スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年02月01日

【インスタ女子必見】プロトラベラーMOYAさんに聞く、思わずシェアしたくなる写真が撮れる卒業旅行先5選

MOYA インスタ 卒業旅行 旅行

「旅の素晴らしさ」を発信する職業、プロトラベラー(R)※
世界各国を旅するだけでなく、旅先で撮影するキュートな写真も話題になっているのがプロトラベラーのMOYAさん。なんとInstagramのフォロワー数は9万以上!

そこでMOYAさんに、日本と海外それぞれ、卒業旅行でオススメの旅行先と、SNSでシェアしたくなるような写真の撮り方を教えてもらいました!
※プロトラベラー(R)はミツバチワークス株式会社の登録商標です。

◎日本ならここ!

離島のビーチでのんびり贅沢時間

〜沖縄県 渡嘉敷島(2泊3日 /予算5万円)〜
MOYA インスタ 卒業旅行 旅行
渡嘉敷島は沖縄本島から高速フェリーで約40分程度で行ける離島。本島よりも格段に海がキレイなので、ぜひ、足を伸ばしてほしい!

オススメの過ごし方はゆったりとした島時間の中、のんびりビーチで日焼けすること。普段は学校やバイトが忙しくてゆっくりできない人ほど、時間を忘れて楽しんでほしいですね。

★シェア数アップの写真テク★
カメラを上に構えて撮影すると、海のグラデーションがしっかり写ってキレイな仕上がりに。まるで海外リゾートのような雰囲気の写真が撮れます。

どこよりもキレイな海!

〜沖縄県 宮古島(4泊5日 /予算15万円)〜
Moya インスタ 宮古島

いままで国内外問わず、たくさんの海を訪れましたが、私の中では一番キレイなブルーの海はここ!
あまりの美しさにただ眺めたり、シュノーケリングで海中を堪能したり、ビーチでまったり過ごすのがオススメ。

そしておいしい居酒屋さんが多いのも魅力!
イチオシはブランド牛の石垣牛のにぎり。もう絶品でした。美しい海に豊かな自然、おいしい地元の料理があるので少し長めに滞在してのんびり過ごしてみては。

★シェア数アップの写真テク★
干潮、満潮の時間を調べてビーチスポットへGO。干潮時刻に行くとキレイなブルーの海から白砂が出てきて素敵な写真が撮れます。

◎海外ならここ!

2時間半で行けるオシャレな街!

〜韓国 カロスキル(3泊4日 /予算5万円)〜

日本からたったの2時間半で行ける身近な海外といえば韓国。
ソウルの南にあるストリート、カロスキルはファッションブランドやセレクトショップが立ち並ぶオシャレな雰囲気が素敵。

その中でもオススメしたいのがカフェです。私が行ったカフェではパスタとピザを頼みましたが、どちらもすごくおいしかったです。特にピザはガーリックがきいている韓国らしい味わいで、一緒に頼んだレモネードとの相性もぴったり。

カロスキルは通りを歩いているだけで、魅力的なカフェやショップがどんどん出てくるので、事前に調べなくても安心して楽しめますよ。

★シェア数アップの写真テク★
料理を撮影するときはお店の雰囲気に合わせて、カトラリーなどのコーディネートを考えると統一感が出てオシャレに見えます。お店の雰囲気は事前にインスタでチェックしてみて!

日本人にあまり知られていない穴場スポット!

〜スリランカ マータレー(6泊8日 /予算15万円)〜

スリランカの都心部、コロンボから車で4~5時間の街、マータレー。
スリランカは大きな国なので1つ1つのスポットを巡るには時間が必要ですが、どこへ行っても自然が豊かで気持ちがいい!

私が泊まった「アーユピヤサ」という宿は周囲が森で覆われ他にはなにもなくまさに自然の中で暮らせる感覚。
ここではアーユルヴェーダが体験でき、自分の身体と向き合いながら時を過ごせば、帰るときには心身ともにスッキリ! 

他のオススメスポットとしてはスリランカ出身の天才建築家、ジェフリー・バワが建築したホテルやレストラン。自然と調和した建物で建築物にあまり興味がなかった私も感動しました。

★シェア数アップの写真テク★
緑が豊かなスリランカは、あまりポーズを決めずに自然に身をゆだねるようにして撮るのがオススメ。

島全体がフォトジェニック

〜ギリシャ サントリーニ島(5泊7日 /予算25万円)〜

ギリシャのエーゲ海に浮かぶサントリーニ島。
白と青を基調とした建物が並び、どこを撮影してもオシャレでかわいい写真を撮ることができます。日本ではあまり見られないカラフルだけど品のある建物が多く、目を奪われることが間違いなし!

そして、街の人たちも親切で優しい方が多かった印象があります。どこも素敵でイチオシスポットを選ぶのは難しいですが、私が滞在したVILLAの屋上からは海が一望できてお気に入りでした。社会人になるとなかなか長期休暇がとれないので、学生のうちに足を運んでみてください。

★シェア数アップの写真テク★
白と青がメインの街なので、自撮りをするときは街に馴染むようなカラーの洋服がオススメ。私のように黒でインパクトを出すのもアリですよ。

まとめ

行きたくなる場所はありましたか? 一生の思い出に残る卒業旅行は妥協なく選びたいですよね。楽しい旅をエンジョイするためにもバイトを頑張って旅行資金を貯めてみてはどうでしょうか?

Moyaプロトラベラー MOYA
トラベルをはじめファッションやライフタイルも注目されているインフルエンサー。
Instagram: moyamoya2121
<書籍情報>
『Hawaii Rustic Wedding “I do” 』

自身のハワイウエディングの様子を綴った初の書籍『Hawaii Rustic Wedding “I do” 』が発売中。

取材・文:中屋麻依子 写真:MOYA