スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年02月12日

『赤毛のアン』で英語づけ〜誰にでも〝痛い記憶〟がある~その②│茂木健一郎

★日本語で、だいたいの意味を見ていきましょう。

“Well, you made a fine exhibition of yourself I must say.

⇒「まったく、いい見世物だったね。
 

Mrs. Lynde will have a nice story to tell about you everywhere–and she’ll tell it, too.

⇒リンド夫人は、いろいろなところでこのことを話すだろうよ。実際そうするでしょう。
 

It was a dreadful thing for you to lose your temper like that, Anne.”

⇒あんな風にかんしゃくを起こすなんて、よくないことだったよ、アン」
 

“Just imagine how you would feel if somebody told you to your face that you were skinny and ugly,” pleaded Anne tearfully.

⇒「想像してみて。誰かが、面と向かって、あなたは痩せていてみにくいと言ったら、どう感じるか」 アンは、涙ながらに訴えた。
 

An old remembrance suddenly rose up before Marilla.

⇒マリラの胸に、古い記憶が突然よみがえってきた。
 

She had been a very small child when she had heard one aunt say of her to another, “What a pity she is such a dark, homely little thing.”

⇒マリラがとても小さな子どもだったときに、おばの一人が、マリラのことを、「こんなに色黒で、ぱっとしない子なのは、本当に残念ね」と言ったのを聞いてしまった。
 

Marilla was every day of fifty before the sting had gone out of that memory.

⇒そのことを思い出しても胸が痛まなくなったのは、ようやく50歳になった時だった。

(つづく)

企画:プレタポルテby夜間飛行

■■■■■
続きを見る>>
『赤毛のアン』で英語づけ〜誰にでも〝痛い記憶〟がある~その③│茂木健一郎
前に戻る>>
『赤毛のアン』で英語づけ〜誰にでも〝痛い記憶〟がある~その①│茂木健一郎

『「赤毛のアン」で英語づけ』茂木健一郎 著赤毛のアンで英語づけ
高校一年のときに「赤毛のアン」を原書で読むことによって英語力が飛躍的に高まったという茂木さん。「とにかく最初から最後まで読み通す」ことで、自信をつけて「英語脳」を身につけることが英語力向上の秘訣。本書を一冊読めば英語力も自然とアップし、「赤毛のアン」という物語が持つ魅力にも触れることができます。 名文で「英語脳」を強化する! !
amazonで購入する
 
脳科学者・茂木健一郎茂木健一郎
脳科学者。1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『「赤毛のアン」で英語づけ』など著書多数。