スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月09日

【激レア 体験レポ】撮影現場に密着!人気セレクトショップ「BEAMS」でアパレル業界の花形、プレスをサポート!

BEAMSプレスバイト_1
今回の激レア“ファッションバイト”の舞台は、日本のセレクトショップのパイオニア的存在の「BEAMS」。仕事内容は、ファッションプレスをサポートするというものだ。プレスとは、商品やブランドイメージをPRする部門。スタッフはファッション誌などにもたびたび登場するなどブランドの顔ともいえる存在。そのプレスの一員として、バイトメンバーは迎えられた。

プレスルームの前でガッツポーズ。やる気スイッチオン!

BEAMSプレスバイト_2
今回の激レアバイトに採用されたのは、鈴木洋祐さんと福原美柚さん。

応募したきっかけを尋ねると、鈴木さんは「自分で洋服を選ぶようになって、初めてTシャツを買ったのが『BEAMS』。思い入れもあり、今もよく立ち寄っているから」とのこと。ちなみに、彼の母親はアパレルのプレスをしていたこともあり、この仕事にも興味があったそう。

また、現在、原宿のファッションブランドでアルバイトをしている福原さんは「ショップ店員をしていても、プレスの人と話す機会はほとんどないんです。どんな仕事か見てみたかったし、いずれこの職業につきたい!」と語ってくれた。

BEAMSプレスバイト_3
2人は、プレスの活動拠点となるプレスルームへ。ちなみにプレスルームとは、スタイリストさんなどが撮影で使用する洋服を借りるために訪れるところ。そこで2人は、プレスの方にあいさつをし、業務に取りかかった。

プレスルームから荷物を運び出し、雑誌撮影へ出発!

BEAMSプレスバイト_4
BEAMSプレスバイト_6
プレスアシスタントとして働き始めた2人。最初の業務は、雑誌撮影の立ち会いだ。メンズファッション誌『STREET JACK』8月号のファッションページで使用する洋服やバッグ、靴など、たくさんの荷物を抱えて、ロケバスへと移動した。

BEAMSプレスバイト_5
初めての乗るロケバスには、モデルさんや雑誌の編集者さんなども同乗していた。行く先は、撮影スタジオ。初めてづくしのことばかりだが、2人とも「楽しみ」と余裕の笑顔。

BEAMSプレスバイト_7
到着するとすぐに、2人は撮影スタジオに荷物を運び入れ、最初の業務に。撮影用の洋服や小物をキレイに並べ、タグやビニールを取り外し、各アイテムをコーディネートごとにまとめておく。

BEAMSプレスバイト_8
プレスの方からは、「今日はサンプルではなく、撮影後に販売する商品だから、傷つけないように。今日撮影するコーディネートは、このパソコンの画像でチェックして」という説明が。

BEAMSプレスバイト_9
BEAMSプレスバイト_10
その言葉を受けて、2人は協力しながら「慎重かつ正確に」を心がけて、仕事にあたった。

BEAMSプレスバイト_11
空き時間には、プレスの方に仕事について伺うチャンスも。

『BEAMS』は誰もがショップスタッフからスタートします。私も店舗を経験してから、プレスになりました。モデルやスタイリストさんなど、普通なら関われない人たちと仕事できることが醍醐味です。華やかな面もありますが、実はデスク作業が多い。それでも、自分の企画が誌面になって反響が大きかったりすると、やりがいを感じますね

話を聞くバイトメンバーの表情は真剣。プレスという仕事について学ぶことができた。

いよいよ撮影本番!緊張しながらも楽しみながら撮影に挑む

BEAMSプレスバイト_12
撮影の準備を順調に終えた2人。スタジオでの業務は準備のみで、撮影自体は外でのロケとなる。再び、洋服などをロケバスに乗せて、撮影現場へ。

BEAMSプレスバイト_13
最初のロケ地は都内の公園。モデルさんに持ってもらう撮影用のバッグを手にロケ現場へと入った。

BEAMSプレスバイト_14
撮影前に、プレスの方がモデルさんの着こなしをチェック。一番洋服が美しく見えるように整えるのもプレスの業務。その仕事ぶりをバイトメンバーは食い入るように見つめていた。

