スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年02月23日

『赤毛のアン』で英語づけ〜悩みを〝喜び〟に裏返す法~その③│茂木健一郎

★いかがでしょう? 

リンド夫人に会いに行く途中、アンは、突然様子が変わって、楽しく、明るい表情になります。

夫人になんと謝ろうか、想像し始めたら、楽しくなってしまったのですね。どんなに辛い、苦しい場面でも、想像の力で前向きに変えてしまう、アンの驚くべき力が表れています。

「Anne had no business to look so rapt and radiant」という文がいい。このraptや、radiantという英語のクオリアは、日本語では、なかなか表現できません。こうして、英語のクオリアに少しずつ慣れ親しむことで、英語の宇宙の旅は深まっていきます。

この名文!

Anne had no business to look so rapt and radiant.

アンが、こんなに恍惚と、輝いているなんておかしい。

企画:プレタポルテby夜間飛行

■■■■■
前に戻る>>
『赤毛のアン』で英語づけ〜悩みを〝喜び〟に裏返す法~その②│茂木健一郎
『赤毛のアン』で英語づけ〜悩みを〝喜び〟に裏返す法~その①│茂木健一郎

『「赤毛のアン」で英語づけ』茂木健一郎 著赤毛のアンで英語づけ
高校一年のときに「赤毛のアン」を原書で読むことによって英語力が飛躍的に高まったという茂木さん。「とにかく最初から最後まで読み通す」ことで、自信をつけて「英語脳」を身につけることが英語力向上の秘訣。本書を一冊読めば英語力も自然とアップし、「赤毛のアン」という物語が持つ魅力にも触れることができます。 名文で「英語脳」を強化する! !
amazonで購入する

脳科学者・茂木健一郎茂木健一郎
脳科学者。1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『「赤毛のアン」で英語づけ』など著書多数。