弁理士のアルバイト/バイト/パートの仕事/求人を探すなら【タウンワーク】

12月5日更新!全国掲載件数660,690

弁理士のアルバイト・バイト・パート求人情報

弁理士の仕事・求人情報を探すならタウンワーク!勤務地や職種、給与等の様々な条件からバイト、正社員、派遣の求人情報が検索できます。弁理士のお仕事探しは採用実績が豊富なタウンワークにお任せください!

エリアから弁理士の仕事を探す

都道府県から探す

弁理士の仕事を詳しく知ろう

  • 国内における産業財産権の取得、対応

    弁理士は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権またはそれらの実施権についての登録、移転、変更などの手続きをする仕事です。就業先は企業の知財産部、特許事務所のほか、独立開業する人もいます。出願手続きには過程ごとに期限が決められているため、必ず期限内提出しなければなりません。権利の申請は機関との勝負ということもありますので、迅速な対応が求められるといえます。

  • 弁理士の資格は必須

    国家資格である弁理士の資格が必要になります。技術的な工業デザイン、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等を権利化するための手続きや、異議申し立て手続きなどが本来の業務となります。理系の専門知識と法律と両方の知識が求められることもあるでしょう。また弁理士資格を持っていなくても、弁護士資格保持者、特許庁で通算7年以上審判官、審査官、審判もしくは審査の事務に従事した人は、弁理士資格を有することが可能です。

  • 産業の発展に貢献できる

    いち早く特許や知的財産権を出願することで、知的財産を守ることができるでしょう。知財業務はグローバル展開されることが多く、情報が流出することは、国内の産業の発展にも影響する可能性があります。このことから、日本国内のみならず、海外での権利取得が求められています。企業の海外での商標戦略に心強いサポートで応えられる国際弁理士を目指すなら、諸外国の法制度の勉強や語学力を身につけることが必要となるでしょう。

  • 実働8時間前後、フレックス制もあり

    弁理士の勤務先は、企業や特許庁では、企業、特許庁の営業時間内の勤務となることが大半です。独立開業の場合は、自分の裁量で働く時間を決められますが、案件を大量に抱えている場合は、残業もやむをえないときがあるかもしれません。年間の休みは、暦通りの就業形態であるところが多いようです。海外の業務を日本で行う場合は、時差がありますので、勤務時間等は変わってくることでしょう。

弁理士の求人をピックアップ!

求人情報が満載!弁理士の仕事/求人を探せる【タウンワーク】をご覧のみなさま
弁理士のアルバイト[バイト]やパートの求人をお探しなら、リクルートが運営する『タウンワーク』をご利用ください。応募もカンタン、豊富な募集・採用情報を掲載するタウンワークが、みなさまのお仕事探しをサポートします!

こんにちは! ゲスト さん

お知らせ

Internet Explorer9以下は4月30日にサポート対象外となりました。現在お使いの方は、最新のブラウザにアップグレードしてください。

閉じる

新着情報を受け取るには、ブラウザの設定が必要です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 右上のをクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. ページの下にある「詳細設定を表示...」をクリックする
  4. プライバシーの項目にある「コンテンツの設定...」をクリックする
  5. 通知の項目にある「例外の管理...」をクリックする
  6. https://townwork.net/の「ブロック」を「許可」に変更して「完了」をクリックする