スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年01月15日

【激レア 体験レポ】キングオブコント2015優勝!コロコロチキチキペッパーズの単独ライブをサポート!

001
今回の激レア“お笑いバイト”は、キングオブコント2015で見事キングの座に輝いた人気急上昇中のお笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」の単独ライブのステージをサポートするというもの。
今最も注目されているお笑いコンビ「コロチキ」に密着しながら、舞台裏の顔まで見られるという今回の激レアお笑いバイトは「やっべぇぞ!」。

武器は「お笑いが大好き」という気持ちだけ! いざ、よしもと漫才劇場へ!

01_002
コロコロチキチキペッパーズ、通称「コロチキ」は、坊主頭で美声という強烈なキャラクターのナダルさんと、ネタ原案作りとツッコミ担当の西野創人さんによるお笑いコンビ。
キングオブコント2015優勝という快挙をひっさげ、よしもと漫才劇場での今回の単独ライブチケットはすでに完売! 急きょ同日に追加公演を決定したほどの売れっ子ぶりだ。

この晴れ舞台をサポートするのは、お笑い大好きという三浪瞭さんと太田晴香さん。

01_003
三浪さん「よしもと漫才劇場には何度も足を運んだことがあり、キングオブコントも2回戦から観覧していました。お笑いが大好きなんです!そして芸人さんへの尊敬の気持ちは誰にも負けないつもりです。今回は舞台制作の裏側を実際に学べる貴重な場。真剣に取り組みます!」

太田さん「先日、人気TV番組のスタジオ観覧に当選して東京に行ってきたばかり。今回もこの激レアバイトに選ばれて夢のようです。でもよく考えると私はただのミーハーファンにすぎなくて。裏方のお仕事が務まるのか、とても不安で緊張しています。とにかく精一杯頑張ります!」

舞台用語に困惑? そしてコロチキさんと対面!

004
廊下の奥、パーテーションで仕切られた仮設の打ち合わせスペースに通され、舞台制作スタッフさんに台本を手渡される。

「このコーナー終わりで暗転するのでカミから丸イスをイタツイテください」

いきなり舞台用語が出てきて理解不能!すかさずスタッフさんが解説してくれる。

005
「カミとは上手(かみて)のことで客席から見て舞台の右側のこと。板付(いたつき)は舞台が明るくなった時に舞台にいることです。つまり、暗転中に上手から丸イスを出してセッティングしてください、という意味なんです」

そのほかにも台本には舞台用語がいくつも。都度、解説してもらう。

「リハまで台本を読み込んでおいてくださいね」と言い残し舞台制作スタッフさんは一旦離席。バイトたちは少し不安な顔で、しかし真剣に台本を読み込んでいた 。

006
「すみません、ご挨拶させてもらっていいですか」

という言葉に顔を上げると、なんと! コロコロチキチキペッパーズのお2人がいつの間にかバイトたちの傍に!慌てて立ち上がりガチガチになって挨拶するバイトたち。

「当然コロチキのファンですよね?」の言葉に爆笑する。さすがだ。一気にバイトたちの硬さがとれてしまった。

短いリハーサル時間 舞台袖は「やっべぇぞ!」

03_007
戻ってきたスタッフさんに楽屋を案内してもらったり、共演する芸人さんたちにも挨拶させていただいたりしたバイトたち。

03_009
やがて前の部の客出しが終わり、リハーサル時間に。コロチキさんと一緒に下手の舞台袖へ移動だ。

03_010
舞台袖でスタッフさんから新たなミッションを言い渡される。コントの合間に袖に戻るコロチキさんにお水を手渡す役だ。「お水は常に絶やさないように」とスタッフさん。紙コップがなくならないよう「ナダルさん」「西野さん」と書き込んで待機。

そこに丁度リハーサルの舞台から一旦袖に戻ってきたコロチキさんが。ペットボトルに手を伸ばしかける。ここだとばかりに紙コップを持って駆け寄るバイトたち。

「いや、ええって。ええって。自分でやるって」と笑う心優しいコロチキさん。

「いや、でも、やらせてください!」と懇願した。

03_012
その後、舞台進行のスタッフさんからネタ時間を計って記録する役を命じられ、舞台終了後の客席誘導の仕事も言い渡された。

ついに本番! これが本気のプロの舞台だ!

