スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年02月12日

『赤毛のアン』で英語づけ〜誰にでも〝痛い記憶〟がある~その①│茂木健一郎

痛い記憶

高校1年のときに『赤毛のアン』を原書で読むことによって英語力が飛躍的に高まったという脳科学者の茂木健一郎さん。このコーナーでは茂木さんが、『赤毛のアン』の原文から特に印象的なシーンを取り上げ、そこに現れる「英語フィーリング」を解説します。「英語脳」を鍛えたい人、必読です!

今回も引き続き、第9章から、アンとマリラが話す場面を取り上げます。
自分の容姿をけなしたリンド夫人に対して、思わず爆発してしまうアン。おまけにマリラは、自分でも意外なことに、アンの肩をもつようなことをリンド夫人に言ってしまいます。

リンド夫人が怒って帰った後、マリラは、部屋で泣いているアンに、「さっきのかんしゃくはよくなかった」と諭そうとします。それに対して、アンは、「あんなことを言われたらどう感じると思う」と言い返す。その時、マリラは、あることを思い出すのです。

★それでは、今回の英文です。

“Well, you made a fine exhibition of yourself I must say. Mrs. Lynde will have a nice story to tell about you everywhere–and she’ll tell it, too. It was a dreadful thing for you to lose your temper like that, Anne.””Just imagine how you would feel if somebody told you to your face that you were skinny and ugly,” pleaded Anne tearfully.
An old remembrance suddenly rose up before Marilla. She had been a very small child when she had heard one aunt say of her to another, “What a pity she is such a dark, homely little thing.” Marilla was every day of fifty before the sting had gone out of that memory.

plead=弁解する
homely=質素な、地味な
sting=刺すような痛み

(つづく)

企画:プレタポルテby夜間飛行

■■■■■
続きを見る>>
『赤毛のアン』で英語づけ〜誰にでも〝痛い記憶〟がある~その②│茂木健一郎
『赤毛のアン』で英語づけ〜誰にでも〝痛い記憶〟がある~その③│茂木健一郎

『「赤毛のアン」で英語づけ』茂木健一郎 著赤毛のアンで英語づけ
高校一年のときに「赤毛のアン」を原書で読むことによって英語力が飛躍的に高まったという茂木さん。「とにかく最初から最後まで読み通す」ことで、自信をつけて「英語脳」を身につけることが英語力向上の秘訣。本書を一冊読めば英語力も自然とアップし、「赤毛のアン」という物語が持つ魅力にも触れることができます。 名文で「英語脳」を強化する! !
amazonで購入する

脳科学者・茂木健一郎茂木健一郎
脳科学者。1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『「赤毛のアン」で英語づけ』など著書多数。