スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年02月06日

バレンタインの短期バイト、仕事内容は? 高校生可? 稼げる? 体験談など気になる実態をご紹介

korobula160100004
もうすぐバレンタインデー。この時期、短期アルバイトを募集するところも多いですが、実際、バレンタイン関連の短期バイトってどんな仕事があるの? 仕事内容は? 稼げる? 高校生も可? などなど疑問は少なくありません。

そこで、バレンタインの短期バイトについて気になるところをまとめてみました。さらに経験者の体験談も紹介します。

メリット・デメリットは?

大好きなチョコレートに携われる仕事とあって、人気のバレンタインバイト。働いて良かったこと、悪かったことなどあるでしょうが、具体的なメリット・デメリットは?

・メリット
チョコが試食できたり割引で買えることがある
大学生は春休み期間中なので働きやすい
イベント事なので楽しい印象がある
忙しいから時間が経つのが早い

・デメリット
忙しくて疲れる
何時間も立ちっぱなしで働く場合がある
屋外での販売は寒い
研修が長いケースがある
制服や髪型などルールが厳しい

主なメリットはスタッフだからこそ得られる特典があるほか、時期的に働きやすいことも挙げられます。また“楽しい”など気分的に前向きに働ける点も大きいかもしれません。一方で“疲れる”、“寒い”などのデメリットもありますが、これらはバレンタインの短期バイトでなくても感じることともいえます。

職種・仕事内容は?

バレンタイン 短期バイト 職種 仕事内容 日給
過去バレンタインの短期バイトをした経験のある大学・短大・大学院生を対象にとったアンケート結果(2016年/上の表)を見ると、デパートでのチョコレートの販売が多いようです。また、デパートやスーパー、専門店などチョコレートを取り扱っている店舗での販売も少なくありません。販売以外では、工場での製造やレストランでのホールスタッフのバイトもあります。

いくらくらい稼げる?

同じアンケートでバレンタインの短期バイトの勤務日数やお金事情を聞いたところ、皆の働いた日数は平均9日。イベント時のアルバイトということで、1〜2週間の短期勤務が多いようです。気になる時給は平均で1003円。1日あたりの収入は5,000円以上~7,500円未満の人が多く、平均値は7,003円でした。また、トータルで稼いだ額は平均68,036円。ただ、10万円以上と答えた人も約20%おり、短期間でしっかり稼げるバイトのようです。

【体験談】
バレンタインの短期バイト経験者の声

やってよかったと思うことは?
・自分用のチョコレートが割引価格で買えたこと!(デパートでの販売)
・チョコレートの香りに包まれて仕事ができたのと、試食もできたからラッキー!(デパートでの販売)
・バレンタインのときにしか見られないチョコがあったり、包装するのが楽しかった。(スーパーでの販売)
・たくさんの種類があるので、一番早くに人気の商品を購入することができる。(スーパーでの販売)
・仕事がたくさんあってヒマにならなかったこと。チョコレートの香りに包まれて仕事ができるのもよかった。(専門店での販売)
・余ったチョコレートを貰えたり、作る際に余った切れ端などを食べることができたのは専門店ならではかも。(専門店での販売)
・バレンタイン時期のメニューが可愛く試食もできて楽しかった。(レストラン・飲食店での接客)

辛かったことは?
・2月14日は丸1日出勤だったので、自分の好きな人にチョコレートがあげられなかった。(デパートでの販売)
・短期バイトのため商品知識が足りず、味を知らないまま売ることに抵抗があった。(デパートでの販売)
・売り切れ商品にもかかわらず、まだないの?何処に行けば買える?などの範囲外の質問があり対応に困った。(スーパーでの販売)
・甘いニオイが予想以上に強くて、気持ちが悪くなってしまった。(スーパーでの販売)
・外で呼びかけをしたり売っていたので寒くて大変だった。(専門店での販売)
・ケーキも売っていたので、チョコレートにケーキにと包装・販売が大変だった。(専門店での販売)
・とにかく量が多くて、時間に追われて大変だった。(スイーツ工場での梱包)
・チョコに詳しくなった反面、当分チョコを見たくなくなった(笑)。(スイーツ工場での梱包)

印象に残っていることは?
・お客さんが鬼のような形相で売り場をまわっていて、まるで戦場のようだった…。(デパートでの販売)
・「並んでいる」「並んでいない」など混雑時にお客さんのケンカの仲裁に入って、デパートの役員の方に褒めていただいたことが印象に残っています。(デパートでの販売)
・有名パティシエのチョコを食べることができて嬉しかった。(スーパーでの販売)
・他の催事店舗のスタッフさんと仲良くなり友達が増えた!(スーパーでの販売)
・イチゴひとつにしても切り方などにすごくこだわっていて驚いた。(専門店での販売)
・自分が箱につめていたチョコレートが商品となってお客様に渡ったことが不思議。そしてチョコよりも箱のほうが原価が高いことを知り、驚きました。(専門店での販売)
・忙しかったけど、いつもとは違う雰囲気の中で仕事ができて楽しかった。(レストラン・飲食店での接客)

募集期間はいつごろ?

バレンタインの短期バイトの募集が本格的に増えるのは1月上旬から中旬。研修などをじっくり行なうところだと、12月前後かさらに前に募集することもあるようです。

応募方法は? 派遣に登録すると有利?

バレンタインの短期バイトをする方法は主に2つあります。タウンワークなどの求人サイトで「販売職」などの募集を探す方法が一つ、または派遣会社に登録して「販売職」のバイトを紹介してもらう方法があります。派遣の場合、販売職の短期バイトを多く扱っている派遣会社を選んだり、販売職でバイトした経験があると短期バイトに採用されやすくなります。

高校生でもOK?

時期やタイミング、エリアにもよりますが、販売職、製造など、高校生可の募集も探すことができます。

まとめ

毎年人気のバレンタインの短期バイト。2月に入ると募集は少なくなりますが、まだ探すことは可能です。1シーズンがっつり稼ぎたい人は、年末くらいから募集をマメにチェックするといいでしょう。