スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年11月29日

【年末年始にバイトを休みたい人必見】帰省&旅行で長期休暇を取る場合の上手な伝え方

長期休暇
もうすぐ待ちに待った年末年始。帰省したり、旅行に行ったりと予定がある人もいると思いますが、長期休暇を取りたいとき、バイト先にどう伝えればいいの?

そこで、伝えるタイミングや伝え方、アフターフォローなど、バイト先も快くOKをくれるような方法を紹介します。

タイミングは?

休みたい日程が決まったら1日でも早く報告

年末年始に休みをとりたいのはアナタだけじゃない! この時期は長期休暇申請が重なる可能性が高いので、早めに伝えることが大切です。
ギリギリに伝えるとバイト先でシフトを組むのに支障がでるだけでなく、アナタの代わりに他のスタッフが出なくてはいけないなどバイト仲間に迷惑がかかるかもしれません。

とはいえ「12月後半ぐらい」などざっくりとした日程では困るので、はっきりと「○月○日から○月○日まで」と日にちが決まり次第、すぐにバイト先へ伝えましょう。
できたらシフトを組む前など、休みをとりたい1ヵ月ぐらい前から伝えるのがベターですよ。

伝え方は?

休みたい理由と期日をはっきり伝えるだけでなく、気遣いの言葉もプラス

バイト責任者に期日だけでなく、休暇の理由もはっきり伝えるようにしましょう。伝えにくいからといって「親戚が病気で…」など適当なウソをつくと、のちのち問題になることもあるので正直に言うこと。

休みを取るのは決して悪いことではありませんが、アナタが長期休暇を取っている間、誰かがその分、働かないといけないのは事実。
その思いをこめて「勝手を言って申し訳ないですが、○月○日から○月○日まで帰省のためお休みをいただいてもよろしいでしょうか」など、要件の前後に気遣いの言葉をつけるだけでも、バイト責任者からの印象は変わるもの。
「休暇をとって当たり前」という感覚で伝えると、イメージダウンになる場合もあるので注意!

アフターフォローは?

他の人が休暇希望の場合、シフトを代わったり、「ありがとう」の気持ちを伝えること
3d man cloth banner thank you
実は、長期休暇から帰ってきたときの行動こそが大切。これによって、バイト先でのアナタの評価が決まるといっても過言ではありません!

自分がいなかったときに、代わりにシフトに入ってくれた人を確認して「ありがとう」とお礼を伝えたり、他のバイト仲間が休暇とりたいときは率先してシフトを代わってあげるなど“お互い様”の気持ちをもつこと。

休暇明けのバイトの日には、バイト責任者に「ありがとうございました」の言葉を伝えることも忘れないようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
年末年始に向けてバイト先も忙しくなるシーズンです。長期休暇を取りたい人は1日でも早く伝えて、迷惑をかけずにスムーズに休みがとれるようにしましょう。

取材・文:中屋麻依子