気象予報士のアルバイト/バイト/パートの仕事/求人を探すなら【タウンワーク】

12月5日更新!全国掲載件数646,201

気象予報士のアルバイト・バイト・パート求人情報

気象予報士の仕事・求人情報を探すならタウンワーク!勤務地や職種、給与等の様々な条件からバイト、正社員、派遣の求人情報が検索できます。気象予報士のお仕事探しは採用実績が豊富なタウンワークにお任せください!

エリアから気象予報士の仕事を探す

都道府県から探す

気象予報士の仕事を詳しく知ろう

  • 気象情報をまとめる人

    気象予報士の仕事として、一般的に知られているのはテレビのお天気キャスターです。本来は気象庁の持っているデータを分析して、わかりやすくするのが気象予報士で、伝えるのはだれでも構わないようです。もっとビジネスに密着してる気象予報士は、漁に出る漁師さんに密接した情報を集めていますし、気温によって販売数の変わる商材なども、それに特化した情報を提供して活躍しています。

  • 地理や地学、物理、数学が得意

    気象予報士の仕事をするには、国家試験に合格しなくてはなりません。気象庁のデータを分析し、天気の予報をたてることができる人が気象予報士になることができます。試験は学科試験と実技試験があり、学科は一般と専門にわかれて、一般は地球の自転や雲の発生について、地理や地学、物理、数学が絡んできます。専門は気象観測や予報の仕組みを問われます。両方受かったあとに実技テストがあり、合格率も低くかなりの難関だといわれています。

  • 時間をかけた予想が的中

    気象予報士は、気象庁にある莫大な気象データや過去の天気などを総合して、これから先の天気を予想していきます。時間と頭を使って分析した予想が当たったときには、苦労した分大きな喜びを感じられるようです。これが安定してくると、きちんとデータを読み込む力が上がり、成長を感じることができるでしょう。天気予報はたくさんの人たちが日々生活の中で参考にしているものですので、やりがいは大きい仕事であるといえます。

  • 分析が細かいほど時間がかかる

    気象予報士の働く場所は多岐にわたり、テレビやラジオなどで活躍する場合や、民間気象会社、一般企業などがあります。企業に勤める場合は、福利厚生や各種保険完備しているかどうかを入社前に確認したいところです。また、テレビなどで活躍する人も、外注に出している場合が多いので、どこと契約するのかをしっかり把握する必要もあるでしょう。いずれにせよ、莫大なデータを細かく分析することで精度が上がるので、仕事の時間は不規則になりがちかもしれません。

いろいろな条件から気象予報士の求人を絞り込む

気象予報士の求人をピックアップ!

求人情報が満載!気象予報士の仕事/求人を探せる【タウンワーク】をご覧のみなさま
気象予報士のアルバイト[バイト]やパートの求人をお探しなら、リクルートが運営する『タウンワーク』をご利用ください。応募もカンタン、豊富な募集・採用情報を掲載するタウンワークが、みなさまのお仕事探しをサポートします!

こんにちは! ゲスト さん

お知らせ

Internet Explorer9以下は4月30日にサポート対象外となりました。現在お使いの方は、最新のブラウザにアップグレードしてください。

閉じる

新着情報を受け取るには、ブラウザの設定が必要です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 右上のをクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. ページの下にある「詳細設定を表示...」をクリックする
  4. プライバシーの項目にある「コンテンツの設定...」をクリックする
  5. 通知の項目にある「例外の管理...」をクリックする
  6. https://townwork.net/の「ブロック」を「許可」に変更して「完了」をクリックする