アートディレクターのアルバイト/バイト/パートの仕事/求人を探すなら【タウンワーク】

12月8日更新!全国掲載件数646,591

アートディレクターのアルバイト・バイト・パート求人情報

アートディレクターの仕事・求人情報を探すならタウンワーク!勤務地や職種、給与等の様々な条件からバイト、正社員、派遣の求人情報が検索できます。アートディレクターのお仕事探しは採用実績が豊富なタウンワークにお任せください!

エリアからアートディレクターの仕事を探す

都道府県から探す

アートディレクターの仕事を詳しく知ろう

  • デザインのコンセプトを作る

    アートディレクターは広告、装丁などのデザインを計画し実現するまでの総合的なとりまとめを行います。クライアントの意向に沿った全体的なコンセプトを作り、それに沿ってカメラマン、ライター、デザイナーなどのチームをまとめてかたちあるものにしていくことが仕事です。広告代理店、デザイン事務所などが主な活躍の場になりますが、近年、デジタルコンテンツ制作会社でも欠かせない存在になっています。もちろん独立開業する人もいます。

  • センスとリーダーシップが大切

    センスが重要な業務なので、この学歴・資格さえあれば絶対にアートディレクターというものはありません。多くが美大や美術系の専門学校を卒業していますが、他の人とは違う異色の経歴がアピールになることもあります。また、色彩検定、CGクリエイター検定などを持っていると一応履歴書に書くことはできます。それよりも、クセのある表現者集団でもまとめあげるリーダーシップやクライアントとの交渉能力などが大切になってきます。

  • 世の中に表現を発表するよろこび

    マスメディア展開の広告のような大きなものから、たとえポケットティッシュの中の広告であっても、自分が手がけた表現作品が世に出て多くの人の目に触れるというのは、ほかの仕事では得られないよろこびがあるものです。無理難題を通そうとするクライアントと丁々発止のやりとりをし、クセのあるクリエイターたちをまとめあげ作品を作り上げていくことは困難もいろいろとありますが、すべてをクリアした時の達成感はじつに大きなものなのです。

  • オフィスワーク準拠も可能

    フリーのアートディレクターだと仕事の手離れが難しく1日中働いているようなケースもありますが、広告代理店やWeb制作会社のアートディレクターは9:00~18:00などのオフィスワーク通りの勤務時間で働くこともできます。アートディレクターは独立開業することが上がりのような意見もありますが、むしろ会社の一員のままであった方がプライベートとの両立も可能です。服装に関してはきまりはありませんがセンスを見せるポイントなので気をつけたいところです。

いろいろな条件からアートディレクターの求人を絞り込む

アートディレクターの求人をピックアップ!

求人情報が満載!アートディレクターの仕事/求人を探せる【タウンワーク】をご覧のみなさま
アートディレクターのアルバイト[バイト]やパートの求人をお探しなら、リクルートが運営する『タウンワーク』をご利用ください。応募もカンタン、豊富な募集・採用情報を掲載するタウンワークが、みなさまのお仕事探しをサポートします!

こんにちは! ゲスト さん

お知らせ

Internet Explorer9以下は4月30日にサポート対象外となりました。現在お使いの方は、最新のブラウザにアップグレードしてください。

閉じる

新着情報を受け取るには、ブラウザの設定が必要です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 右上のをクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. ページの下にある「詳細設定を表示...」をクリックする
  4. プライバシーの項目にある「コンテンツの設定...」をクリックする
  5. 通知の項目にある「例外の管理...」をクリックする
  6. https://townwork.net/の「ブロック」を「許可」に変更して「完了」をクリックする