スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年03月24日

「法定労働時間(ほうていろうどうじかん)」とは?

労働基準法で定められている労働時間。「1日8時間・1週40時間まで」(労働基準法第32条)と定められています(勤務先との間で決めた労働時間は、所定労働時間と言います)。

法定労働時間を超えた残業に対しては、割増賃金(時間外手当/残業手当)の支払い義務が発生します。法内残業(法定労働時間内の残業)に対して割り増した残業単価を適用するかは、会社の任意となっています。

従業員が9人以下の商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業では、特例措置として週44時間までが法定労働時間として認められています。