米国公認会計士のアルバイト/バイト/パートの仕事/求人を探すなら【タウンワーク】

12月5日更新!全国掲載件数660,690

米国公認会計士のアルバイト・バイト・パート求人情報

米国公認会計士の仕事・求人情報を探すならタウンワーク!勤務地や職種、給与等の様々な条件からバイト、正社員、派遣の求人情報が検索できます。米国公認会計士のお仕事探しは採用実績が豊富なタウンワークにお任せください!

エリアから米国公認会計士の仕事を探す

都道府県から探す

米国公認会計士の仕事を詳しく知ろう

  • 米国公認会計士とは

    米国公認会計士とは、英語ではCertified Public Accountantのことで、USCPAと略されます。米国での公認会計士資格は、各州で取得、登録されます。州外での公認会計士業務を行うことはできません。日本での米国公認会計士の需要としては、外資系企業やグローバルに活動を展開する企業や会社における海外進出や合併、再編など、米国の会計基準を使用するケースにおいての活用が期待されています。

  • 米国公認会計士資格とは

    アメリカの会計事務所での就業を希望する人は、アメリカの会計学を専攻し、USCPA受験資格を満たします。米国公認会計士の資格が無くても、会計学を専攻していればアメリカの会計事務所に就職でき、通常は就業から3年くらいで合格するケースが多いようです。米国公認会計士の資格は、国際会計の知識にとどまらず、ビジネスローや米国連邦税、監査、管理会計、IT、経営学、経済学など、マネジメントに必要な幅広いビジネス知識を持つことの証明にもなります。

  • 名刺に米国公認会計士と書ける

    アメリカでは、米国公認会計士試験に合格するとライセンスを登録した後、名刺に米国公認会計士と書けるようになります。3年~5年位まじめに業務を遂行すれば、専門知識と経験がつき、それが自信となるので、実力=経験と考えてみることも出来ます。日本では資格を活躍させる場が少ないようですが、将来この資格が活用できる国での就職を希望している場合には、強みになる資格といえるでしょう。

  • 米国公認会計士資格を活かす職業

    現在の日本で、米国公認会計士の資格を活かせる仕事としては主に、クライアントの営業に関わるような、国際税務コンサルタントや、アカウンタント事務所や企業でのアカウンタント担当や、グローバルに活躍する、大手税理士法人事務所など、米国公認会計士の資格と英語力を活かせる、外資系企業や、将来的に海外出向の可能性がある、一部上場日系メーカー、また、英文会計やIFRSに関与できる企業のIFRSチームが多くあげられます。

いろいろな条件から米国公認会計士の求人を絞り込む

米国公認会計士の求人をピックアップ!

求人情報が満載!米国公認会計士の仕事/求人を探せる【タウンワーク】をご覧のみなさま
米国公認会計士のアルバイト[バイト]やパートの求人をお探しなら、リクルートが運営する『タウンワーク』をご利用ください。応募もカンタン、豊富な募集・採用情報を掲載するタウンワークが、みなさまのお仕事探しをサポートします!

こんにちは! ゲスト さん

お知らせ

Internet Explorer9以下は4月30日にサポート対象外となりました。現在お使いの方は、最新のブラウザにアップグレードしてください。

閉じる

新着情報を受け取るには、ブラウザの設定が必要です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 右上のをクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. ページの下にある「詳細設定を表示...」をクリックする
  4. プライバシーの項目にある「コンテンツの設定...」をクリックする
  5. 通知の項目にある「例外の管理...」をクリックする
  6. https://townwork.net/の「ブロック」を「許可」に変更して「完了」をクリックする