スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年05月16日

前カレを忘れられません…

Beautiful young Asian woman with red heart

「前カレを忘れられず、次の恋に進めません…」そんなお悩みに、作家の石田衣良さん(@ishida_ira)が答えてくれました。

Q.前カレを忘れられず、次の恋に進めません…

22歳、女子大生です。5年近く付き合った彼氏と別れて、1年半たつのに毎日考えてしまいます。復縁したいわけではないですが、次の恋に行く気持ちにもなれません。できれば早く忘れたいのですが、ことあるごとに思い出してしまいます。どうしたら忘れられますか?

女性の失恋の乗り越え方は、新しい彼氏を作るのが一番

これはもう、解決策は単純に1つしかないですよ。「次の恋を始める気はありません」と言っているけど、とりあえず手近なところで付き合ってしまう。女性の失恋の乗り越え方は、新しい彼氏を作るというのが一番なので。次の人を作ったら一発で忘れます。それどころか、1日で「私ったら、何を言っていたの?」っていうことになると思いますね。

女性の恋愛ってデジタルなんだよね。2進法みたいに、1になった途端に前の0はピッと消えてしまうので。今は気になるかもしれないけれど、すぐ忘れちゃうって。しかもよくよく考えてみたら、別れたぐらいだからたいした男じゃなかったでしょ? 22歳の同世代の男の子なんて、皆まだボチボチって感じだし、全然問題ないと思うけどね。

だから「圧倒的に前の彼よりいい男を……」というんじゃなく、とりあえず連絡をとりあったり、たまにデートしたりする人を作るだけで、乗り越えられると思いますね。今度は違うタイプの人を選んだらどうですか?

それと、別れた理由に関してはちょっと考えたほうがいいかもしれないね。どういう点で相手のことが嫌になったのか、あるいは何でフラれたのかということを考えておくといいと思います。たぶん彼のことが嫌になって別れていると思うので、そんな人のことをネチネチと思い返すのってちょっと変じゃないですか。だから次の人を探すっていうのが一番いいですね。最初からすごく好きになれることなんて、そんなにないですよ。女の子ってつきあっている過程でさらに惚れていくというパターンが多いですからね。

※この記事は公式メルマガ「小説家と過ごす日曜日」よりお届けします。

企画:夜間飛行

ira_ishida のコピー石田衣良(いしだいら)
1960年、東京都生まれ。‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/