スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年12月12日

【激レア 体験レポ】松本人志さんの番組制作現場に潜入!TV番組「松本家の休日」ロケバイト!

DSC05666
今回の激レアバイトは、松本人志さん出演「松本家の休日」のロケ現場で番組制作のアシスタントをするというもの。街ロケがどんなふうに作られるかを学べて、しかもあの松本人志さんと同行できるという、まさにタウンワークならではの激レアバイトだ!

最高の経験ができる夢の場!全身を使って学びます!

01_蟄ヲ縺イ繧吶∪縺兔DSC05696
TV番組「松本家の休日」はABC朝日放送で毎週木曜日の深夜に放送されている関西ローカル番組。「松本家」とは、“お母ちゃん”松本人志さん、“お父ちゃん”雨上がり決死隊の宮迫博之さん、“兄”たむらけんじさん、“妹”放送作家のさださんという一家。その松本家が関西の街にお出かけするという“街ブラ”バラエティーだ。

01_蟄ヲ縺イ繧吶∪縺兔DSC05594
今回そのロケを1日サポートするのは、ともに大学4年生の赤岩智宏さん(左)と狭間凜さん(右)。

赤岩さん「採用が決まった時は全く信じられない気持ちでした。とにかくロケのお邪魔にならないように気をつけながら、演者さんたちが気持ち良くお仕事できるよう、しっかりがんばりたいです!」

01_蟄ヲ縺イ繧吶∪縺兔DSC05614
狭間さん「テレビに関わる仕事につきたいという夢を諦めかけていた中、この激レアバイトの採用になり、もう、うれしくてうれしくて!昨晩はあまり眠れませんでした。今日は学生生活の最後に最高の経験ができる夢の場。全身を使って学べることは全て学ぼうと思っています!」

スタッフは全員スーツ着用?バイトもその一員だ!

DSC05649
最初のロケ現場は阪神競馬場。競馬場に来るのも初めてという2人。見る物すべてに興奮している間もなく、スタッフから今回の流れを説明される。

DSC05703
まず松本家が競馬をする。勝ったら豪華な食事ロケをしに北新地へ、負けたら近場の居酒屋へ。どちらに行くかは勝負の運次第とのこと。

「本当に成り行き任せのロケなのか」と驚く2人。

DSC05669
さて、そのロケスタッフ陣30名程は、ディレクターからアシスタントに至るまでが全員スーツを着用

DSC05674
いつもスーツなのか?という疑問が湧くがそうではなく、今回だけ特別に貴賓室を使用させてもらうため全員スーツで揃えたということである。

DSC05718
バイトの2人もあらかじめスーツ着用を言い渡されていた。これはすなわち今回、バイトの2人も正式に「松本家の休日」のスタッフの一員として迎えられているということに他ならない!

この事実に2人の顔は引き締まる。

ついにロケがスタート!一般席でのパニックを回避せよ!

03_繝ュ繧ア繧ケ繧ソ繝シ繝・DSC05720
「演者さん、入ります!」の声。ついに松本家の面々が撮影場所へその姿を現した。

03_繝ュ繧ア繧ケ繧ソ繝シ繝・DSC05701
しかし、バイトたちはその姿を拝むことなく即座に移動。最初のミッションは、次の撮影ポイントである場外一般席での場所取り役だ!

03_繝ュ繧ア繧ケ繧ソ繝シ繝・DSC05723
「すみません、これから撮影が入るのですが、場所を空けてもらってもいいですか?」数人のお客さんに移動してもらい、場所を確保。そしてそのエリアに人が入らないように立ち続けた。

しばらくするとオープニングを撮り終えた撮影スタッフがやって来て、2人が確保していた場所にスタンバイ。

03_繝ュ繧ア繧ケ繧ソ繝シ繝・DSC05728
そしてついに松本人志さんを先頭に演者さんたちがやって来た!初めて生で見る松本さんたち!バイトたちのテンションは一気に高まる!

03_繝ュ繧ア繧ケ繧ソ繝シ繝・DSC05731
興奮したのはバイトたちだけではない。一般客も驚きの歓声を上げる。

さあ、バイトの次のミッションは、その一般のお客さんたちの誘導・警備だ。演者さんたちを撮ろうとする人たちを優しく制止するなど、無事に任務を遂行。混乱することなく無事ロケは終了。

03_繝ュ繧ア繧ケ繧ソ繝シ繝・DSC05766
その後は貴賓室に移動。「松本家」の爆笑に次ぐ爆笑の撮影を見学した後、次の現場へ。2人は急いでロケバスに乗り込んだ。

松本さんと同じチームの一員として働いた これぞ一生の宝!

04_荳€逕溘・螳拿DSC05798
次の現場は隣駅のやや奥まった地域にある、こじんまりした立ち飲み屋。

04_荳€逕溘・螳拿DSC05771
2人のミッションは周辺がパニックにならないようスムーズに人を誘導する役。お店から漏れ聞こえる笑い声や松本さん、たむけんさんたちの声を聞きながら、夕闇迫る寒空の下、店の外に立ち尽くした。

そしてついに「お疲れさまでしたー!」というスタッフさんの声。

何の混乱もなく、無事にロケは終了した。無事に任務を果たした2人。暖かい場所に移動し、今回の感想を聞いた。

04_荳€逕溘・螳拿DSC05779
赤岩さん「すごく貴重な経験をさせてもらいました!松本さんたちを生で見た瞬間はやはり興奮しました!僕の誘導や警備の仕事が微力ながらもお役に立てたのかなと思うととてもうれしいです。そして何より現場でのスタッフさんの機敏さや厳しさを肌で感じとれました。松本さんも含めたこのチームの一員として自分が働いたという事実は一生の宝です!」

狭間さん「TV業界のバイトという、学生時代にやり残したことのひとつが叶って心から満足しています。初めて体験した街ブラロケは1分1秒を争う場面もありスリル満点でした。これがどう編集されるのか楽しみです。早く放送を見たいです!もちろん録画もします!そしてロケのスタッフさんから学んだのはチームワークが何よりも大切だということ。チームで仕事するって素敵だなと思いました。来春からの就職先でもそれを肝に銘じ、がんばります!」

04_荳€逕溘・螳拿DSC05789
松本人志さんと同じチームの一員として働いた1日は正真正銘、激レア体験だ。そしてそこから学び取ったことを糧と誇りにし、バイトたちは春からの就職先で必ずや輝くことだろう。

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼

いつでもバナー