スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年05月20日

どうしたら女子にもてますか?│【精神科医・名越先生のカウンセリングルーム】

どうしたら女子にもてますか?

テレビでおなじみの精神科医・名越康文(@nakoshiyasufumi)が心の悩みにズバッと答える! この記事は公式メルマガ「生きるための対話」よりお届けします。

お悩み:どうしたら女子にもてますか?

21歳、フリーター男子です。自分で言うのもなんですが、顔もスタイルも中の上くらいはいっていると思うし、洋服のセンスもごく普通だと思っています。周囲との会話で、彼女がいないと言うと、とても驚かれます。が、とにかくモテません……。
これまで高校時代に一人だけ彼女がいましたが、半年くらい付き合って別れました。理由はケンカしてそのままだったような……。
モテるためには何をすればよいのでしょうか?まずは外見から?それとも女子の心を知るところからでしょうか?
名越先生、アドバイスお願いします。

「モテ」には大きく分けて「人気」と「評判」の二種類がある

「モテる」と一言でいっても、いろんなレベルがありますよね。若い人はしばしば、ほぼ反射的に(無条件に)短期的な「人気」=「モテ」と考える節がありますが、このご質問では「短絡的モテ」とその後の「継続的なモテ」が重なりあっているような内容になっているという気がいたします。

出会いの力だけではなく、できるだけ継続的で、幸福な異性との関係を作る力。それが「モテる」ということなのだとすれば、ポイントは「人気」よりも「評判」ということになるでしょう。

「人気」というのは、その時々での評価です。「ウケる」か「ウケない」か、ということですね。だいたい、若い人は「モテる」というのは「人気」を上げることだと勘違いしがちです。

でも、実際には短期的な「モテ」だけではあまり恋愛には発展しづらい。特に女性というのは、その人の「人気」を見ているようでいて、案外、「この人は信用できるか」ということを瞬間的に見ている。その人の気質、好み、ずるさ、知性といったものを、男性よりも直感的に見抜いているわけです。

そして、そういう評価というのは、数か月、数年単位で、会社や学校といった集団の中で積み重なっていきます。そうやって積み重なっていくことによって出来上がるのが「評判」です。

もちろん、実際におつきあいをするかどうか、ということには他にもさまざまな要素が絡み合いますが、長い目で見たとき、恋愛関係がうまくいく人というのは、概ね所属する集団での「評判」が良い人なのです。

ですから、男性であるあなたが本当の意味で「モテたい」と思うなら、結局のところ「人気」ではなく、長期的な「評判」を上げていったほうが良い、ということになります。

長期的な「評判」を上げるには、自分との対話が有効

では、どうすれば評判を上げることができるのか。そのための第一歩は「自分自身と対話をする」習慣を作る、ということです。といっても、山ごもりをしろ、などというつもりはありません。「対話をする」というと難しい話だと感じるかもしれませんが、要するに日常生活の中で、自分の状態をきちんとモニタリングする、ということです。

例えば相手と話しているとき、ちょっと先走っていないか、緊張していないか、ゆとりはあるか、落ち着いているか……そういうことをモニタリングする習慣をつけてください。これをやっていると、段々と目の前の相手とのコミュニケーションが良くなってきます。余計な一言を言ったり、きつい言葉で相手を傷つける、ということが減ってくるのです。

今の世の中、意外に「きちんと話せる相手」というのは少ないもので、その部分をクリアしておくだけでも、あなたの「評判」は上がります。遠回りなように感じるかもしれませんが、あなたが本当の意味で「モテる」ためには、これが最短距離だと僕は考えます。

企画:プレタポルテby夜間飛行

<関連書籍情報>
『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』名越康文 著/1500円+税

驚く力書影 - コピー毎日が退屈で、何をやってもワクワクしない。テレビを見ても、友達と話していても、どこかさびしさがぬぐえない。自分の人生はどうせこんなものなのだろう――。そんなさえない毎日を送るあなたに足りないのは「驚く力」。
現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学!  amazonで購入する

精神科医・名越康文名越康文(なこしやすふみ)
1960年、奈良県生まれ。精神科医。臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。著書に『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。