スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年09月18日

面接の最後に聞かれる【逆質問】の好印象な答え方とNG質問(例文あり)


転職の面接で「最後に何か質問はありますか?」(通称「逆質問」)と聞かれた場合、どう答えたらいいでしょうか?ここでは、採用担当者が逆質問をする理由や、聞く内容、回答例や注意点を紹介します。

なぜ?採用担当者が「逆質問」をする理由

労働条件や社風などの疑問を解消し、安心して入社してもらうため

企業は、採用した人には長く働いてもらいたいと思っています。そのためには、労働条件や待遇面でのミスマッチが無いよう応募者の不安や疑問を解消しておく必要があります。気になることは疑問を残さないように、ここで聞いておきましょう。

応募意欲をはかるため

採用担当者によっては、応募者の志望意欲をはかるために聞くこともあります。志望意欲の高い人ほど、事前に企業ホームページや募集要項を読み込んでいて、面接で話さなかったことを積極的に質問すると考えています。逆質問を通じて応募者の本気度を確認している場合があります。

自社のどこに興味を持っているのかを知るため

逆質問の内容によっては、応募者が自社のどこに興味を持っているのかを知ることができます。労働条件、職場環境、同僚の雰囲気、キャリアステップなのかなど、応募者の重視箇所を知ることで、採用担当者は、自社の仕事や社風に合った人物かを確認することができます。

逆質問の仕方・聞き方

「残業の有無」「有給取得率」を確認したい

「皆さん、何時くらいに帰っていますか」
「有給などは皆さん、どうされていますか」

残業の有無や有給取得率は確認しておきたい大事な要素です。「残業はありますか?」「有給はとれますか?」とストレートに聞くよりも、職場の皆さんはどうされてますか?という聞き方にするといいでしょう。

「シフトの決め方」を確認したい

「入社後のイメージをつかんでおきたいと考えています。勤務時間やシフトの決め方について教えてください」

勤務時間やシフトの把握は、働く上でとても大切です。職種によっては、早番、遅番、夜勤などがあり、生活が不規則になる場合もあります。仕事と生活を両立させるためにも、しっかりと確認しておきましょう。

「同僚の雰囲気」「どんな人がいるか」を確認したい

「(自分が募集する)職場のチームは何名くらいですか?」
「社員の方々の年齢層や男女比を教えていただけますか?」

入社してから「会社の雰囲気が合わない」といった悩みを抱えなくても済むように、同僚の雰囲気についても聞いておきましょう。「自分と同じくらいの年齢や経験、家族関係の人がいるか」という確かめ方でも良いでしょう。

「社風」を確認する

「もし入社することができれば、早くみなさんと親しくなりたいと考えています。お昼や飲み会などを皆さんで行くことはありますか?」

お昼のランチや飲み会などの様子は、社風を具体的にイメージする一つの要素。早く職場に溶け込みたいと伝えることで、仕事に無関係なことを聞いているわけではなく、入社意欲が高いことも示しましょう。

「キャリアステップ」を確認する

「ゆくゆくは、リーダーやマネージャーなど、より責任ある仕事をしたいと考えています。キャリアステップについて詳しく教えていただけますか?」

自身のキャリアビジョンを明確にするためにも、キャリアステップについて聞いておくことは大切です。評価制度や昇進制度、昇給制度などについても確認しておくと、入社後のキャリアプランがより明確にできます。

「自分の持っている資格を活かせるか」を確認する

「宅建の資格を取得しております、今回募集のカウンター業務で活かすことはできますでしょうか?」

資格を持っている場合は、最後の質問で応募先の仕事に活かせるかどうかを確認しておきましょう。活かせる場合は、自己アピールにもなり、面接担当者にプラスの印象を与えることもできます。

逆質問するときの注意点とNG例

求人情報やホームページに書いてあることを質問する

求人情報やホームページを見ればすぐにわかるようなことばかり質問すると「この応募者は何も調べずに応募したのかな」という印象を与え、志望意欲が低いと判断されてしまいます。基本的な情報は、事前にきちんと調べておきましょう。

面接担当者がすでに説明したことを繰り返して質問する

その日の面接ですでに説明された話を繰り返して質問すると「この応募者は話を聞いていなかったのかな」とネガティブな印象を与えてしまいます。質問したいことがある場合は「もう少し詳しく聞かせてください」などと補足したほうがいいでしょう。

間違えて別の会社のことを質問する

応募先のことを詳しく調べず、別の会社の商品やサービスについて質問すると、その会社に失礼なだけではなく、志望意欲が低いと判断されてしまいます。マイナスの評価をされないように十分注意しましょう。

待遇のことだけ質問する

給与や賞与、残業、休日、有給などの待遇について確認するのは大事なことですが、そればかり質問していると、「待遇しか興味がないのか」とマイナス印象になる可能性があります。質問は、すべてを聞くのではなく1つ2つに絞り、時間のメリハリをつけて仕事に集中したいなど、前向きな理由を織り交ぜるなど、質問の仕方には注意しましょう。

「残業あります」という説明に対して、「そうですか、わかりました」と黙る

残業について確認するのも大事なことですが、「ある」と言われて黙り込んでしまうと面接担当者は「不満なのかな?」と感じるかもしれません。「そうですか。みなさん頑張ってらっしゃるんですね」など、理解したことがわかるあいづちにするようにしましょう。

逆質問をしないと落ちるのか?

面接でのやりとりで、疑問がすべて解消でき、伝えたい事も伝えきれていれば、無理に質問しなくても問題はありません。聞くことがない場合は「お聞きしたい事は聞けました。ありがとうございます」と答え、最後に一言お礼を添えましょう。

早速バイトを探してみよう