スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年10月23日

【激レアバイト 体験レポート】ニューヒーローが誕生する運命の瞬間に立ち会う! 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」の運営サポート

IMGP2888
毎年いくつものドラマが生まれ、日本プロ野球界の将来を担う若者が誕生してきた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。 今回の激レア“スポーツバイト”では、ドラフト会議の運営をサポート。開場前から終了まで全力で取り組んだバイトメンバーの活躍ぶりを密着レポートする。

リポビタンD オリジナルの特別ユニフォームをまとった、7人のプロ野球好きが激レアバイトに参加!

DSC01010

今回の激レア“スポーツバイト”は、10月22日に行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」の運営をサポートするというもの。野球好きなら見逃せないこのアルバイトには、根っからの野球好き7名が参加した。今までテレビで観てきたドラフト会議に立ち会える、そう考えるだけで胸の高鳴りが抑えきれないバイトメンバー。特に津村奨(たすく)さんは、この経験を自分の学びに結びつけたいと、真剣な想いで参加していた。

DSC01005_加工済
津村さん(写真一番手前)「プレーするのも好きですが、球団経営の裏側に興味があります。子どものころに、プロ野球のチームに手紙を出して質問をしたことも。大学で学んでいるスポーツ経営学の勉強にもなりますし、ぜひこのバイトには参加したかったです。多くのことを吸収しながら、業務を徹底して行いたい」

DSC01015
DSC01020
IMGP2676
バイトメンバーはリポビタンDオリジナルの特別ユニフォームに着替えると、業務スタート! まずは来場したお客様に手渡すお土産品、約1000個の準備に取りかかった。最初はぎこちなさが残っていたが、途中からはメンバー同士で声を掛け合い協力して、1時間ほどでこの業務を完遂した。

本番さながらのリハーサルに参加。「まるでプロ野球の監督になったみたい!」

IMGP2705
DSC01037
その後は、本番前にひと通り「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」のスケジュールをこなす、リハーサルに立ち合った。実際にドラフト会議が行われる会場で照明や音響、会場内のスタッフたちの動線確認など、さまざまなチェックをするとても重要な業務だ。

IMGP2856_加工済
バイトメンバーはこの現場で各球団の監督になりきることに! 「プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD」はテレビで生中継されるため、常にテレビカメラが目の前にあり、張り詰めた空気の中で7人は堂々と入場し、各々テーブルに着いた。

IMGP2785_加工済
IMGP2834
IMGP2821

「第一巡、選択希望選手!」
このアナウンスが流れると、みな大画面モニターに釘付け。そして、自分が座っている席の球団の指名と他球団の指名が重複すると、ステージに上がり抽選を行った。ドラフト交渉権を獲得した人は、本物のアナウンサーからコメントを求められる場面も! そんなシーンでも落ち着いて、「○○君、期待しています。一緒に頑張りましょう!」と、見事なアドリブでコメントを返していた。

約1時間のリハーサルを監督のような堂々とした立ち居振る舞いでこなした7人。無事に終えると、笑顔をあふれさせ、興奮が隠しきれない様子だった。

リポビタンDの商品プロモーションVTR制作もサポート

DSC01090
DSC01087

バイトメンバーの仕事はまだまだ続く。その後は、実際にテレビで放送されるリポビタンD の商品プロモーションVTRの撮影に参加した。このVTRは一般のお客様が楽しむために設置された「リポビタンD ZONE」を紹介するためのもの。バイトメンバーは撮影スタッフの指示に従ってカメラの前に立ち、一生懸命リポビタンD ZONEの宣伝を行った。

一般のお客様をもてなす「リポビタンD ZONE」を全力でバックアップ

DSC01102

ドラフト会議の開場時間がやってきた。それと同時にお客様が来場。バイトメンバーは夢を持って頑張る・挑戦する若者を応援するべく、3年連続で特別協賛をしている大正製薬株式会社の「リポビタンD ZONE」のスタッフとして働くことになった。

DSC01093
DSC01113
IMGP3033
IMGP2989
特に「指名体験フォトコーナー」は、お客様が好きな球団からドラフト指名を受けたシーンを記念撮影できるコーナーで大人気。大勢の方々が行列に並んでいたが、速やかに運営するために2名がサポートした。

IMGP3034
DSC01120

その他のメンバーも担当コーナーを持ち、お客様に声をかけながらアンケートをとったり、オリジナルグッズが当たる抽選会の参加を促したり、それぞれの役割をしっかりと果たしていた。

会場内でお客様の案内業務

IMGP2998
IMGP3002
バイトメンバーはドラフト会議が始まる30分前になると会場内に入り、各ブースに分かれお客様の案内業務を行った。続々とやってくるお客様を丁寧にお迎えし、席へと促していく。席が埋まってくると徐々に会場のボルテージもアップ。本会議場内でドラフト会議の熱気と緊張感を肌で感じた瞬間となった。

ついにドラフト会議本番がスタート!
バイトメンバーたちはドラフト会議で働く一員としての自覚を持ちながら、緊張と興奮の気持ちに包まれたのがわかった。

会議が進行し、各球団の関係者が入場。いよいよ「第一巡、選択希望選手」の発表へ。メンバーたちは熱気に包まれる会場の中で、それぞれの職務を全うしていた。

ドラフト会議をサポートでき、充実感たっぷり。激レアな1日は一生の思い出に。

IMGP2893
第一巡目の選択希望選手の指名が終了し、一時休憩となるタイミングで、バイトメンバーは「リポビタンD ZONE」での業務を再開。先ほどと同じ担当で、着実に仕事をこなしていく。約1時間半が過ぎたところで終了時間に。それとともに、激レアバイトも終了した。

IMGP3052
IMGP3055
控え室に入ってきたバイトメンバーはみな晴れ晴れとし、充実感たっぷりの表情。チームワークも生まれ、おだやかな笑顔で今日の出来事を語り合っていた。そんなメンバーに嬉しいサプライズが。今回の激レアバイトで着用したリポビタンDオリジナルの特別ユニフォーム一式がプレゼントされることに。「うわー!すごく嬉しい」とみんな大喜びだった。

アルバイトが始まる前、一番気合いの入っていた津村さんに今日の感想を伺った。

DSC01187

津村さん「普段経験できないことばかりで、ドラフト会議の運営をサポートできたことは自分にとってプラスになることばかり。スポーツ経営学を学んでいく上で、重要な経験になりました。」

津村さんにとって夢への第一歩となった激レア“スポーツバイト”。いつかドラフト会議の場で彼の姿が見られる日がやってくることを期待したい。

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼

いつでもバナー