スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年03月10日

あのGoogleも?メンタルケアだけじゃない、集中力もアップする「瞑想」のススメ

main
「瞑想」というと、宗教的なもののようなイメージがありますが、実は普段の生活に取り入れると、ストレス軽減や集中力アップにとても有効なのだとか。最近ではGoogleやTwitterといった世界的企業でも実践されていて、注目が集まっています。そこで、自宅や学校、バイト先でも手軽にできる瞑想方法を、米国チョプラセンター認定 瞑想ティーチャーである渡邊愛子先生に聞いてみました。

ストレス軽減、集中力アップのほかにも、さまざまな効果が

渡邊先生によると、瞑想にはストレスの軽減や集中力アップ、平常心を保てるなどさまざまな効果が期待できるそうですが、それだけでなく、自己実現や願望実現にも、ものすごく効果があるとのこと。若い時期から生活に瞑想を取り入れることにより、漠然とした不安から解放されたり、直観力がアップして迷いがなくなるので、効率よく行動できるようになるのだそうです。感性を日々研ぎ澄ますためにも、ぜひ取り入れてみたいですね。

初心者でも1分でできる瞑想「感謝の想起」

今回渡邊先生に教えていただいたのは、1分でできる「感謝の想起」という瞑想のメソッド。では、早速紹介します。

①頭を起こしていすに腰掛けます。手は楽な形で、ももの上かひざの上へ置きます。5分以上続ける場合は、手のひらを天井に向けておくと良いでしょう。
01

②目を閉じたら、自分の意識を胸の中央へ向けます。
02

③胸の中央に意識を向けたまま、心の中で「感謝の気持ち」を思い浮かべていきます。
自分のあたえられている状況や物事で、ありがたいと感じていることをひとつひとつ思い浮かべていきます。思い浮かべる事柄はひとつでも構いません。

03

瞑想はこれで終わりです。あとは時間的に余裕があれば、ありがたいと感じることが思い浮かばなくなるまで感謝の想起を続けてみてみましょう。

一般的に、瞑想は心の中をからっぽにするように行います。でも、実際は意識して心の中をからっぽにするのはとても難しいもの。そこで「感謝の気持ち」をひたすら思い浮かべることで余計なことを考えずに瞑想に集中できるというわけです。

まとめ

いかがでしたか?
周囲への感謝のことだけを考える時間って、なかなかないですよね。集中力を高めるだけでなく、前向きな気持になれそうですね。皆さんも、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

渡辺先生■取材協力
渡邊愛子先生
日本初のチョプラセンター認定 瞑想ティーチャーとして2006年より「原初音(げんしょおん)瞑想講座」を提供。「世界のエリートはなぜ瞑想をするのか」(フォレスト出版)著者。
http://www.bodymindspirit.co.jp/profile.html