ダンサーのアルバイト/バイト/パートの仕事/求人を探すなら【タウンワーク】

9月28日更新!全国掲載件数617,235

ダンサーのアルバイト・バイト・パート求人情報

ダンサーの仕事・求人情報を探すならタウンワーク!勤務地や職種、給与等の様々な条件からバイト、正社員、派遣の求人情報が検索できます。ダンサーのお仕事探しは採用実績が豊富なタウンワークにお任せください!

エリアからダンサーの仕事を探す

都道府県から探す

ダンサーの仕事を詳しく知ろう

  • ダンスを踊る&教える仕事

    ダンサーの仕事には、人前でダンスを踊って収入を得るケースや、ダンススクールやワークショップなどでダンスを教えて収入を得るケースなどがあります。仕事の場としては、ミュージカルやイベントなどの公演、テレビや映画などへの出演、テーマパークなどのアミューズメント施設やショーパブなどへの勤務が考えられます。ダンスを教える仕事の場合は、スクールに勤務する(あるいは派遣される)ほかに、自身でスクールを経営する道もあります。

  • 華やかな舞台の裏で努力が必要

    ダンスにも、バレエ、JAZZ、ヒップホップなどさまざまな種類があり、それぞれに固有のスタイルやトレーニングが必要です。いずれの場合も、自分の体で表現して、そのパフォーマンスで人を魅了したり、感動させることが可能なダンスのスキルや個性が求められます。華やかな舞台の裏で、毎日コツコツとスキルを磨きながら、体調管理もしなければならないので、集中力や根気、忍耐力も不可欠な仕事といえるでしょう。

  • お客様からの拍手が喜びに

    ダンサーとして働いている方は、踊ることが大好きという方がほとんどです。そのうえで、プロのダンサーとして収入を得られるだけの力量を身につけるまでには、鍛錬の日々が必要です。そうした努力のおかげで、お客様から満場の拍手をいただいたり、称賛の声をかけられることは、ダンサーにとって何物にも代えがたい喜びとなります。また、スクールで教える仕事の場合は、自分が教えた生徒が成長をしていく姿が見られることも大きな励みになります。

  • オーディションを経て採用される

    ダンサーとして公演やイベントなどで踊る仕事の多くは、オーディションによって出演者を選考します。実力しだいなので誰にでも道は開かれていますが、プロでも当然オーディションに落ちることは多いので、あきらめないで続ける気持ちが大切です。専属ダンサーとしての契約を結ぶことができれば、収入はある程度安定します。そのほかに、アーティストなどのバックダンサーとして働いているうちに、仕事を紹介されることもあるようです。

いろいろな条件からダンサーの求人を絞り込む

ダンサーの求人をピックアップ!

求人情報が満載!ダンサーの仕事/求人を探せる【タウンワーク】をご覧のみなさま
ダンサーのアルバイト[バイト]やパートの求人をお探しなら、リクルートが運営する『タウンワーク』をご利用ください。応募もカンタン、豊富な募集・採用情報を掲載するタウンワークが、みなさまのお仕事探しをサポートします!

こんにちは! ゲスト さん

お知らせ

Internet Explorer9以下は4月30日にサポート対象外となりました。現在お使いの方は、最新のブラウザにアップグレードしてください。

閉じる

新着情報を受け取るには、ブラウザの設定が必要です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 右上のをクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. ページの下にある「詳細設定を表示...」をクリックする
  4. プライバシーの項目にある「コンテンツの設定...」をクリックする
  5. 通知の項目にある「例外の管理...」をクリックする
  6. https://townwork.net/の「ブロック」を「許可」に変更して「完了」をクリックする