スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年02月05日

パート先が悪口陰口のオンパレード…そんなときの賢い振る舞い方【DJあおいの「働く人を応援します!」】

独自の恋愛観を綴るTwitterが人気の謎の主婦、DJあおいが働くこと・毎日を楽しむためのヒントについて語ります。今回、番外編として、パートで働く主婦の皆さんの悩みに答えるテーマを取り上げてみました。職場でパート仲間たちが、常に誰かの悪口陰口を言っている…そんなとき、あなたはどうしますか? 同調して思ってもいない悪口を一緒に言うのも、否定して仲間外れにされるのもどちらも苦痛ですよね・・。そこで、周囲の“悪口言いましょうよ”ムードをうまくかわす賢い振る舞い方をDJあおいが解説します!

イラスト:沼田光太郎

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
悪口陰口はよく聞けばその人の自己紹介
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

悪口陰口というもは、承認欲求の表れ。
自己顕示欲を満たすためのひとつの手段なんですよね。

対象となる人を叩くのが目的ではなく、
自分を他者に承認してもらうのが目的であり、
悪口陰口に同調してもらうことによって
『私はあの人より凄いんだ!』 という
承認を得た気分になるということです。

外見の承認を得たい人は、違う誰かの外見の悪口陰口を言い、
内面の承認を得たい人は、違う誰かの内面の悪口陰口を言い、
仕事の承認を得たい人は、違う誰かの仕事の悪口陰口を言う。

悪口陰口はよく聞けばその人の自己紹介、
『私のここを認めてください』という
悲痛な叫びみたいなものですね。

悪口陰口の同調を求められたときは、
安易に同調して一緒になって悪口陰口を言うのではなく、
その人の認めて欲しいところを褒めてあげるといいでしょう。

誰かに外見を卑下する悪口陰口ならその人の外見を褒めてやり、
内面を卑下する悪口陰口ならその人の人格を褒めてやり、
仕事を卑下する悪口陰口ならその人の仕事を褒めてやる。

そうすることによって、悪口陰口の共犯になることもなく、
かといって敵対して悪口陰口の対象にされることもなく、
めんどくさい人間関係を上手に渡っていくことができるわけですね。

賢い人は、ほぼこのやり方で悪口陰口グループと
上手に距離をとって付き合っています。

人の悪口陰口を言う人ほど承認欲求が強く、
褒められることに弱い。
味方につけても頼りにはならないけど、
敵に回すと厄介者になってしまいますからね。

せめて敵に回さないように、
上手に褒めて煙に巻いてやってください。

ひとつ注意しなければならないのは、
その褒め言葉が露骨であってはならないということ。

褒め言葉も露骨になってしまえば、
侮辱と同じになってしまいます。

悪口陰口を避けているという意図を悟られないように、
そして褒め言葉が自然で嫌味のないように、
細心の注意を払って上手に褒めてあげましょう。

このスキルを身に付ければ、
あらゆる環境で自分の身を守るための
最強の武器になってくれます。

自己研鑚だと思って、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

コミュニケーション(人間関係) / 恋愛 / モテ / 自分の将来 / 違いシリーズ / 人から好かれるには / 社会に出て役立つスキル / メンタル強化 / お金 / イタい人 / 女子の心理 / 欠点(短所)の克服

iconDJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。
■公式ブログ http://djaoi.blog.jp
■Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi
サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi
■最新著書
キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(DJあおい:著/¥1,404/ワニブックス)
この連載を元にした、DJあおいの「仕事術本」が遂に完成! 仕事術と言っても、ただの仕事術じゃあ、ありません。『普通の幸せ』を手に入れるための仕事術。実はこれが一番難しい。「仕事は辛いけど、たっぷりお金を稼げる生活」よりも、「毎日が平穏無事で、それなりに稼げる生活」がしたい―― そう思っている女子は必見。
※この書籍は、本連載に大幅な加筆修正を加え書籍化したものです。

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

過去の記事一覧はコチラ

バナー

 

早速バイトを探してみよう