スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月01日

バイトの履歴書:「学歴・職歴」の書き方【学生編】

バイト面接の時に書く履歴書。今回は、高校生や大学生など学生向けの「学歴・職歴」の基本の書き方を紹介します。

「学歴・職歴欄」の書き方、学生の場合

年号は、元号(平成など)でも西暦でもOKですが、履歴書内ではどちらかに統一するようにしましょう。
■学歴の基本の書き方
・1行目の中央に「学歴」と記入する
・小学校卒業から順に書く(小・中学校は卒業年月のみでOK)
・高校以降は入学・卒業年月を記入
・学校名は正式な校名で記入する
例えば、「高校→高等学校」などと書く。また、「公立・私立」がわかるように記入する。
・「同校卒業」や「〃」の記号を使わない。「正式校名 卒業」などとする。
・大学、 短期大学、専門学校、高校 は、学部、学科、専攻名まで書く。在学中の場合は、その旨も記入する。
■職歴の基本の書き方
・職歴は、学歴とは1行空けて、中央に「職歴」と記入。
・開始・退職年月ともに書くのが一般的。特に職歴がない場合は、中央に「なし」と書く。
・最後に「以上」と右端に寄せて書いておく。

【アルバイト経験がない場合】
バイト経験ナシ

【アルバイト経験がある場合】
職歴がバイト経験アリ
登録制のアルバイトの場合は、登録会社名を記入し、その下に主に経験した仕事内容をまとめて書くのもOKです。
バイト経験複数あり

転校、転入、休学、浪人などの場合はどう書く?

次に、転校などの事情で書き方を迷うケースについてご紹介します。

【転校や転入の場合】
主に高校生やその次の学校で転校や、専攻を変えた場合は、その旨を記入すると良いでしょう。
転校転入の場合の書き方
【浪人や留年の場合】
浪人や留年の場合は、特に明示的にそれを記入する必要はありません。卒業や入学の年月をそのまま履歴書に書きましょう。
浪人留年の場合
【休学の場合】
途中で休学をした場合は、その旨を記載します。ケガや病気療養などの事情があるケースも多いと思いますので、現在はアルバイトをすることに支障がないことを履歴書に書くか、面接の際に説明できるようにすると良いでしょう。
休学
【中途退学の場合】
途中で退学した場合も、その旨を記載します。「正式校名 中途退学」と書きます。こちらも退学理由や、現在のアルバイトに問題が無いことが面接で聞かれた際に答えられるようにしておくと良いです。
退学の場合の書き方