BEAMSプレスバイト_15
準備ができたところで、撮影スタート!編集やプレスの方と一緒に、カメラマンの後ろに立ち、その様子を見届ける。今回はスタイリストさんがいない現場のため、洋服が乱れていれば、撮影を中断して整えるのもプレスの仕事。

BEAMSプレスバイト_16
撮影を終えると、すぐにパソコンで写真をチェック。ここでも洋服がキレイに見えているかどうかを確認する。洋服の見え方に問題がなかったため、1カット目は無事に終了となった。

BEAMSプレスバイト_17
BEAMSプレスバイト_18
ロケバスに戻ると、2人はモデルさんの着替えを手伝った。着ていた洋服を受け取って片づけ、これから着る洋服を手渡すのがミッションだ。撮影立ち会いを経験して、余裕が出てきたのか、バイトメンバーは笑顔を見せながら仕事に取り組んでいた。

BEAMSプレスバイト_19
BEAMSプレスバイト_20
いよいよ2カット目の撮影に。洋服の美しさに注意しながら撮影を見届け、写真をチェック。再びモデルさんの着替えを行い、3カット目に。

BEAMSプレスバイト_21
BEAMSプレスバイト_22
3カット目ともなると、プレスとしての自覚が芽生えたのか、カメラマンさんの真後ろで、撮影を見る2人。仕上がりのチェックもきちんとして、ここでの撮影は終了となった。

BEAMSプレスバイト_23
撮影隊一行は再びロケバスに乗り、次なるロケ地へ。バイトメンバーも最初の撮影を無事に終えた安堵感からか、にこやか。車中ではプレスの方たちと会話を楽しむ余裕も見せた。

BEAMSプレスバイト_26
今回の撮影は最初の公園を含め、全3カ所6カットのロケ撮影。最初の撮影を終え、現場にも慣れた2人は、その後の撮影では積極的に仕事にあたり、撮影立ち会いというプレスの仕事を見事にこなした。

撮影後は、ショップでのインタビュー。スタッフさんの生の声を聞く

BEAMSプレスバイト_27
全撮影に立ち会った2人は、「ビームス メン 渋谷」へ移動。ここは「BEAMS」のメンズカジュアルレーベルを一堂に集めたフラッグシップショップ。ここでバイトメンバーは、ショップスタッフの方へのインタビューを敢行した。

BEAMSプレスバイト_28
大好きなファッションについてお客様と話せるのが嬉しいです。『BEAMS』は現場の声が通りやすい環境で、スタッフの企画からデザインが生まれることも。そんな恵まれた職場なので、やりがいを感じます

BEAMSプレスバイト_29
ショップスタッフの方の言葉を聞き漏らさないように真剣に聞く2人。これから就職活動を迎える彼らは、気になる質問も直撃。

現場で求められる能力は?」という問いには、「洋服が好きであることが第一。そして、今は英語力ですね。外国人のお客様が多いので、即戦力として期待されます

ショップスタッフについても知ることができたバイトメンバー。「BEAMS」という企業への理解も深められた。

「お疲れさまでした!」先輩プレスと笑顔でグータッチ!

BEAMSプレスバイト_30
BEAMSプレスバイト_31
ショップでのインタビューを終えて、業務は終了。お世話になったプレスの方とはここでお別れ。最後のあいさつはグータッチ!福原さんは少し恥ずかしそうに、鈴木さんはカメラ目線でキメてくれた。

BEAMSプレスバイト_32
晴れやかな笑顔を見せる2人に、今回の激レアバイトの感想を聞いた。

鈴木さん「大好きな『BEAMS』の裏側が知れて感動です。プレスは多くの人と関わる仕事。互いにリスペクトをしながら、作品づくりをしているのが体感できて良かったです。将来進むべき道が見えた気がします

福原さん「コーディネートの考え方、洋服の見せ方など、すごく勉強になりました。ファッションが好きだけではつとまらない厳しい世界だとは思いますが、プレスという仕事への憧れがますます強くなりました

優しいプレスの先輩方に囲まれ、密度の濃い1日を終えた2人。この経験は将来の道しるべになったに違いない。

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼

いつでもバナー