも緊張するし歌も得意ではないし、苦手なことばっかりで、でも美味しいな、これを乗り越えたら自分は絶対強くなるって思ってました。たぶんドエムなんだと思うんですよね。(笑)

――辛い時に自分を立ち直らせる方法は?

はじめはマイナスな気分になったときって、無理やり楽しいものを見たりしようとかはしていたんですけど、そうゆうのでもまったくだめなときはだめなので、だめなときは徹底的に落ち込んで、寝て自然回復を待つのが一番です。今は歩いたりとか居酒屋で知らない人と喋ったりとかそうゆうことをしている時間が多くて、趣味だったりとかストレス発散になっているので、良い切り替えを得たって感じで、あんまりマイナスにすらならなくなりました。

清亜美(清竜人25)

――居酒屋1000円の旅(※)は趣味?

そうですね、もともと歩いたり飲みに行くのが好きだったんですけど、ちょっとモヤっとした気持ちが溜まっちゃったりしたときに発散する方法がないかなと思っていたのと、それをうまく発信できないかなと思ったところで、ああゆうブログの形になりました。

――どんな感じでお店に行くんですか?

普通に入っていって、「オススメなんですかね」とか聞いたりしてます。おじちゃんがいるようなところにしか行かないので、全然向こうはこっちが誰かとかわかってないんですけど、「若い子がこうやって話してくれると嬉しいよ」みたいな(笑)

(※) 居酒屋1000円の旅:オフィシャルブログで亜美さんが書いている、浅草や阿佐ヶ谷などの下町感あふれる居酒屋にて、1,000円で飲みながら地元の人々と交流する体験記事

バイトで経験したことが清竜人25に入るキッカケにもなった

――今までのバイト経験は?

バイトはいろいろやったんですけど、だいたい続かなかったです。何がやりたいかとかわからなくて、とにかくちょっとでも興味があることは全部やってみようと思って、普通の居酒屋から一番変わったのではマジックのアシスタントっていうのをやりました。結構そうゆう面白いものまでやって、あんまマニュアルがあるものって向いてないなとか、コミュニケーション得意じゃないなってのも思ったんですけど、自分に向いているものがわかったり、清竜人25に入りたいなっていう興味につながるようなキッカケにもなったりしているので、いろいろ経験をしてみてよかったなって思います。

――バイトをやっている中での楽しさは?

やっぱりお客さんと話すとかですかね、常連の方とかは自分と話すのを楽しみに来てくれてる方とかいて、コミュニケーションとか誰かの喜びに繋がってるとかそうゆうことがすごく嬉しかったなって思います。

清亜美(清竜人25)

失敗も成功も次への自信になる。リスクを考えずに飛び込んじゃうことが大事

――やりたいことを見つけたい若者にアドバイスをお願いします

みんな漠然とした不安とかもあると思うんですけど、何かに挑戦するときって余計なことを考えちゃったりとか、あれが苦手だとか失敗するんじゃないかとか思っても、飛び込んじゃえばなんとかなると思うし、恥をかいてもそれがどうって事なんて全くないので、リスクなんて考えずに飛び込むことが大事だと思います。
私も過去の失敗の経験が今まで結構あって、挑戦するときにもそうゆう気持ちになって、どうせ自分なんて、って思ってたんですけど、そうゆう人こそ何かに挑戦して一つ形に残して自信をつけることが大事で、私もこうして話したり、メンバーや大事な仲間をつくって一緒にステージに上がったりとか、そう言う経験が確実に自信になっているので。何かに挑戦して自分の糧になるような体験を作るというのが大事だと思います。
あえて苦手なことをやるっていうのも辛いですけど、確実に何処かで大丈夫になるときが来ます。

――自分、成長したなって感じる瞬間は?

最初はインタビューとかでも自分のことを喋れなくて、たぶん自分に自信がなかったので、自分のことを喋るっていうのがすごくだめだったんです。それを人が聞いててどう思うのかなっていうのを無意識に考えてしまって、すごく苦手だったんですけど、今では人前でも喋れるようになりました。そういったささいなことでも成長を実感していて。大きいことじゃないですけど、人前に一人でいろいろ表現できるようになったことが成長だなと思います。

清亜美(清竜人25)

――今後の抱負をお願いします

グループとしてもいろんなことをやりたいですし、一つ一つのことを丁寧に、色んな人に清竜人25のことを知ってもらえるようにやっていきたいです。
あとはSNSとかを使って今まで通り自分の個も発信していけたらなって思います。いろんなことに挑戦したくて、自分の趣味を活かしたようなお酒のシゴトとか、自分の知らない世界を知ってるような大人の方と居酒屋で飲みながら対談とかしてみたいですね。お酒も好きなんですけど、居酒屋の雰囲気とか人とのおしゃべりが好きなので、そうゆうのを活かしたシゴトもできたらなと思います。
楽しいことを色々やれるように頑張って行きたいなと思います。

■清竜人25情報

リリース
6th Single  『My Girls♡』2016.11.9 Release
プレミアムBOX 限定生産盤
[CD+DVD]+[LIVE DVD]+豪華フォトブック
TFCC-89607 ¥6,000(+tax)
完全限定生産盤 [CD+DVD]
TFCC-89608 ¥1,500(+tax)
★封入特典 :ランダムプロマイド(全7種)

ライブ
清 竜人25 ライブツアー 2016 秋
11/8(火)【大阪公演】BIGCAT
11/9(水)【愛知公演】名古屋 ElectricLadyLand
11/12(土)【宮城公演】仙台darwin
11/20(日)【東京公演】Zepp Tokyo

『清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL』
1/14(土) 新木場Studio Coast
イベントWebサイト:http://www.kiyoshiryujin.com/25/hf_special.html

オフィシャルWebサイト:http://www.kiyoshiryujin.com/25/
オフィシャルYouTube:https://www.youtube.com/user/kiyoshiryujin25/

■Profile
清竜人25
シンガーソングライターの清 竜人が立ち上げた、清 竜人とその妻(清 咲乃、清 桃花、清 亜美、清 美咲、清 可恩、清 優華)6名で構成される一夫多妻制アイドルグループ。ファンク、ポップス、フュージョンなど多彩な音楽性を持った楽曲と、夫人たちとのイチャつくといった独特のステージングでライブに来たファンを魅了する、その実力と独創的なコンセプトによって注目されるグループ。

清 亜美 清竜人25 第三夫人
1990年11月7日生まれ さそり座 B型
オフィシャルブログ:http://6109.jp/kiyoshiryujin25/?cate=2999
Twitter:https://twitter.com/kiyoshi_ami

▼関連記事▼

清咲乃(清竜人25)清 咲乃(清竜人25)インタビュー 「笑顔を作るのが大変だったんです」【 アイドルシゴト Vol.1】

「アイドルシゴト」の第一回目は、清竜人25の第一夫人 咲乃さん。初めて接客を経験したお寿司屋さんでのバイトでは、最初は笑顔を作ったりするのが大変だったそう。

▼その他のインタビューはこちら▼
アイドル_4.2W.4

取材・文:SADD 撮影:八木虎造