スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年08月20日

“愚痴”と“相談”の違い【DJあおいの「働く人を応援します!」】

独自の恋愛観を綴るTwitterが人気の謎の主婦、DJあおいが働くこと・毎日を楽しむためのヒントについて語ります。第155回目のテーマは、『“愚痴”と“相談”の違い』。自分は相談してるつもりでも、相手にとっては「ただの愚痴じゃん」と感じてしまうことも。そこで、愚痴と相談の違いについて、DJあおいが解説します。

イラスト:沼田光太郎

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
相談ができる人は、変わっていける人
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

愚痴というのは、殆どの場合が
『私は悪くない』 という主張ですね。
相手に求めているのは、同調であり
意見は求めてはいません。

ですので、異論を唱えると、
不貞腐れたり怒りだしたりするのが
愚痴っぽい人の特徴です。

問題を解決したいわけではなく
『うんうん、わかる、わかるよー、それな!』 と、
同調してほしいだけ。

『自分は悪くないんだ』 という主張に同調してもらうことによって
自分の正当性に安心したいわけですが、
それだと自分は何も変わらないんですよね。

そのままの自分で安心しても
問題は解決することなく、
愚痴でストレスを発散しても現状は変わらず
相変わらずストレスを生産するだけの環境で
同じストレスを蓄積しては愚痴を言い、
また同じストレスを蓄積しては愚痴を言い、
その負のスパイラルに飲み込まれてしまうわけです。

だから愚痴を言う人というのは、
同じ愚痴を定期的に
何度も何度も言ったりするんですよ。

問題の解決より、自分の正誤が優先される人に多い傾向ですね。

対して相談というものは、
自分の正誤より問題の解決を優先するものです。
自分が正しいのか、それとも誤りなのか、
そんなことよりもまずは問題の解決をしたい。

ですので、同調よりも
『自分はどうすればいいのか』 という
変化の知恵を求めます。

誰が正義で誰が悪なのか、
そんな責任の所在なんて後回しで、
まずは問題の解決を最優先にするのが
『相談』 ということですね。

変化の意思があるかどうか、
それが愚痴と相談の大きな違いでしょう。
正誤にこだわる人は愚痴っぽくなる余りに変化が滞り、
問題解決に拘る人は相談から変化し続けていくということ。

人の人生は、下りのエスカレーターを
逆走で上っているようなもので、
現状維持ですら
変わり続けていかなければならないものです。

変化が滞ることは現状維持ではなく、
劣化の一途を辿ってしまうことになります。

誰が良いとか誰が悪いとか、
責任の所在も大切なのかもしれませんが
それは最重要事項ではありません。

一番大事なのは、変化の意思があるかどうか。
よく 『前向きというのはどっちの方向なのでしょうか?』 
という相談を受けますが、
前向きな方向というのは自分が変化する方向なのです。

迷ったら自分が変化する方を選ぶように、
それが前向きな生き方なのですよ。

 

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

コミュニケーション(人間関係) / 恋愛 / モテ / 自分の将来 / 違いシリーズ / 人から好かれるには / 社会に出て役立つスキル / メンタル強化 / お金 / イタい人 / 女子の心理 / 欠点(短所)の克服

iconDJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。
■公式ブログ http://djaoi.blog.jp
■Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi
サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi
■最新著書
キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(DJあおい:著/¥1,404/ワニブックス)
この連載を元にした、DJあおいの「仕事術本」が遂に完成! 仕事術と言っても、ただの仕事術じゃあ、ありません。『普通の幸せ』を手に入れるための仕事術。実はこれが一番難しい。「仕事は辛いけど、たっぷりお金を稼げる生活」よりも、「毎日が平穏無事で、それなりに稼げる生活」がしたい―― そう思っている女子は必見。
※この書籍は、本連載に大幅な加筆修正を加え書籍化したものです。

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

過去の記事一覧はコチラ

バナー