スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

バイト初日から入社後マナーの記事一覧(27件)

バイト初日から入社後のマナー

バイト初日は緊張する。初日から失敗しないよう基本マナーはしっかり押さえたい。何時に行けばいい?服装は?挨拶は?自己紹介もする?などさまざまなマナーを紹介

知っておきたい「バイト初日」のマナー

到着時間
バイト先へは、余裕をもってスタート10分前くらいに着くのが理想。それ以上早く行き過ぎると、担当者が別の仕事をしている可能性があり、すぐ対応できない場合がある。始業時間とは、準備を終えて働き始める時間だと考えて、入る時間を調整すれば間違いない。
服装
バイト初日の印象は良いに越したことはない。面接と同様、清潔感が大切だ。髪の毛は極力まとめ、香水やネイル、アクセサリーも控えめに。面接時は黒髪だったのに、茶髪で初出勤など面接とのギャップの少ないように気を付けよう。
挨拶
バイト先に着いたら、最初に会った人にまず挨拶し、事前に訪ねるように言われていた人の名前を出して所在を聞こう。ちなみに、接客中の人や忙しく働いている人には無理に挨拶はせず、相手の手が空いたときを見計らって声をかけるように。
<バイト先での初日の挨拶例>

「はじめまして(※)。今日からアルバイトでお世話になる○○です。よろしくお願いします」

「○○さんを訪ねるように言われているのですが、どちらにいらっしゃいますか?」

※仕事中の人に声を掛けざるをえないときは「お忙しいところすみません。今日から・・・」と話しかけてみよう。
持ち物
面接時や採用の連絡を受けたときに、持っていくものを確認しておこう。それ以外でもメモ帳と筆記用具は必須。バイト初日はいろいろ覚えることがあるので、メモで残しておけば、後日聞き直すこともなく、スムーズに仕事ができる。
バイト仲間への自己紹介
一通り手続きを終えたら、バイト仲間への挨拶をしよう。店長や上司が紹介の頭出しをしてくれるケースもあるし、個別に初じめて会う方に順々に自分からすることもある。いずれにしてもハキハキと笑顔で良い第一印象を持ってもらうことが大切だ。
<バイト仲間への挨拶・自己紹介例>

「はじめまして。今日からアルバイトでお世話になる○○です。」

「○○の仕事は初めてですが、早く仕事を覚えて即戦力になれるように頑張ります。よろしくお願いします。」