スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年09月28日

お仕事を探すママたち必見!不安&ギモンに先輩ママが答えます♪

いざ仕事探しとなると、時間の使い方や、家庭との両立、仕事のブランクなど、気になることは山積み。
子どもの年齢や家庭の環境などを考えたときに、自分にどれが合うのか分からずに困っているママも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、アルバイト&パートとして働く先輩ママに取材! 彼女たちの経験談を参考に、自分に合った働き方を探してみましょう!
TW_04_web_1509_ab01
平日の5日間、オープンから16時まで、カフェのホールスタッフとして接客やドリンク作りなどをしています。出産前はワインバーや懐石料理店などに勤めていたこともあり、「働くなら飲食店」と考えカフェを選択。最初はママがたくさんいる親子カフェも検討しましたが、せっかくなので若者の街にあるお店にチャレンジしてみることにしました。

Q:ママであることは仕事に不利にならない?
A:「ママ」ならではの強みが必ず見つかります!

お店に子ども連れのお客さまが来たときには、「おしぼりは多めに持っていこう」、「ベビーカーはたたみたいかな、それとも椅子を外してそのまま入れたいかな」など、ママ目線の気遣いができることが私の強みになりました。何かしてあげたいと思っても、どうしたら良いかわからないスタッフが多いので、そういう中で私自分の経験が生きていると実感しますね。

Q:同僚にママが少ないと働きづらいのでは?
A:「ママ」であることも1つの個性です!

今の店のスタッフは、10代~20代前半の人が大半。みんな学校に通っていたり別の仕事を持っていたりするので、私がママであることもそういった事情と同じように捉えてくれています。
「何かあったときはお互いさま」と言ってくれるのが嬉しいですね。また、ママ同士だと子育てに対する考え方が異なることもあるので、会話の内容に気を遣うこともあるのですが、それがないので逆に心地良い関係が築けています。

TW_04_web_1509_ab02
▶私は娘が1歳の時から働いています。「まだ小さいのに」と言われたりもしましたが、保育園でいろいろな人と触れ合うことで、娘にコミュニケーション力がついたと思います。
働いているとどうしても休みを取らなければならないときもありますが、アルバイトでも所定の勤続年数を超えていれば有給や産休・育休を取得することができるので、チェックしてみるのもおすすめですよ。

TW_04_web_1509_pt01
平日の昼間は引っ越し会社で短時間の事務、夜は週のうち何日か、スーパーで働いています。事務の仕事は2~3人体制なので、互いの裁量や都合に合わせて進めることができるし、スーパーは家の目の前にあるので通勤が楽。パートなので時間の区切りがつけやすいということもあり、かけもちでも続けられています。「たくさん働きたいけれど融通もきかせたい」という希望が叶えられていると思います。

Q:ブランクが長くて不安。経験のない仕事でも大丈夫?
A:諦める前にやってみることが大切!

私は出産前に全く別の仕事をしていたので、現職では初めてのことだらけ。経費計算をしないといけないし、電話対応もしないといけないし……慣れるまでは正直大変でした。でも、教えてもらいながら少しずつ覚え、気づけば記憶力が良くなっているという嬉しいおまけまで。誰でも最初はできないもの!考え過ぎずに、まずはチャレンジしてみて!

Q:家庭での時間が減る分、子どもへの影響は?
A:逆に、一緒にいる時間が密になりました!

夜や土日勤務のときは寂しがることもありましたが、今は家に帰ると「聞いて聞いて!」とやってきて、その日にあったことなどを進んで話してくれます。娘たちも、一緒にいられる時間に限りがあるからこそ大切にしよう、と自然と思っているみたい。また、簡単な料理や長時間の留守番ができるようになるなど、成長にもつながっているようです。

TW_04_web_1509_pt02
▶求人情報はたくさん出ているので、その中から本当に自分に合ったものを見つけるのに迷ってしまいがち。私の場合は、募集要項に載っていた「ママや主婦がたくさん」というコメントに惹かれて応募しました。思い通りにはいかないことが多いママ同士だからこそ、自然と助け合う関係が生まれ、働きやすいですよ。

(取材の情報は、2015年9月現在のものです)

▼働いている先輩ママたちを取材したホンネ取材記事はこちら
vol.1ブランクを経てからの復帰は?
vol.2家事・育児・仕事のバランスは?
vol.3子どもが心配。どうしてる?


※企画/ヴェリー・エディイロ