スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

バイト初日の挨拶・入社後マナーの記事一覧(51件)

バイト初日から入社後のマナー


バイト初日から入社後のマナー

バイト初日、初顔合わせでの挨拶や自己紹介マナーを例文とともにご紹介。その他、出勤の到着時間や服装など、初出勤での好印象につながる基本をチェックしましょう。

バイト初日の挨拶:現場に着いたら

担当者を呼んでもらう時の挨拶例

バイト先に着いたら、その場の従業員にまず挨拶をし、事前に確認した現場の担当者を呼んでもらいましょう。

「こんにちは。お忙しいところすいません。今日からアルバイトでお世話になる〇〇と申します。××さんと訪ねるように言われているのですが、どちらにいらっしゃいますか?」

担当者との初めての挨拶例

現場の担当者と会ったら、挨拶の後、まず何をしたらよいか、誰の指示を仰げばよいかを確認しましょう。

「はじめまして。今日からアルバイトでお世話になる〇〇と申します。よろしくお願いします。何から始めればよろしいでしょうか。」

バイト初日の自己紹介:仕事仲間への挨拶

挨拶の内容は、はじめましてに加え、簡単な自己紹介、前向きに頑張る姿勢を伝えます。自己紹介の内容は、学生なら「年齢や学年、いつシフトに入ることが多いか、過去のバイト経験など」、パートなら「家族構成、いつシフトに入ることが多いか、過去の仕事経験など」から話すと良いでしょう。

学生の初日自己紹介の例文

「はじめまして。今日{いついつ}からアルバイトに入りました〇〇と申します。大学1年生で初めてのアルバイトですが、早く仕事を覚えて即戦力になれるよう頑張ります。よろしくお願いします。」 「大学1年でシステム工学を専攻しています。週3日程度夕方からのシフトが多くなると思います。」

パート初日の自己紹介の例文

「はじめまして。今日{いついつ}からパートに入りました〇〇と申します。子どもが小学校に上がったのをきっかけにパートを始めることにしました。仕事をするのは久しぶりですが、早く仕事に慣れるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。」

バイト初日の到着時間や振る舞いなど

バイト先への到着時間

特に初日は、余裕をもって就業開始時間の10分前を目安に行くと良いでしょう。まだ担当者が別の仕事をしている場合は、お店の中やバックヤードなどで、都合がつくまで待つことを伝えます。

服装

どんな服装で行くのが良いか、面接や採用の連絡を受けた時に確認しておきます。カジュアルな服装でOKな場合も、面接同様、清潔感のある身なりが無難です

持ち物

こちらも、初出勤前に必要な持ち物は確認しておくこと。特に持ち物の指定がなくても、初めての職場でメモが取れるよう、メモ帳と筆記用具は持っていきましょう。

誰まで挨拶をするか

直接対応してくれる現場担当者、当日いるバイト仲間だけでなく、初めて会う従業員には都度、挨拶をするようにします。LINEで一斉に挨拶を送る場合もあるようです。それでも、その後初めて顔を合わせる際には、一言挨拶をするようにしましょう。

第一印象で大事なことは

笑顔、はきはきした話し方、相手の目を最初にしっかり見ることを意識すると、好印象を与えやすくなります。自分が思うよりワントーン明るく振る舞うと、しっかりした印象を持ってもらいやすいでしょう。

その他のバイトお役立ちノウハウ

バイト初日の挨拶・入社後のマナー の記事一覧