スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

転職|面接の準備・対策の記事一覧(21件)

    

面接対策・準備ガイド~転職編(質問・服装・持ち物・当日マナー)

面接対策・準備ガイド~転職編(質問・服装・持ち物・当日マナー)

中途採用の面接を受ける前に確認しておきたいことは?質問対策、服装、持ち物、面接マナー、面接後のメールなど、事前に準備してから面接に臨みましょう。

【目次】

面接でよく聞かれる質問対策

面接で聞かれる質問には、転職理由、志望動機、職歴、自己PRまで一貫性のある内容であることが大切です。そのためには、応募先企業や職種のことを詳しく調べ、自身のこれまでの経験をどのように活かせるかも整理しておきます。話す内容(ストーリー)が出来上がったら、事前に声に出してスムーズに話せるよう練習しておきましょう。

主な質問項目と、面接全体の流れ
7つの質問と具体的な回答例

面接での服装マナー・話し方や表情

 

面接では、第一印象を左右する服装や身だしなみに気を配る必要があります。スーツやカバン、靴など、当日身につけるものは事前に試着し、サイズや色味が合っているかを確認しておきましょう。また、面接時の姿勢や表情、話し方でも印象は大きく変わります。きちんと確認してから面接に臨むようにしましょう。

面接当日の持ち物

 

面接当日は以下のものを用意しましょう。

       

・求人内容が分かるもの
・履歴書など応募書類の控え
・腕時計
・筆記用具とスケジュール帳

一般的には書類応募(Web応募)と面接までは一定の期間が空きます。応募先と職種がわかるように、Web画面のキャプチャや出力したもの、写したメモなど募集要項を準備しておきましょう。また、履歴書や職務経歴書も自分用の控えを用意し、直前に見直しておくといいでしょう。面接中はスマートフォンを見るのは難しいため、時間がわかるように腕時計を用意しておくと安心です。面接では次回の選考(面接)の日程を聞かれることもあるため、スケジュール帳と筆記用具を持っていくようにしましょう。

当日の受付、到着時間、入退室マナー

 

面接当日は、あまりに早く着きすぎるのもマナー違反です。受付のある大きな会社であれば受付に10分前、店舗などの場合は5分前を目安に着くようにしましょう。受付や店舗に着いたら面接に来たことを伝え、担当者を呼び出してもらいます。

履歴書などの渡し方や、部屋への入り方などの詳しいマナーはこちらから確認しておきましょう。

遅刻や当日辞退の連絡方法

 

面接の当日に欠席や辞退、遅刻をする場合は、電話でもメールでも、面接担当者に確実に伝わる手段で連絡します。

遅刻の場合
遅れることが分かった時点ですぐに連絡を入れましょう。面接直前のことなので、電話で伝えるのが確実です。電車内など電話できない状況の場合は、メールし、電話できる場所に移動してから電話で再度連絡しましょう。
当日に辞退する場合
当日の辞退も、面接担当者に確実に伝わる手段にします。面接時間が迫っている場合は、直接電話しましょう。例えば、午後の面接で午前に連絡できる場合、先にメールし、返信がなければ電話をする、でも良いでしょう。
詳しい文例やトーク例は下記ページで紹介しています。参考にしてみてください。

面接前後のメール・電話マナー

 

面接の日程連絡、内定連絡など、転職活動では応募先企業とメールや電話でやりとりするシーンがあります。

メールのマナー
応募先からメールで連絡が来た場合には、件名は変えずに返信するのがマナーです。文面は、企業名、担当者名、あいさつ文、自分の名前、本題、締めの文章、署名の順で書きます。自分からメールを送る場合は、相手に誰から・何の用件なのかがわかるよう、件名に用件と自分の名前を入れておきましょう。
電話マナー
応募など、電話をかけるときは、聞くことや話すことなどの用件をまとめてからかけましょう。メモにまとめてからかけると安心です。応募先からかかってきたときは、なるべく静かな場所に移動して受けましょう。もし移動中などで話せない場合は「後ほど折り返しいたします」と簡潔に伝え、連絡先と担当者名を聞いておきます。
そのほか、日程調整や内定の連絡など、シーン別の詳しい文例やトーク例は下記を確認しておきましょう。
早速バイトを探してみよう