スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年11月05日

「聖徳太子」が現代にタイムスリップ。似合いそうなバイトは?

「聖徳太子」が現代にタイムスリップ。似合いそうなバイトは?

10人同時通話ができるコールセンターのオペレーター

■ 理由
大勢の話を一気に聞けた伝説から数人の電話に対応できそう。(神奈川県/24歳女性)

■ 人物紹介
聖徳太子と言えば、何をしたかはイマイチ分からなくても、10人の声を一気に聞けたエピソードは知っているハズ! そんな彼にはぴったりのバイトですね。ちなみに聖徳太子は「耳がいいおじさん」ではなく、従来の世襲制を廃して能力のある人物に位を与える「冠位十二階」や日本初の法規範「十七条憲法」を制定したり、小野妹子を隋に派遣して外交を開くなど、実力&平等主義、かつグローバルな視点を持つヤリ手政治家で、いわゆる飛鳥時代のスーパースター。そりゃ、10人どころか36人の話を一度に聞いたとか伝説が生まれるわけです。
だから、コールセンターのオペレーターはまさに天職。「お待たせしません!スーパーオペレーター聖徳が承ります」なんて言われたら、コールセンターでもスター確実。キレっキレの頭の良さを発揮して的確に要望に応えてくれるハズ。ちなみに、彼がいつも持っている木の板「笏(しゃく)」は裏側にメモがとれる、カッコいいカンペみたいなものだそう。

■ その他のコメント
◎卸売市場のセリの人
一度に何人もの金額や要望を受け止めることができそう。(広島県/56歳女性)

◎人気レストランのウェイター
何人もの注文を一気に受け付けて正確にキッチンへ届けそう。(福岡県/27歳女性)

◎議会の速記者
あのヤジの中でみんなの発言を聞き分けられるから。(神奈川県/52歳男性)

■ 総評
つまり簡単に言うと「色んな人の声を聞くことができる」バイトがお似合いみたい。早起きを提唱したと言われるぐらいだから、朝早い市場の仕事も平気そうだしね。レストランではあのトレードマークの烏帽子をかぶり続ければ、名物ウェイターになること間違いナシ! て、ゆーかみんな「10人の話を聞ける」エピソードしか知らないのでは…(そんな私もそうだけど)。

※データ:歴史上の人物に興味のある男女 332名にアンケート(2014年8月7日~8月11日)。アンケート協力:クロス・マーケティング