タウンワーク(TOWNWORK)

退職が出てしまったら…

退職が出てしまったら…

 今まで一緒にがんばってきた仲間が、残念ながら退職することに。 とはいえ、落ち込んでばかりもいられません。 残された仕事をこなすためにも、新しい人材を採用しなければ。 ここでは、もし退職の申し出があったらどうしたらいい? という疑問にお答えします。 退職者から回収するものと退職者に渡すものがある。  まずは退職者から回収するものがあります。ひとつが「健康保険被保険者証」、ほかに社員証、入館証、会社携帯、鍵、パソコン、事務用品などの貸与物など、該当する人を確認してきちんと回収するようにしましょう。  退職者に渡すものは、源泉徴収票、雇用保険資格喪失証、離職票、その他退職者から預かっているものなどとなります。雇用保険の手続きは、退職した翌日から10日以内に「雇用保険被保険者資格喪失届」他必要書類を管轄の職業安定所(ハローワーク)に提出を。手続き漏れで、今まで活躍してくれたスタッフが困ることのないようにしてあげましょう。住民税の手続き等もお忘れなく。 くわしくは各専門家か管轄の職業安定所(ハローワーク)へ。 現場を混乱させないためにも次の採用計画をしっかり立てよう。  誰かが辞めるということは、その1名分の仕事を誰かがうめなければいけないということ。さらに、今まで任せてきた業務を引き継ぐための期間も設けなければいけません。そのため求人募集は退職してからではすでに遅く、退職の申し出があった時にはすぐに準備に取りかかりましょう。採用の準備は後倒しになるほど大変なことになります。早めに動き出しましょう。 採用までのスピードを優先するなら、掲載までのスピードが比較的速いインターネット求人サイトがおすすめ。じっくりと人材を見極める時間があるなら、コストに見合った採用方法を選択しましょう。 切羽詰まったらスタッフに頼ろう。人のつながりは採用でも効果的。  「退職者もいるのに、なかなか採用に時間をかけられない」という雇い主の方も多いかもしれません。そんな時の裏ワザが、在籍しているスタッフによる「紹介」です。まず、スタッフの友人・知人で仕事を探している人がいないかを確認。次に「どんな理由で現在仕事をしていないのか」をヒアリングします。もしスタッフが理由を知っていれば、その人に合った労働条件を事前に提示できます。働いているスタッフにリアルな仕事の様子を語ってもらうことで、安心材料を伝えることもできるはず。クチコミは意外と効果的なのです。

タウンワーク本誌(フリーペーパー)とネット掲載から選べる!
様々なシチュエーションに応える求人広告、タウンワーク!

  • 営業担当が対応
  • フリーペーパー掲載
    ネット(スマートフォン・パソコン・携帯)転載

豊富な掲載メニューからの提案・
取材や原稿作成サポートをご希望の方向け

タウンワークの場合▼
  • セルフサービス(スマートフォンで原稿作成可能)
  • ネット(スマートフォン・パソコン・携帯)のみ掲載

スマートフォン・PCから求人掲載ができます。
セルフでお安く掲載したい方向け

タウンワークオンラインの場合▼
JoBooB!(ジョブーブ)

タウンワークの営業に相談して掲載する

リクルート
お客様サービスセンター

0120-17-4649

受付時間9:30~18:00(土日祝日を除く)

WEBフォームからお問い合わせ 商品詳細はこちら

簡単WEB申込・ご掲載

タウンワークオンライン
サポートセンター

050-1709-0401

受付時間9:30~18:00(年末年始を除く)

掲載のお申し込みはこちら WEBフォームからお問い合わせ・資料請求

※フォームへご入力いただいた電話番号に折り返しご連絡する場合がございます。個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご確認ください。

商品詳細はこちら

採用に関する基礎知識

募集前に知っておきたいこと
  • 求人募集時に注意すべき法律
    世の中に数多く起きる雇い主と労働者間のトラブル。後々になって監督省庁からの指導や裁判になるなんてケースも。
    ここでは求人広告を出す前に最低限知っておきたい法律を明記しました。 ...続きを読む
  • 求人原稿の書き方(基本編)
    求人情報を掲載する方法を決定したら、次に求人募集の原稿を作らなくてはいけません。学生も、フリーターも、主婦も、シニアも、求職者はこの求人情報を頼りに、どこのお店・会社で働こうかを決めるのです。 ...続きを読む
  • 求人原稿の書き方(応用編)
    せっかく求人情報を掲載したのに、応募が来ない。以前は同じ求人情報でも応募がけっこう来たのに、最近はめっきり……
    原因がわからなくて困ってしまいますよね。応募が来なかったり数が減ったりするひとつの要因は、実は周辺のお店や会社がもっといい条件で募集をしていた、ということだったりします。 ...続きを読む
募集中の対応方法
  • 応募者の電話対応で気を付けること
    求人広告を見て応募してくる求職者。会ったこともない人に電話する時の緊張感や、初対面の人に会う時の不安感は分かりますよね。
    そんな相手にどんな対応をすれば良い印象を与え、このお店・会社で働きたい!という気持ちになってもらえるのでしょう?しっかり確認して、明日からの応募者対応に活かしてみましょう。 ...続きを読む
  • 面接時の注意事項
    あなたが応募者の人となりを見るように、応募者もあなたのお店や会社を見ています。誰だって、できれば気持ちよく働きたいものです。
    威圧的な態度はせず、応募者もリラックスできるような雰囲気をつくるようにしましょう。落ち着いた面接場所を設定したり、事前に質問内容を用意しておいたほうがいいでしょう。 ...続きを読む
  • 合否通知の出し方
    合否通知が来るまで、応募者はいまかいまかと待ちかねています。
    採用する側の都合だけで、何日も応募者を待たせたりするのはNG。また、提出した履歴書などの個人情報についても、きちんとした対応をすることが大切です。 ...続きを読む
採用決定後
  • 雇用契約書について
    「面接して、いい人が採用できて良かった」と、そこで安堵してはいけません。
    採用が決定したら、必要な手続きをきちんと踏んでいきましょう。雇用契約書の役割と、注意事項などをお伝えします。 ...続きを読む
  • 新人教育の心得
    苦労してようやく採用した人が、短期間で辞めてしまってショック。そんな経験はありませんか?
    「そもそもこの職場に向いてなかったんだ」「本人にやる気がなかったんだから仕方ない」そんな風に思って、なんとなくあきらめてしまっている方も多いのではないでしょうか? ...続きを読む