スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年10月13日

転職理由・退職理由|面接でネガティブにならない伝え方(回答例文あり)

人間関係、給料、物足りない、残業多め…など、ネガティブな理由も多い転職や退職理由。中途採用の面接でそのまま伝えると印象が悪くなる場合があります。体調不良などの仕方のない理由も含め、ポジティブな印象になるよう、伝え方や回答例を紹介します。

面接担当者が「転職理由・退職理由」を聞く理由

退職理由を面接で聞く意図は、「前職と同じ理由で辞める可能性はないか」「任せた仕事を途中で放棄する人ではないか」「仕事をする上で何を大事にしている人なのか」を確認するためです。それにより長く続けてくれそうな自社に適した人材かを判断しようとしているのです。
特に、これまで短期間で転職したことがある人の場合は、同じ理由ですぐに辞めてしまわないかを会社は気にします。また、スピード感を重視するタイプの人が社内調整を重んじる会社に応募してもミスマッチになってしまいます。このように、退職理由は、仕事へのスタンスや姿勢が現れるものなので、ネガティブな印象にならないように気を付ける必要があります。

 

転職理由・退職理由の上手な伝え方

ここでは、転職理由や退職理由がネガティブな印象にならないよう、上手に伝える方法を解説していきます。

嘘の理由を作り上げない

転職しようと思った理由が人間関係や給与、残業など待遇への不満など、ネガティブな理由であっても、嘘の理由を作り上げるのは止めましょう。退職理由がネガティブな場合は、ポジティブに言い換えて伝えるようにします。
ネガティブな印象を与えやすいのは、人間関係、給与や残業など待遇、会社の将来性など前の会社への不満や悪口になるものです。
もし退職理由がこれらの場合は、「本来自分が望んでいた仕事内容や環境はこうだったが、それがこれらの理由により叶わなかった」というように、前向きさを合わせて伝えるとポジティブな印象になります。

言いづらい理由は状況説明に止める

給与の低さや会社の将来性など、言いづらい理由の場合は、その時の状況説明と、それに対してどのような行動をとったかを伝えるに止めましょう。不満や愚痴、悪口に聞こえるような感情は出さず、改善しようと努力した内容を簡潔に話すのがポイントです。

前向きな姿勢を志望動機につなげる

これらを踏まえて、自身が今後どうなりたいのか、どのような環境を求めているのかを前向きに伝えましょう。ここで伝える「今後どうなりたいか」は、応募先企業でやりたいことでもあるはずです。志望動機とつながるような伝え方にすると一貫性のあるものになるでしょう。

 

転職理由・退職理由のポジティブな言い換え回答例文

なぜ退職したのか、その理由が仕事上どのような影響があったのかまで落とし込んで考えてみると、自分が仕事や会社に求めているもの=「ポジティブな志望理由」が見えてきます。以下の例を参考に、あなたの退職理由をポジティブに言い換えてみましょう。

人間関係のストレスが理由の場合

<回答例>
「前職では個人の業績が重視されており、チームで協力して成果をあげる風土がありませんでした。私は学生時代にバレーボールをやっていたこともあり、チーム一丸となって目標を達成することに喜びややりがいを感じるタイプなのだと改めて気がつきました。御社ではチームワークが重視され、協調性のある人材を求めていると募集要項で拝見しています。この会社なら、自分の強みをもっと発揮し、貢献できると考え転職を決意しました」
<回答例>
「今の職場では、6名1チームで書類作成や経費精算などの事務業務を協力して進めており、一通りの業務をできるようになりました。ゆくゆくは学生時代に勉強した簿記も活かして、会計の経験を積みたいのですが、経験のある社員がいるため、現職では異動するチャンスがありません。そこで未経験でも会計を募集している御社に応募しました」

いじめを受けた、パワハラを受けた、職場の雰囲気が悪かったなど、「人間関係」が原因で転職活動や退職する人は少なくありません。しかし、そのまま伝えると「コミュニケーション能力が低い」「ストレス耐性が低い」印象を持たれることもあるかもしれません。その場合、転職理由は「より良い人間関係の職場を求めて」「仕事の幅を広げたいので」と言い換えることができます。例文のように「チームワーク」「協調性」「仕事のチャンスがほしい」などのキーワードを使って、最後は、志望理由に変えて伝えましょう。

