社労士のアルバイト/バイト/パートの仕事/求人を探すなら【タウンワーク】

12月5日更新!全国掲載件数660,690

社労士のアルバイト・バイト・パート求人情報

社労士の仕事・求人情報を探すならタウンワーク!勤務地や職種、給与等の様々な条件からバイト、正社員、派遣の求人情報が検索できます。社労士のお仕事探しは採用実績が豊富なタウンワークにお任せください!

エリアから社労士の仕事を探す

都道府県から探す

社労士の仕事を詳しく知ろう

  • 労働に関する書類作成代行

    社労士の仕事は、1号業務と呼ばれる、労働社会保険諸法令に基づいた書類の作成や提出代行、2号業務と呼ばれる、労働社会保険諸法令に基づいた書類の作成や提出代行、3号業務と呼ばれる、人事や労務コンサルティング業務の3つに分かれます。1号業務と2号業務は社労士しかできない仕事で、簡単に説明すると、各種保険の加入や脱退、給付や助成金に関わる業務と就業規則や賃金台帳の作成にあたり、第3号はコンサルタント業務です。

  • 社会福祉士の資格が必須

    社労士は、社会保険労務士の資格を持ってはじめて社労士と呼べますので、まずは年1回行われる試験を受験して合格しなければなりません。また、社労士試験の受験には条件があります。提示された学歴があるか、労務経験があるか、条件を満たすほかの国家資格をもっているかということで、いずれも簡単な条件ではありません。それに加えて合格率はわずか7%となっていますから、実務経験を積んで挑戦してみたいところです。

  • 会社の成長が自分の幸せ

    仕事を依頼してくる多くの会社は、まだ社歴の若い会社が多く見受けられます。この会社を成長させていくというのが社労士のやりがいでしょう。従業員の働く環境を整え、それによって従業員が増えていき、業績があがってくれば、 これ以上にないうれしさにつながるでしょう。また、取引先が紹介で増えていくのも信頼の輪が広がり、仕事をしていてよかったと感じることでしょう。実績と信頼が重なったときにさらなるやりがいを感じることでしょう。

  • 雇用はまだまだ変わっていきます

    社労士として会社勤務の方は平日の日中勤務が基本で、土日は休める環境の人が多いようです。また、オフィス事務ですので、華美になり過ぎない常識的な服装が好まれるでしょう。経験を積んで、独立する社労士の方もいます。どちらの働き方にしても信用が仕事に続くことと、目まぐるしく変わる法律や助成金について、正しく理解し伝えていくフットワークの良さが求められてくるでしょう。

いろいろな条件から社労士の求人を絞り込む

社労士の求人をピックアップ!

リクルートスタッフィングの求人一覧

リクルートスタッフィングの求人一覧

リクルートスタッフィングの求人一覧

KDDIエボルバの求人一覧

求人情報が満載!社労士の仕事/求人を探せる【タウンワーク】をご覧のみなさま
社労士のアルバイト[バイト]やパートの求人をお探しなら、リクルートが運営する『タウンワーク』をご利用ください。応募もカンタン、豊富な募集・採用情報を掲載するタウンワークが、みなさまのお仕事探しをサポートします!

こんにちは! ゲスト さん

お知らせ

Internet Explorer9以下は4月30日にサポート対象外となりました。現在お使いの方は、最新のブラウザにアップグレードしてください。

閉じる

新着情報を受け取るには、ブラウザの設定が必要です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 右上のをクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. ページの下にある「詳細設定を表示...」をクリックする
  4. プライバシーの項目にある「コンテンツの設定...」をクリックする
  5. 通知の項目にある「例外の管理...」をクリックする
  6. https://townwork.net/の「ブロック」を「許可」に変更して「完了」をクリックする