タウンワーク(TOWNWORK)

求人原稿の書き方(基本編)

求人原稿の書き方(基本編)

 求人情報を掲載する方法を決定したら、次に求人募集の原稿を作らなくてはいけません。 学生も、フリーターも、主婦も、シニアも、求職者はこの求人情報を頼りに、どこのお店・会社で働こうかを決めるのです。 応募者の不安をできるだけ解消し、安心して応募できる状態にしてあげる気持ちが、求人情報作成においては基本中の基本です。 まずは労働条件をしっかり記載しましょう 応募者がいちばん気にするところは、何といっても労働条件です。 ・勤務時間帯は何時から何時まで? ・週何回の勤務が必要? ・シフト制勤務の場合は自分の都合はどれくらい聞いてくれるの? ・土日は? などなど…… 勤務時間に関する情報は、最低限必要な情報です。これらがあいまいに表記されてしまうと、応募者は不安に思います。 仕事内容(職種名)は分かりやすくなっているか?  勤務時間帯が自分に合っていても、仕事内容がよく分からない……では、やはり応募者はためらいますよね。 たとえばカフェの場合。「カフェスタッフ」という表記だけでは、接客の仕事なのか、調理の仕事なのか、はたまたその両方なのか、応募者には分かりません。接客スタッフ、調理スタッフ、カフェスタッフ(接客・調理)など、仕事内容がイメージしやすい表現を心がける必要があります。 給与を決めるまえに要チェック  そして、応募者にとって最も大切な条件が、給与ですね。 もちろん給与は高いほうが応募数は増えるものですが、お店の都合もありますから、そういうわけにもいきません。 ここでお伝えしておきたいのは、「最低賃金」について。これは法律に基づいて定められているものですので、必ず守らなければいけません。 最低賃金は各都道府県によって金額はちがいます。タウンワークの以下ページにも最新の最低賃金が記載されていますので、給与を決定する前に、確認するようにしましょう。 参考サイト:https://townwork.net/twc/info/saiteichingin/ 連絡先の記載は何度も見直して!  最後に、絶対にミスしてはいけない事項として、連絡先の表記があります。 電話番号は求人情報に必ず記載しましょう。記載がなければ応募が来ません。また学生などはメールをよく活用しますし、深夜帯に求人情報を見ることも多いので、時間外応募のためにもメールアドレスを記載したり、求人広告のWEB応募機能を活用しましょう。 そして記載後は、電話番号やメールアドレスを何度も確認すること。ミスがあれば連絡が来ないどころか、場合によっては間違えた番号先に応募の連絡がいってしまい、迷惑をおかけすることになります。最悪の場合、トラブルに発展するケースもありますので、細心の注意を払いましょう。 大切なのは、求職者のほしい情報をしっかり伝えること  以上のように、求職者が知りたい情報をできる限り誤解なく伝えられるよう、工夫が必要ですね。勤務時間帯、仕事内容、給与。これら3つの条件が自分の希望に沿っているかどうかが、応募者が知りたい必要最低限の情報です。求人に応募ををしてもらうには、応募者の不安を少しでも取り除いく気配りが必要ですね。

タウンワーク本誌(フリーペーパー)とネット掲載から選べる!
様々なシチュエーションに応える求人広告、タウンワーク!

  • 営業担当が対応
  • フリーペーパー掲載
    ネット(スマートフォン・パソコン・携帯)転載

豊富な掲載メニューからの提案・
取材や原稿作成サポートをご希望の方向け

タウンワークの場合▼
  • セルフサービス(スマートフォンで原稿作成可能)
  • ネット(スマートフォン・パソコン・携帯)のみ掲載

スマートフォン・PCから求人掲載ができます。
セルフでお安く掲載したい方向け

タウンワークオンラインの場合▼
JoBooB!(ジョブーブ)

タウンワークの営業に相談して掲載する

リクルート
お客様サービスセンター

0120-17-4649

受付時間9:30~18:00(土日祝日を除く)

WEBフォームからお問い合わせ 商品詳細はこちら

簡単WEB申込・ご掲載

タウンワークオンライン
サポートセンター

050-3834-8456

受付時間9:30~18:00(年末年始を除く)

掲載のお申込みはこちら WEBフォームからお問い合わせ・資料請求

※フォームへご入力いただいた電話番号に折り返しご連絡する場合がございます。個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご確認ください。

商品詳細はこちら

採用に関する基礎知識

募集前に知っておきたいこと
  • 求人募集時に注意すべき法律
    世の中に数多く起きる雇い主と労働者間のトラブル。後々になって監督省庁からの指導や裁判になるなんてケースも。
    ここでは求人広告を出す前に最低限知っておきたい法律を明記しました。 ...続きを読む
  • 求人原稿の書き方(応用編)
    せっかく求人情報を掲載したのに、応募が来ない。以前は同じ求人情報でも応募がけっこう来たのに、最近はめっきり……
    原因がわからなくて困ってしまいますよね。応募が来なかったり数が減ったりするひとつの要因は、実は周辺のお店や会社がもっといい条件で募集をしていた、ということだったりします。 ...続きを読む
募集中の対応方法
  • 応募者の電話対応で気を付けること
    求人広告を見て応募してくる求職者。会ったこともない人に電話する時の緊張感や、初対面の人に会う時の不安感は分かりますよね。
    そんな相手にどんな対応をすれば良い印象を与え、このお店・会社で働きたい!という気持ちになってもらえるのでしょう?しっかり確認して、明日からの応募者対応に活かしてみましょう。 ...続きを読む
  • 面接時の注意事項
    あなたが応募者の人となりを見るように、応募者もあなたのお店や会社を見ています。誰だって、できれば気持ちよく働きたいものです。
    威圧的な態度はせず、応募者もリラックスできるような雰囲気をつくるようにしましょう。落ち着いた面接場所を設定したり、事前に質問内容を用意しておいたほうがいいでしょう。 ...続きを読む
  • 合否通知の出し方
    合否通知が来るまで、応募者はいまかいまかと待ちかねています。
    採用する側の都合だけで、何日も応募者を待たせたりするのはNG。また、提出した履歴書などの個人情報についても、きちんとした対応をすることが大切です。 ...続きを読む
採用決定後
  • 雇用契約書について
    「面接して、いい人が採用できて良かった」と、そこで安堵してはいけません。
    採用が決定したら、必要な手続きをきちんと踏んでいきましょう。雇用契約書の役割と、注意事項などをお伝えします。 ...続きを読む
  • 新人教育の心得
    苦労してようやく採用した人が、短期間で辞めてしまってショック。そんな経験はありませんか?
    「そもそもこの職場に向いてなかったんだ」「本人にやる気がなかったんだから仕方ない」そんな風に思って、なんとなくあきらめてしまっている方も多いのではないでしょうか? ...続きを読む
  • 退職が出てしまったら…
    今まで一緒にがんばってきた仲間が、残念ながら退職することに。とはいえ、落ち込んでばかりもいられません。
    残された仕事をこなすためにも、新しい人材を採用しなければ。ここでは、もし退職の申し出があったらどうしたらいい?という疑問にお答えします。 ...続きを読む