給料など待遇の場合

<回答例>
「今の営業では、3年間で2回、前年比120%の目標達成をしました。ただ、年功序列で給与が決まるため、年収はほとんど変わりませんでした。私は新卒の就職活動の際、やりがいを重視し、待遇面についてはあまり深く考えていませんでしたが、年齢を問わず成果を重視する御社の経営方針を知って、その理念にとても感銘を受けました。そして、そういう環境でもっと自分の力を伸ばしてみたくなったのです」

給与制度は、会社によって異なります。年齢や年次を重視する会社もあれば、成果を重視する会社もあり、給与制度には、その会社の経営方針や企業理念が反映されています。ただ単に「給料が安いので転職したい」ではネガティブな印象を与えるかもしれませんが、「成果を重視する企業理念に共感した」「評価制度のある会社でもっと成長したい」、あるいは「難しい仕事にもチャレンジしたい」といった説明により、仕事に対する前向きな意欲が伝わり、ポジティブな印象を与えることができます。

シフトや労働時間や残業など環境の場合

<回答例>
「シフト制のドライバーを5年間続けてきました。車を運転する仕事にはやりがいを感じており、今後も長く続けていきたいと考えています。ただ、子どもが成長するとともに勤務時間について考えるようになりました。妻がパートに出るようになり、帰宅が遅くなる日もあります。今の自分には、時間が不規則なシフト制より、勤務時間が決まっているルート配送ドライバーのほうが安心して仕事に打ち込めると考え、転職を決意しました」
<回答例>
「前職の家電量販店はシフト制の勤務でしたが、忙しい時はシフト通りに勤務終了することが難しく残業となっていました。上司とも相談しましたが改善されず、退職を決意した次第です。御社は労働環境の改善を積極的に行っているということを拝見し、店舗でのスタッフも生き生きとした接客をされているのが印象的でした。ぜひ私も仕事に集中できるよう生活を整え、御社の利益に貢献していきたいと思っております」

労働時間や残業量、給料、通勤時間などに不満があるが、ストレートに言えない。そんな場合には、前職の不満を述べるのでなく、生活環境の変化を転職理由として伝える方法があります。子どもが生まれた、妻や夫の生活が変化した、収入を増やす必要が出てきた、転居した…など、やむを得ない転職・退職理由はネガティブな印象を与えません。応募先の仕事に対する熱意も示し、志望意欲を力強くアピールしましょう。

体調不良が理由の場合

<回答例>
「体調不良が原因で、前職を短期間で退職しました。仕事に打ち込むあまり、体調管理がしきれていませんでした。この件で改めて、健康や体調管理の大切さに気づきました。今は医師から完治したと言われており、問題なく仕事に取り組めます。今後も体調管理には十分注意し、仕事に打ち込んでいきたいと考えています」

退職理由が体調不良だった場合は、そのまま伝えても問題ありません。ただし応募先に不安を与えないように今は回復していること、医師の確認を受けていることを併せて伝えるといいでしょう。体調不良の原因が前職の労働環境にあったとしても、そのまま伝えると、前職への批判的な発言はネガティブな印象を与えかねません。自身の体調管理について反省を述べ、健康や体調に対する意識が高まったことを伝えましょう。

会社都合で退職せざるをえなかった場合

<回答例>
「勤めていた事業所が閉鎖され、退職することになりました。私自身は営業目標を達成していたのですが、会社の業績が悪化したことが原因でした。今回の件を通じて学んだことは、人材育成の重要性です。若手の営業力をもっと高めることができていたら、会社全体の売上も上がり、業務縮小という結果にはならなかったと思います。御社は教育制度に力を入れていると伺っています。私自身の営業力はもちろん、人材育成のスキルも高め、御社の利益に貢献していきたいです」

業務縮小などによって自分の意思に反して退職や契約終了をした場合は、やむを得ない退職理由と言えるでしょう。会社都合の退職は、そのまま伝えても問題はありません。その職場で学んだこと、今後のキャリアビジョン、応募先の企業にどのように貢献できるかなどを伝えて、退職理由よりも志望理由が印象に残るように力強い自己PRをしましょう。

