スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年03月31日

好き・時給の良さ・仲間|大学生の「自分に合ったバイト選び」

いよいよ新生活が始まり、アルバイトを始めたいと思っている新入生のみなさん、どんなことをしようか、どう選べばいいか迷っていませんか? 先輩たちに、それぞれのアルバイトの選び方を聞いてみました。

“好きな仕事”で選ぶ

大学2年 澤田健一さん /バイト:ファミレスホールスタッフ

大学2年 澤田健一さん/バイト:ファミレスホールスタッフ


■お客さまの『ありがとう』の声が仕事の醍醐味
高校時代の飲食店でのバイト経験から、接客の仕事が好きになり、大学でもファミレスのホールスタッフを選びました。このバイトの醍醐味は、お客さまからのリアクションですね。混雑時、並んでいるお客さまをスムーズにご案内したときや、料理を運んでいったときにいただける「ありがとう」の一言がうれしいんです。また、いろいろなお客さまがいるので、臨機応変に対応できるようになるし、やっぱりコミュニケーションスキルが格段にアップしたと思います。最近は後輩もできたので、仕事を教えることの難しさを実感でき、充実しています。

“時給のよさ”で選ぶ

大学2年 古賀雄大さん/バイト:古書店スタッフ

大学2年 古賀雄大さん/バイト:古書店スタッフ


■昇給も仕事を覚えるモチベーションに
ダブルスクールするためのお金を貯めていたので、時給の高いアルバイトを探していました。そんな時、ちょうど条件に合う古書店の求人を発見。レジと加工(本の買取価格設定や清掃)を担当しています。本に値段をつける仕事は、価値や状態を見極める、目利きのような感覚が養われて面白いです。さらに魅力的だったのは昇給制度があること。頑張りが評価されると、仕事を覚えるのが楽しくなります! 実際、入社2カ月半で昇給試験に合格して、時給がアップしました。次の試験も頑張って、一日でも早く目標金額を達成したいですね!

“仲間がいる”で選ぶ

大学2年 山本千弘さん /バイト:しゃぶしゃぶ店ホール

大学2年 山本千弘さん/バイト:しゃぶしゃぶ店ホール


■一緒に働きたかった仲間と食べるまかないは最高
私の場合、年の近い仲間がいるかどうかが重要でした。求人票に楽しそうにしている同世代のスタッフたちの写真が載っていて、この人たちと働きたいと思ったんです。入ってみると、想像通り和気あいあいとした職場で、私もすぐに打ち解けられました。ホールのバイトなので、スタッフだけでなく、お客さまからフレンドリーにあだ名で呼んでもらえることもあるんです。いろんなお客さまを接客して、1日バイトを頑張ったあと、スタッフみんなでワイワイ食べるまかないは最高!バイトを通して仲間と出会えて本当によかった!

<みんなのコラムデータ>

授業やサークルとバランスを取りながら、週2~3回バイトをしている人が過半数。シフトの融通がきくバイトを選ぶのも、長続きの秘訣かも。※アンケート実施期間:2014年2月20日〜21日。対象:バイトをしている大学生、短大生、専門学校生500人

授業やサークルとバランスを取りながら、週2~3回バイトをしている人が過半数。シフトの融通がきくバイトを選ぶのも、長続きの秘訣かも。

※アンケート実施期間:2014年2月20日〜21日。対象:バイトをしている大学生、短大生、専門学校生500人

※制作/アルタイル