スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月01日

【脱おばさん】ファッション難民のアラフォーママにお届けしたい“ダサくならないコーデ&コツ”2017春

イラスト:いわたまい

風はまだまだ冷たいものの、陽射しは暖かくなり、気分は春! でも、パステルカラーなどの春色って、着てはみたもののビミョーになることが多いですよね(ため息)。そこで、アパレル業界を約20年経験し、Twitterでアラフォーママ向けに「脱おばさん・ダサくならないコツ」を発信している大人気アカウント「ミリヤママ」さんに、2017年の春コーデのコツを聞いてきました!

コーデ1:この春のバランスは“重めボトム+短めトップス”

「春も引き続き、太めパンツの人気が継続しそうです。スカートも、長めで分量たっぷりの重めバランスが人気。それに合わせてトップスも短め丈が主流で、シルエットとしては秋冬とそんなに大きく変化はなさそうです。なので、秋冬に活躍した手持ちアイテムを、少しずつ春素材・春色にチェンジすると良いと思います」とミリヤママさん。

また、寒いからといって、いつまでも冬モノを着ていると、余計に老けて見えてしまうそう。

「陽射しが春めいてきたのに、重たい色の冬物を着ていると、老けて見えてしまうんです。ニットでも、明るい春色のものにしてみたり、冬のコートを着ていても、中は春物にするなど、少しずつでも春を取り入れてみてください」

とはいえ、朝晩はまだまだ寒い。そんなときはどうすればいいのでしょうか?

「首の後ろを温めるのが手っ取り早いので、シンプルな厚手のストールを持ち歩いて、寒かったらさっと巻けるようにしておくと便利です。首元にコンパクトにぐるぐる巻くか、コートの前を開けて垂らしてあげるとすっきりしますよ」

なるほど、ストールは首元も華やかになるし、寒さ対策にもなる。コレは大人の賢い対策といえそうですね。

コーデ2:春色を取り入れる“ワイドパンツ+ロングカーディガン”

では、この春に改めて購入するならコレ!というアイテムはありますか?

「今年はワイドパンツが大流行の兆し! 寒がりさんでもこれなら足首を出さずにオシャレに履けますし、お仕事着としても使いやすいアイテムですので、ぜひ取り入れてみてほしいです。小柄さんはワイドパンツに苦手意識がある方が多いですが、今年は足の甲に当たらないくらい短めのワイドパンツが多いので、小柄さんの方が実は選びやすいと思います」と話します。

また、この春の推しカラーを聞いてみたところ、濃いめのカラーアイテムを教えてくれました。

「長らくシンプルカラーでまとめるのが主流だったので、その反動でカラフルな色を取り入れたくなる人が増えそうです。カラー物は、カーディガンなどニットで取り入れるのが良いですよ。上品な印象を演出しやすいし、合わせるアイテムや色によって変化がつけやすいので、飽きにくいと思います」

カラーアイテムは、カットソーだとカジュアル過ぎ、シャツだと奇抜に見えるからだとか。たしかにニットやカーディガンなら、カラー物でもあわせやすそうだし、コーデの幅も広がりそう。

ただ、淡い春色の場合、肌色によってはくすんで見えたり、青白く見えたりするそう。

「パステルカラーが苦手、という方はこれが原因です。そういう方は、派手かな?と思うくらい、ちょっと濃い色を選んだ方が、メリハリが出て似合いやすい事も。もし淡い春色を買ってみて似合わないと思ったら、白やネイビーと合わせてみてください。きっとキリッとまとまりますよ!」

なるほど、淡い春色は、まずは白やネイビーとあわせてみる。これでぐっとおばさん感を薄めることができそうです。

コーデ3:きちんと感の“白ブラウス+ワイドパンツ”

春は、パートのお仕事でも、子どもの行事などでも、「出会い」が増える季節です。ちょっときちんと感のある服で行きたいけれど、かっちりマダム感が出てしまうのは避けたいところ。

「お仕事着で買い足すなら、しつこいようですが白ブラウス! 秋冬はニットインナーにもなるシャツ襟のものをお勧めしましたが、これからの時期はメインにしやすい、クルーネックのフワッとしたブラウスを買い足すと便利です。

ブラウスのインナーを長袖にしたりタンクトップにしたり、カーディガンを羽織ることで気温の変化にも合わせやすいです。春はいつもよりきちんと感のあるファッションが求められるシーンが多いですが、白ブラウスさえ着ておけば対応しやすいと思います。真っ白が苦手な方は、白ベースのストライプがオススメ。ストライプは柄の中でも一番きちんと感が出ますよ」

確かに白って、肌をキレイに見せる効果があって、アラフォー世代にはうれしいアイテムかも。白×ワイドパンツで、ちょっときれい目ママを演出できたら、うれしいですね。ちょっと近づき難い印象のある「マダム感」を消すには、「抜け感」が大事だとか。

「手首や足首を出す、カーディガンをロングにする、パンプスをフラットな物にする、カジュアルなネックレスを合わせてみる…など、あえてどこかユルいポイントを作ると、ほどよい抜け感が出てきます」

ファッションは“ボトム”、メイクは“眉”で流行をキャッチ

ファッションのほかにも、ミリヤママさんが気をつけてほしい、と考えているのがヘアメイクだそう。

「初対面の時にファッション以上に印象を大きく左右するのが、ヘアメイクです。ファッションの時代感はボトムに出ますが、メイクは眉にでます。アラフォーでもいまだに細眉の方もいますし、髪の色は染めているのに眉毛の色はそのまま、という方がとても多い。

今のトレンドは、いまのトレンドは、太め眉。そしてあまり角度はつけないこと! コスメコーナーなどで、数百円で整えてくれる所もあるので、ぜひ一度アドバイスを受けてみてください。時間がない方には眉マスカラがオススメです。春は花粉症シーズンでもあるので、マスクをする方も多いと思いますが、その分、眉を含めたアイメイクをきちんとしていないと、不健康な印象になってしまうんです。

髪の毛も、襟のある服を着るならまとめた方がきちんと感もでますし、お洋服も“高見え”するもの。ロングヘアの人なら、ひとつくらいはまとめ髪アレンジを覚えておきたいですね」

なるほど、ヘアメイクをきちんとしているだけで、また1つ「おばさん臭く」なくなるんですね。特に眉のアップデートは怠らないようにしたいと思います!

最後にミリヤママさんからもうひとつアドバイスが。

「気になるのは、服のテイストと合わないバッグを持っている人が多いこと。小物ひとつで、印象は大きく変わります。たとえば、スキニーデニムをムートンブーツにインとカジュアルな格好なのにバッグはエナメルのボストンバッグだと、どうしてもチグハグ感が出てしまいます。

一度、バッグを持っている姿を鏡でチェックしてみてください! 最近では、2way 3wayと、持ち方が変えられるバッグも増えてますし、持ち方を変えることでもテイストが調整できると思います」

確かに、大容量とか頑丈さを重視しすぎて、カバンは二の次だったかも‥。持ち方が変えられるバッグ、探してみます!

まとめ

いかがでしたか?
春めいてくるとウキウキするものの、冬服からどうシフトしていくかは悩ましいところ。それでもニットや太めのボトムスを買えば、きっと気分もあがるはず。髪型やメイクもアップデートして、春のおしゃれを楽しんじゃいましょう。

“脱おばさん”の記事一覧はコチラ

取材協力:
ミリヤママ(@mlcl_holik
※アカウントは現在非公開。フォロー希望の場合は、DMで申請が必要です。

取材・文:嘉屋恭子/イラスト:いわたまい

“脱おばさん”の記事一覧はコチラ