スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年12月14日

【悩み相談】クリスマスが近づくと元カノを思い出して落ち込みます│石田衣良

石田衣良 悩み相談

クリスマスシーズンになると、昔の彼女との思い出が蘇って落ち込んでしまう…、そんなお悩みに、作家の石田衣良さん(@ishida_ira)が答えてくれました。

Q.クリスマスが近づくと元カノを思い出して落ち込みます

23歳・大学生の男子です。一昨年のクリスマス直前に約3年付き合った彼女にフラれました。大好きだったのでフラれた直後はかなり凹みましたが、時間が経って傷が癒えたつもりでした。ところが昨年、街やテレビがクリスマスモードになっている気配に気づいたのがきっかけで、また彼女のことが頭から離れなくなってしまいました。今年もクリスマスシーズンになると同じ気持ちになるかと思うと今から気が重いです。どうすれば彼女を忘れられるでしょうか?

A.美しい思い出にするためにも新しい彼女を見つけよう

あなたはきっと、クリスマスのときに、イベントや何か特別なことをやる男の子なんだね。楽しい思い出があるんでしょうけど、こんなの単純ですよ。次の子を作って付き合い始めれば、前の彼女のことなんてすぐに忘れるって。やっぱりそこはゲスの人を見習おうよ。

あれぐらい次々と乗り換えた方がいいんだよ。いや、ほんと。美しい、楽しい思い出ぐらいにしておくには、他の子がいれば大丈夫だからね。「あの子も良かったな」ぐらいで済むので。「どうすれば好きになれるか?」なんて言ってないで、次々と付き合ってみればいいんだよ。

日本人は最初に大好きになってから、なんとか付き合いに持ち込むっていうパターンばっかりじゃない。相手のことを知らないうちに大好きなるっていう、気持ちの悪い恋愛から始まることが多いので。何度か食事に行って、デートをした上で、「この子もいいところがあるな」ってだんだんと好きになるのが大人の恋愛なんじゃないかな。もう少し恋愛の入り口を広くしてほしいですね。

ぼくは、別れた後も毎年センチメンタルになるようなことはなかったね。はっきり言って、若いうちってヒマだからできるんだよね。まだ学生でしょ? 来年になって仕事を始めれば思い出すヒマもなくなるから全然大丈夫だよ。

 
※この記事は公式メルマガ「小説家と過ごす日曜日」よりお届けします。

企画:夜間飛行

ira_ishida のコピー石田衣良(いしだいら)
1960年、東京都生まれ。‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/