スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年03月09日

【激レア 体験レポ】秦 基博さん新アルバム『青の光景』をPR!発売イベントの企画・運営バイト!

変換 ~ 001
「鋼と硝子でできた声」と称され、今もっとも注目を浴びるシンガーソングライター・秦 基博さん。今回の激レアバイト内容は、その秦 基博さんのニュー・アルバム『青の光景』をスタッフさんたちと一緒にPRしようというもの。12月8日、19日の2日間、スタッフの一員として働く2人に密着した。

もっと多くの人に秦 基博さんの歌を届けたい!

変換 ~ 002
今回の激レアバイトに挑戦するのは、大学生の田内優悟さんと葛西茉椰さん。2人とも秦 基博さんの熱烈なファンだけに、バイトにかける意気込みは熱かった!

変換 ~ 003
田内さん「デビューして間もない頃からずっと秦さんのファンです。最近は映画の主題歌やCMで多くの方がご存じだと思いますが、もっとたくさんの人が知るべき存在だと思っています。今回の企画や運営を通じて、秦さんの新しい歌を一人でも多くの方に届けられるよう頑張りたいです」

葛西さん「秦さんの曲を初めて聴いた時に心を揺さぶられました。通っている芸術大学では油画を専攻しており、絵画制作では、いつも秦さんの曲を聴いてインスピレーションをもらっています。憧れの秦さんをPRできる貴重な体験なので、企画会議では積極的に発言したいと思います」

期待に溢れ、意欲満々な2人。そんな想いが伝わったのか、ミーティングルームに通されてすぐに貴重な体験が待っていた。

発売される前のCD&DVD視聴!

変換 ~ 004
変換 ~ 005
最初の業務は、今回発表されるアルバムを実際に聴くことからスタート!まだ発売されていない初回限定盤『青の光景』のアルバムを手にしてドキドキの2人。

変換 ~ 006
一言一句逃すまいと、流れてくる曲と歌詞をペンで追いながら真剣に聴く田内さん。まるで瞑想でもしているかのように瞳を閉じて秦 基博ワールドに入り込む葛西さん。

変換 ~ 007
アルバム全曲を聴いた後は、特典映像として付属されたDVDも鑑賞!

積極的に発言!アイデア出しで唸るスタッフ!

変換 ~ 008
アルバムを視聴した後は、12月19日に行われるイベントの企画会議が始まった。宣伝部、制作部、営業部など、ソニー・ミュージックレーベルズ各担当のプロ集団に混じり緊張する2人。

変換 ~ 009
本題は、ニュー・アルバムを世に広めるためのイベントを考えること。会場の制約があるなかで“安全にお客さんに喜んでいただくイベント”を考えなければならない。

変換 ~ 010
「クリスマスが近いので、クリスマスカードを本人から直接手渡しするのはどうでしょうか」と田内さん。

「大きなキャンバスを会場に設置して、お客さんの手で色を塗り“青の光景”に仕上げていくのはいかがでしょうか」と葛西さん。

変換 ~ 011
積極的にアイデアを捻り出していく2人の意見に、真剣に耳を傾けてくれるスタッフさんたち。「なるほどね」「それはいいな」と何度も唸る場面もあり、1時間にも及ぶ白熱した会議が展開された。

気持ちを込めてスタンプを押す!意外と大変、チケット作業

変換 ~ 012
会議が終わり、この日最後の業務、実際にイベントで配布される入場整理券作りを行う。

変換 ~ 013
決められた枠内に整理番号をスタンプしながら、最後は綺麗にカッターで切る。簡単な作業のようで実は意外と難しい。

変換 ~ 014
「スピーディーに!でも気持ちは込めてね~♪」とスタッフさんに鼓舞されながら、作業台の上をチケットでいっぱいにしたところで、1日目の業務が終了。

イベント当日!抽選会対応!ファンと一緒に一喜一憂

変換 ~ 015
いよいよ、緊張のイベント当日!2人の仕事は抽選会の対応から始まった。

変換 ~ 016
CDを購入した人だけがもらえる抽選チケット。前方エリアに設けられた優先席を狙って、会場には朝からたくさんのファンが並んでいる。

変換 ~ 017
参加の証に抽選チケットにパンチで穴を空ける田内さん。抽選BOXを手にファンにクジを引いてもらう葛西さん。

変換 ~ 018
「やった~2番!」と当たりくじを引いたお客さんと一緒に喜ぶ葛西さん。外れクジを引いたお客さんには「申し訳ありません」と自分の事のように残念がった。

青一色に染めるメインステージ!

変換 ~ 019
抽選会の後は、慌ただしくイベント会場の設営準備へ。

変換 ~ 020
2人は優先エリアの椅子を綺麗に揃えて並べていく。

変換 ~ 021
さらに優先エリア以外の人が溢れて流れ込まないよう、パーテーションを設置。

変換 ~ 022
変換 ~ 023
次は、メインステージのポスター貼りだ。アルバムのタイトル『青の光景』をイメージし、秦さんがトークを繰り広げるメインステージを青のポスターで埋め尽くしていく。

変換 ~ 024
隙間が空かないよう、何度も何度もポスターの位置を確認する。

憧れの秦 基博さんと感動の対面!

変換 ~ 025
続いての業務は、優先エリアへの観客誘導対応。抽選会で当たったお客さんを番号順に誘導していく。

変換 ~ 026
全てのお客さんを席に誘導し終わり、トークショー開始まで残りわずか15分を切る。ここでスタッフさんからサプライズが待っていた。なんと!2人の頑張りをみて、秦さんに会わせてもらえることに!緊張の面持ちで控室に向かう2人。

変換 ~ 027
本番直前だというのに、「どうも秦です。今日はよろしくお願いします。」と朗らかに挨拶をしてくれた秦さん!イメージ通りの優しい表情と声にほっこり。

変換 ~ 028
そして、いよいよトークショーがスタート。

変換 ~ 029
1階のメインステージで秦さんが会場を盛り上げるなか、2人は2階から、お客さんに事故のないよう、しっかりとショーを見守った。

充実の2日間!一生の宝物になった激レア体験!

変換 ~ 030
トークショーが終わり、イベント最後の特典会が始まった。特典の内容はなんと、会場でCDを購入してくれたお客さん全員に記念のクリアファイルを秦さん本人が直接手渡しするとあって、会場のボルテージは最高潮に!

ここでの2人の仕事は、お客さん同士がぶつかってケガをしないよう丁寧に誘導していくこと。

最後に整理券の数を数え、貼ったポスターを外し終えたところで全ての業務が終了を迎えた。

変換 ~ 033
スタッフさんから記念のクリアファイルをもらって笑顔の2人に今回の激動の2日間を語ってもらった。

田内さん「たくさんのファンがきてくれたイベントを見て感無量でした。秦さんに会えたことと、お客様に喜んでもらえるイベントを打ち出す企画会議に参加できたことが印象に残っています。人との繋がりを意識するいい機会をいただけたと感謝しています」

葛西さん「イベントでは会場に並ぶお客さんの姿を見てワクワクが止まらず、終わった今は清々しい気持ちでいっぱいです。憧れの秦さんと実際に会えましたし、今回の企画や運営の業務は、自分がアーティスト活動をしていく上でとても勉強になりました」

疲労以上に達成感でいっぱいの2人。たくさんの笑顔を見るために働いたこの2日間は、きっと自分の未来も明るくしてくれたに違いない。

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼

いつでもバナー