スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年10月07日

【激レア 体験レポ】日光東照宮400年の歴史で初!横綱奉納土俵入りをサポート!

変換 ~ 1
今回、激レアバイトで初めて“相撲バイト”が実施された。その内容は10月7日に開催された日光東照宮400年式年大祭記念行事で、初めて行われた横綱奉納土俵入りの運営をサポートするというもの。記念すべき式典で活躍したバイト2名の頑張りを密着する。

相撲大好きな2名のバイトが参加。厳格な雰囲気に緊張しきり

  
変換 ~ 2
10月7日、日光東照宮400年の歴史の中で初めて執り行われた横綱奉納土俵入り。その歴史的な神事を見ようと集まった観客は約2,000人。それほど注目を集めた行事の運営アシスタントを行ったのは、20代の女性2名。

1人は大学3年生の木原すみれさん(写真左)。
木原さん「最近、大相撲にハマる女性“スー女”のことがメディアで取り上げられ、私も相撲に興味を持ち始めました。まだ知識は浅いですが、“相撲を知りたい!”という気持ちは負けません。横綱を間近で見て、その素晴らしさを体感したいです」

もう1人は自らを“スー女”と公言する下村貴子さん(写真右)。
下村さん「2~3年前から相撲ファンになり、国技館の売店でアルバイトをしたことがあります。今回も相撲に関する仕事を探していて、偶然発見しました。普段の取り組みとは違った厳格な行事なので緊張感もありますが、精一杯サポートしたいです」

変換 ~ 3
相撲バイトに意欲満々の2人は、まず運営スタッフとの打ち合わせに参加。東照宮で初めて行う行事のため、かなりの緊張感だった。バイトメンバーも大切なイベントだと改めて自覚し、気を引き締めて会場へと向かった。

会場設営から来場客のアテンドまで。土俵入り前の準備で大忙し!

 
変換 ~ 4
土俵入りが行われるのは東照宮五重塔前。秋晴れのこの日、朝から観光客がいる中、2人が最初に行った作業は会場の設営だ。事務所から折りたたみ椅子を運び、来賓客用の座席を整えていく。

変換 ~ 5
一つひとつがまっすぐになるよう慎重に並べ、座席が汚れていれば拭き取るなど、細かな心配りをしながら行っていった。

変換 ~ 6
順調に会場設営を終えると、続いて来賓客の座席案内を行った。受付の方と連携を図りながら、2人は土俵入りを楽しみにしてきたお客様を笑顔で迎え、テキパキと誘導。

変換 ~ 7
なんと、運営スタッフからも頼りにされるほどの働きぶりだった。

厳かに行われた横綱土俵入り。業務をしながら間近で観覧!

   
変換 ~ 8
変換 ~ 9
来賓客もみな着席し準備が整った会場で、14時より厳かに横綱土俵入りが執り行われた。

変換 ~ 10
今回、土俵入りを行ったのは9月場所を制した横綱鶴竜(かくりゅう)。太刀持ちを関脇栃煌山(とちおうざん)、露払いを小結栃ノ心(とちのしん)が務めた。

変換 ~ 11
その瞬間をバイトメンバーは、前に押し出てくる一般の来場客を制止する役目を担いながら、一番前の特等席で観覧。特に相撲好きの下村さんは感動した様子で「迫力があってすごかったですね。素晴らしかったです」と、興奮ぎみに話していた。

土俵入り後も仕事は続く。大相撲横綱懇親パーティーもサポート!

  
変換 ~ 12
土俵入りの業務を無事に終えたバイトメンバーが次に行ったのは、大相撲横綱懇親パーティーの運営アシスタントだ。

変換 ~ 13
会場となる東照宮晃陽苑に移動し、運営スタッフとともに、来賓客へ手渡すお土産品の準備などを着々と進めていった。

変換 ~ 14
準備が整ったところで懇親パーティーは幕を開けた。横綱を中心に和やかに進むパーティー。

変換 ~ 15
その会場でバイトメンバーが担った役割は、横綱が会場を出入りするときの扉係で、横綱の邪魔にならず、ちょうど良いタイミングを見計らって扉を開閉。それと同時に、土俵入りとは違った表情を至近距離で見られる良い機会にも恵まれた。

17時のパーティー終了と共に、バイトメンバーの業務も完了。すべての仕事を終えた2人に、今回の“相撲バイト”について伺った。

木内さん「今回イベントスタッフとして働き、こういう現場では自分で考え、臨機応変に立ち振る舞うことが必要だと実感。下野新聞の方々と働くことができて、マスコミ関係の仕事にとても興味を持ちました。私の未来が見えた、記念すべき日になったかもしれません」

下村さん「日光東照宮という場はやはり神妙な場所で、イベントの時の気配りの仕方がすごい、常に緊張しっぱなしでした。相撲が好きだったので激レアバイトに参加しましたが、興味を持って行動を起こさなければ出来なかったこと。今後もチャレンジ精神で何事も取り組んでいきたいです」

激レアバイトがきっかけとなり、彼女たちは明るい未来へと歩き出した。

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼

いつでもバナー