仕事が物足りない場合

<回答例>
「英語を使う仕事をしたいと考え、転職を考えるようになりました。今は経理として給与計算や経費精算、請求書の作成などを行なっています。その一方、学生時代に海外留学の経験があり、国際交流に関わる仕事に興味があったので、プライベートで英語の勉強もしていました。経理として身につけたスキルと、語学や海外留学の経験を活かした仕事をしたいと考え、貿易事務の仕事を志望しました。生涯の仕事として高い専門性を身につけ、御社の発展に貢献したいと考えています」

仕事が物足りない、もっと面白い仕事をしたい。これは一見ポジティブな転職理由のようですが、「何を物足りないと感じ、それを得ることで次の会社でどう貢献していきたいのか」をしっかり伝えないと、「物足りないだけでまた退職するのでは」という懸念を抱かせてしまう事があります。
面接では、現職や前職の不満という「過去」ではなく、志望先の企業に転職したいと考えた「未来」について熱意をこめて伝え、ポジティブな理由の転職という印象を与えるように意識しましょう。

短期間で辞めてしまった場合

<回答例>
「前職のレストランは店長補佐として入社いたしました。当初○○店での勤務と聞いていたのですが、近隣の3店舗を行き来し、メンバーのマネジメントも担当することになりました。私はひとつの店舗でじっくりメンバーやお客さまに向き合いたいと考えており、その旨を本部にも掛け合いましたが、状況は変わることがなく、やむなく退職を決意いたしました。御社は店舗ごとのカラーを大切にしていて、スタッフの雰囲気もとてもいいと感じます。私もその店舗のやり方にじっくり向き合い、ゆくゆくはスタッフの育成にも大きく関わっていきたいと思っております」

短期間で辞めた仕事がある人の場合、面接担当者が気にするのは、「うちでもすぐ辞めてしまうのではないか?」ということです。短期間で仕事を辞める理由としては、入社後の勤務条件のミスマッチや仕事内容のミスマッチ、会社の社風のミスマッチなどが挙げられると思いますが、そこは正直に伝えつつ、「仕方なく退職を決断したが、本当は長く勤めたいと考えている」ということを伝えましょう。また、その経験を踏まえ、より自分のやりたいことや労働条件などを明確にしたことを話し、「長く続けられるよう深く考え慎重に選んでいる」ということが伝わるようにしましょう。

転職回数が多い人の面接対策|退職理由・志望動機・自己PRの回答例

会社の将来性に不安を感じたため

<回答例>
「今の会社は1年前に経営者が変わり、それまでは若手社員の意見もきちんと吸い上げてもらえる風土がありましたが、現在の社長は大変ご自身の理想が強く、以前のように意見を言える空気はなく、このままでは自分のやりたいことを実現するのは難しいと感じました。御社は、年齢に関係なく社員一丸でアイデアを出し合ってさまざまなサービスを展開している企業と拝見しました。御社のような会社で私も新たなことにチャレンジしていきたいと思い退職を決意しました」

会社の将来性への不安は、悪口にならないよう特に言葉に気を付けながら状況などの事実を伝えましょう。社長の方針や業績への不安は、自身の望む社風ややりたいことに言い換えて、応募先企業で実現したいということを合わせて伝えます。その際に、この不安要素が応募先企業に当てはまらないことをきちんと確認しておくのがポイントです。

家庭の事情により退職した場合

<回答例>
「前職は不動産会社の営業担当として働いていましたが、半年前に母親が腰を痛めてリハビリが必要となり、病院への送迎や家事を行うため退職いたしました。数か月間のリハビリの結果、母は現在日常生活が送れるまでに回復しております。御社の賃貸カウンター業務は前職での不動産の知識を生かして頑張りたいと思っております」

退職の理由が、育児や介護など、家族の世話のためであったことも、隠さずそのまま伝えましょう。ただし、応募先に「同じ理由で辞めてしまうのでは?」と不安に思われないよう、改善した、または改善する予定など現状と、勤務時間などの希望があれば正直に伝えておきます。その上で、頑張りたいという意欲も合わせて伝えるといいでしょう。

※更新履歴
2019年9月18日公開
2021年10月13日最終更新

早速バイトを探してみよう