013

「本番お願いしまーす!」ついにコロチキさんが舞台へ。

「ワーーー!!!」超満員のお客さんたちからの割れんばかりの大歓声! そしてそれはすぐに大爆笑に次ぐ大爆笑へ。今日の公演が大成功に終わるのは間違いなさそうだ。

が、一方。
バイトたちのいる舞台袖は、暗く、舞台は見えず、ネタの声も明瞭には聞こえてこない。ただただ観客の爆笑が聞こえてくるのみだ。リハーサルとは違う空気に、バイトたちはただただ圧倒され、手に水を持ったまま緊張した面持ちで立ち続けた。

015
1つ目のコントが大盛況のうちに終了。
大急ぎで次のコントの衣装に着替えるコロチキさんにタイミングをみて水を渡す。

「ありがとう!」ステージに上っていくコロチキさん。

バイトたちに一瞬の笑顔が宿る。

016
いくつもの爆笑ネタと幕間。
途中、共演の先輩芸人さんが硬い表情で立ちすくむバイトたちに声をかけてくれる。

「おおっタウンワークのバイトやな。大丈夫か?元気出していけや!」
カメラの前でポーズまでとってくれたのは藤崎マーケットのトキさんだ。

017
「コロチキさんもそうですが、芸人さんたちってみんな優しいんですね」
舞台袖でうれしさを噛みしめるバイトたち。
そしてバイトたちは暗転した舞台での丸イス板付け業務も遂行した。

追加公演に爆笑! コロチキさんをより好きになりました!

05_018
大盛況のうちにコロチキ単独ライブ「よろちき4」の幕が下りた。

「おつかれさまでした!」

いや。実はまだ終わってはいない。
この30分後には追加公演「よろちき4下巻」の本番だ!しかもネタのすべてが本公演と被っていないというから驚きだ。

05_019
バイトたちは大急ぎでハッピをまとい、客席へダッシュだ!

「いらっしゃいませ!全席自由席となっております!」

積極的に大きな声を出しお客さんの誘導というミッションをこなした。

05_020
そして開演前。
袖に戻ったバイトたちに、にっこり笑ったスタッフさん。

「はい、おつかれさま。バイトはこれで終了です! よかったら追加公演を客席でゆっくり観ていってください!」

05_021
何よりもうれしいごほうびが待っていた。

05_022
追加公演が終わるやいなや袖に駆け込み、
「おつかれさまでした!」という言葉を心の底からコロチキさんに伝えた2人。

「おつかれさま!ありがとね!」
本当に疲れているのはコロチキさんなのに。疲れた顔も見せず笑顔で応じてくれた。

三浪さん「ナダルさんが舞台から降りてくる度に毎回お水を差し出していたら、毎回必ず飲んでくれたんです。でもきっとナダルさん、そんなに飲みたくなかったはずなんですよ! もう、その優しさにやられました!あと裏方さんたちのプロの仕事感覚も本当に勉強になりました。実はラジオ番組制作の仕事に就くことが決まっているんです。この経験は絶対次に活かします!」

太田さん「緊張しっぱなしでしたが、コロチキさんはじめ芸人さんたちがみんな優しい、いい人たちで、とても楽しかったです! たくさんの裏方さんたちが真剣に舞台を支えていることが分かったのが本当にレアな経験でした。またこのバイトをやりたいかですか? はい! ぜひやりたいですよ! でもそれよりもコロチキさんたちのこと、より大好きになりました!」

05_023
舞台を降りてもその素顔は優しく愉快なコロコロチキチキペッパーズ。そして彼らをサポートする大勢の裏方スタッフさんたち。その一員として1日働いたバイトたちは、より一層お笑いを好きになり、より一層働くことが好きになったようだ。

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼

いつでもバナー