スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年01月16日

『赤毛のアン』で英語づけ〜硬く〝決心〟すれば苦境も楽しめる│~その①│茂木健一郎

pls0602188u59740

高校1年のときに『赤毛のアン』を原書で読むことによって英語力が飛躍的に高まったという脳科学者の茂木健一郎さん。このコーナーでは茂木さんが、『赤毛のアン』の原文から特に印象的なシーンを取り上げ、そこに現れる「英語フィーリング」を解説します。「英語脳」を鍛えたい人、必読です!

今回は、第5章の冒頭にある文章です。
孤児院から手違いで送られてきたとわかったアン。グリーン・ゲイブルズで一晩を過ごした後、手配をした女性に事情を聞くため、アンはマリラと2人、馬車で出かけます。
おそらくは、孤児院に連れ戻されることになる旅。アンの気持ちが、重くないはずがありません。それでも、アンは、このドライヴを楽しもうと心に決めます。

★それでは、今回の英文です。

“Do you know,” said Anne confidentially, “I’ve made up my mind to enjoy this drive. It’s been my experience that you can nearly always enjoy things if you make up your mind firmly that you will. Of course, you must make it up FIRMLY. I am not going to think about going back to the asylum while we’re having our drive. I’m just going to think about the drive. Oh, look, there’s one little early wild rose out! Isn’t it lovely? Don’t you think it must be glad to be a rose? Wouldn’t it be nice if roses could talk? I’m sure they could tell us such lovely things. And isn’t pink the most bewitching color in the world? I love it, but I can’t wear it. Redheaded people can’t wear pink, not even in imagination. Did you ever know of anybody whose hair was red when she was young, but got to be another color when she grew up?”
“No, I don’t know as I ever did,” said Marilla mercilessly, “and I shouldn’t think it likely to happen in your case either.”
Anne sighed.
“Well, that is another hope gone. ‘My life is a perfect graveyard of buried hopes.’ That’s a sentence I read in a book once, and I say it over to comfort myself whenever I’m disappointed in anything.”
“I don’t see where the comforting comes in myself,” said Marilla.
“Why, because it sounds so nice and romantic, just as if I were a heroine in a book, you know. I am so fond of romantic things, and a graveyard full of buried hopes is about as romantic a thing as one can imagine isn’t it? I’m rather glad I have one.”

confidentially=打ち明けて、内々に
mercilessly=無慈悲に
graveyard=墓場

(つづく)

企画:プレタポルテby夜間飛行

■■■■■
続きを見る>>
『赤毛のアン』で英語づけ〜硬く〝決心〟すれば苦境も楽しめる~その②│茂木健一郎
『赤毛のアン』で英語づけ〜硬く〝決心〟すれば苦境も楽しめる~その③│茂木健一郎

『「赤毛のアン」で英語づけ』茂木健一郎 著赤毛のアンで英語づけ
高校一年のときに「赤毛のアン」を原書で読むことによって英語力が飛躍的に高まったという茂木さん。「とにかく最初から最後まで読み通す」ことで、自信をつけて「英語脳」を身につけることが英語力向上の秘訣。本書を一冊読めば英語力も自然とアップし、「赤毛のアン」という物語が持つ魅力にも触れることができます。 名文で「英語脳」を強化する! !
amazonで購入する

脳科学者・茂木健一郎茂木健一郎
脳科学者。1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『「赤毛のアン」で英語づけ』など著書多数。