スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年09月18日

面接での職務経歴の説明│どう話す?多い場合は?何分?(例文・サンプルあり)


転職の面接でよく聞かれる「職務経歴」。面接では、履歴書や職務経歴書に書いてあることを繰り返し読むのではなく、1エピソードを足して上手にアピールしていきましょう。

採用後に活かせる経験やスキル、仕事の姿勢をアピール

職務経歴の説明は、学校卒業後から現職まで一通り「何をしてきた人か」は伝えますが、すべての転職先、部署異動を細かく話すことが目的の質問ではありません。
面接担当者が職務経歴について聞く理由は、応募者が自社で活躍できそうな人物かどうかを確認するためです。転職回数や部署間の異動が多く職歴の多い人は、募集職種に関連性の低い職種や部署は、適宜省略し、応募先で活かせる仕事内容、数字などの実績と合わせて、どのように活かせるかも伝えましょう。面接担当者が「もっと話を聞きたい」と思うようなエピソードや実績を簡潔に盛り込むのがポイントです。

<多い職歴を省略する例>
「学校を卒業後、ファミレスやイタリアンレストランなど飲食業界のホールを経験し、今の会社は3年前に転職しました。(応募先に関係する仕事経験を具体的に話すのはここから)」

アピールしたい職務経歴で伝える事

募集内容と類似した職種や資格を選んで話すことが大切です。たとえば営業職に応募する場合、営業経験がある場合はそちらを、未経験でも飲食・販売・接客などの経験があれば、「商品やサービスを売る」「お客様と接する」といった共通点を見つけ、応募職種に活かせる部分をアピールするようにしましょう。特に伝えたい職歴を決めたら、下の項目に分けて書き出します。すべて埋めることよりも「どんな仕事の進め方をする人なのか」「何が出来る人なのか」を相手に伝えるだけの要素があることが大切です。

・具体的な仕事内容(規模や難易度もあれば)
・組織の中での自分の役割
・成果や身についた能力(数字があればベスト)
・成果を出すために心がけていたこと

話す時間は1分程度を目安に

話す長さは、1分程度、文字数の目安は250文字程度で考えておくといいでしょう。

アピールする事が思い浮かばない人は、今までの仕事を細かく分解してみる

同じ職種での経験がない場合、今までの仕事を作業単位に切り分けて振り返ると、その組織での自分の役割や使っている能力が整理され、アピールできる経験が見つけやすくなります。

事務職と販売職の共通点の例
事務職は、作業面では「書類作成などでのPC操作・電話やメール応対」、役割は「周囲のサポートによる円滑な立ち回り」、必要な能力は「PCスキル・察する力・コミュニケーション能力」と分解できます。
販売職なら、作業面は「接客・会計・品出し・在庫管理・発注」、役割は「お客様に良いものを提案する、売上の上がる商品管理」、必要な能力は「お客様ニーズを察する力・好感のあるコミュニケーション能力」となります。結果、一見共通点のなさそうな事務職と販売職でも、「察する力・コミュニケーション能力が必要な仕事」という共通点が見えてきます。

このように、作業や役割、必要な能力で分解していくと、実作業以外にも人と接する、周囲に協力する、期限・時間・ルールを守る、提案する、計画する、目標を達成する、コツコツ努力する、最後までやり抜くなど、必ず何か共通点が見つかります。面接では、その共通点を応募先に貢献できる職歴としてアピールすることができます。

職種別の回答例

販売職から営業職に転職する場合

<回答例>
「携帯電話の販売スタッフを3年間経験してきました。地域に密着した店舗のため、リピーターを増やすことが大切だと考え、お客様への丁寧な対応を心がけました。お話しできたお客様には名刺を渡ししたり、DMを送ったり顧客との関係性づくりに力を入れました。そのおかげで、2年連続個人売上の目標を達成し、今期からは売り場チーフを任されています。現在はスタッフ5名のマネジメントとフロアレイアウト、売上や予算管理なども行っています。丁寧な顧客対応と目標に対する責任感は御社の売り上げにも貢献できると思っています」

販売スタッフと営業職は、提供する商品は違っていても、「お客様に良いものを提供する」という共通点があります。例文のように、お客様への丁寧な対応や関係性づくりは営業へも活かせる部分です。異業種に転職するときは、職務経歴から共通点や類似した要素を見つけ、できること・やりたいことを力強くアピールしましょう。

飲食店スタッフから事務スタッフに転職する場合

<回答例>
「私はコーヒーショップでチーフを3年間務めています。スタッフ15名のシフト作成・勤怠管理のほか、売上・客単価・人件費などはエクセルで管理し、本社への報告はワードで作成していました。また、店内に掲示するメニューやキャンペーンのチラシなども作成し、本社から「お客様に伝わりやすく売上に貢献している」と評価されました。事務職は初めてですが、PCのスキルは身についています。几帳面な性格で、細かいチェックも得意です。接客業で身につけた臨機応変な対応力やコミュニケーションスキルも御社で活かせると考えています」

事務職では、書類作成やデータ入力などに必要なPCスキル、数字やデータなどのミスをしない正確さや緻密さが求められます。異業種から転職する場合は、事務職にも必要なスキルや経験をピックアップしてアピールするといいでしょう。具体的に伝えることで、応募先の企業で活躍できる人材であることをアピールしましょう。

早速バイトを探してみよう