スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月05日

【当日&事前編】バイトを休む理由や言い訳とその伝え方を知ろう!

バイトを休む理由や言い訳とその伝え方を知ろう!当日&事前編

バイト先に休みの連絡をする場合、その理由や言い訳をどう伝えるかお悩みではないだろうか。

当日欠勤は、代わりの人を探すのも大変になりバイト先に迷惑がかかるため、本来は事前連絡が大切だ。しかし、どうしても休む連絡をする必要に迫られた時のために、バイトを休む理由の伝え方を紹介する。

バイトを休む理由や言い訳を伝える:当日編

バイト先に連絡するときの基本マナー

・遅刻や休む理由や言い訳は、基本は正直に言う
・まずは連絡:電車を一本見送っても電話で連絡
・必ず電話で連絡:メールやLINEは基本NG
・連絡先は一緒に働く仕事の上司に(登録制バイトの場合は、登録会社の担当者のこともある)

当日急に休む場合は、どのような理由であれ、バイトが無理だと判断した時点ですぐに連絡しよう。

今忙しいのでは、と遠慮をして連絡を遅らせてはいけない。また、連絡時に「ちょっと」や「少し」などの言葉はなるべく使わないよう注意。

例えば、「ちょっとお腹が痛いので今日は休ませてください。」と「お腹が痛いので今日は休ませてください。」とを比べてみるとわかりやすいが、「ちょっとぐらいなら出勤してほしい」と思われる可能性もあるからだ。

【トーク例】

共通の出だし:「アルバイトの○○です。本日(シフト名など)の予定ですが、」

・体調不良や天災・交通障害などの場合
「(症状や天災の内容)のため出勤できそうにありません。」
 ※どんな症状でも正直に。

・身内のアクシデントの場合
「(アクシデント内容)のため私が付き添う必要があります。」

・ダブルブッキングの場合
「私のスケジューリングミスで(優先したい予定)に行かなくてはなりません。」
 ※遊びの予定はNG。

共通の締め:「大変申し訳ありませんが、本日休ませて頂けませんでしょうか?」

バイトを休む理由や言い訳を伝える:事前編

休む理由や言い訳の事前連絡は、可能な限りシフト作成前にする。やむなくシフト作成後に伝える場合は、休む理由が発生した時点で、バイト先が落ち着いている時間に連絡しよう。

【トーク例】

共通の出だし:「アルバイトの○○です。すでにシフトが入っていますが、」

・テスト期間や帰省など数日間の予定の場合
「○日から○日までの間、(テスト期間や帰省などの理由)のため出勤できません。」

・一日単位の予定の場合
「○日は(予定内容)のため出勤できそうにありません。」
 ※遊びの予定はNG。

共通の締め:「大変申し訳ありませんが、(休む日や期間)は休ませて頂けませんでしょうか?」

就活時の注意事項

就活は、不定期の活動になるため急な予定が入る事も多くなる。就活が始まる前には、就活中のバイトについて、バイト先と一度は相談してみるのがベター。

仕事が決まるまでバイトを休むか、突発的に面接が入るたび休みの連絡を入れる事について了承を得るか、大まかな方針を決めて合意を取っておきたい。

面接の入りやすい時間帯を避けたシフトを組んでもらうのも良いだろう。バイト先と良好な関係を保つためにぜひ相談を。

日頃の行動を大切に

バイトを休むと、基本的にはバイト先に迷惑をかける。できる限り相手の立場を考え、TPOに応じた伝え方を意識しよう。

また、バイト先での普段の勤務態度によっても、休みの連絡を受けた時の心証は大きく変わる。欠員の穴埋めを頼まれたら快く引き受けるなど、普段からバイト先へ協力する気持ちも忘れないでおきたい。