スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年10月01日

バイトデビューにもぴったりの試験監督バイトとは? 種類や特徴、おすすめの理由などを解説!

試験監督 模試 資格試験 種類 予備校 国家試験 塾 大学入試 監督 バイト タウンワーク
試験監督のアルバイトと聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。「試験を見ているだけだから、簡単そう」なんて思ったことがある人もいるかもしれませんね。ひと口に試験監督バイトといっても、資格試験に予備校模試などと、種類があるのをご存知でしょうか。もっとも稼げるのはどの試験監督なのでしょうか。拘束時間や時給、募集先など、今回は「試験監督」の種類とおすすめの仕事について解説します。

【目次】

各種試験の適正な実施に欠かせない試験監督

試験監督 模試 資格試験 種類 予備校 国家試験 塾 大学入試 監督 バイト タウンワーク
そもそも試験監督とはどのようなアルバイトなのでしょうか。まずは仕事内容、おすすめの理由を紹介しましょう。

試験会場の設営や運営にまつわる業務を行う

試験監督のアルバイトとは、試験に立ち会い、不正行為がないか監督する仕事です。とはいえ、試験用紙を配布して監視していればOKというわけではなく、試験開始前に集合し、試験会場の設営や受験者の受付作業を行うこともあります。また、試験会場となる校舎は、最寄りの駅から離れていることもあるため、会場まで受験生・受講生を誘導したり、会場内での受付や案内も仕事に含まれる場合もあります。

また、試験終了後には試験用紙を回収し、枚数に過不足がないか数えるほか、その後の会場の撤収作業を行うことも。試験を見ているだけでなく、意外と体を動かす仕事でもあるのです。

時給がよく、時間が読め、掛け持ちしやすい

試験監督のアルバイトがおすすめの理由は大きく3つあります。

(1)比較的時給が良い
(2)時間が読みやすく、かけもちしやすい
(3)単発バイトなので、忙しくてもできる

1つ目は、時給がよくて1日で稼げることです。試験によっては朝から晩まで拘束されることもありますが、日給としても高めに。1日で効率よく稼ぐことができるのはうれしいですね。

2つ目は、スケジュール管理がしやすい点です。試験は開始時間、終了時間が決まっているため、前後の作業時間が読みやすく、突発的なできごとがなければ、大幅に遅れることが少ない仕事です。そのため、普段のアルバイトと掛け持ちしてもいいですし、プライベートの予定をいれやすいバイトといえます。

3つ目は単発バイトなので、普段は部活やサークルなどで忙しい人でも行いやすい点です。定期的にシフトに入るバイトは忙しくて難しいという人でも、土日メインに数時間〜1日限定であればできるということもあるでしょう。忙しい人こそ、おすすめのアルバイトになります。

試験監督の「試験」にも種類がある

試験監督 模試 資格試験 種類 予備校 国家試験 塾 大学入試 監督 バイト タウンワーク
ひと口に試験監督といっても、実は種類があります。それぞれの種類と傾向を知っておくと、自分にあった試験監督のアルバイトが選べます。

試験監督(1)資格試験…TOEICなど

各種語学系試験のほかに、パソコンを使った試験の監督などを行います。実施回数が多いため、募集も多いのが特徴です。基本的には、採用説明会に参加して登録するかたちになりますが、会社によってはウェブから登録するだけでエントリー完了ところも。大学や学校を借りて試験を行うので、設営や撤収の手伝いも仕事内容に含まれることが多いようです。実施する会社によってはさまざまな業務や役職を設けて、少しずつステップアップしていくこともできます。

試験監督(2)国家試験…宅建など

日本にはさまざまな「国家資格」がありますが、その資格を取得するための試験監督を行います。より厳正な試験の運用が求められるため、数人1組のグループで担当教室が割り振られることが多いようです。基本的には資格試験と同様にウェブからエントリーして、登録会に参加のうえで、試験当日にのぞみます。マニュアルが用意されていることが多いほか、事前研修会があることもあり、バイト初心者でも初めやすい工夫がされています。

試験監督(3)予備校模試…各塾など

大手塾などが行う、予備校の模試の試験監督です。本格的な受験シーズン前に実施回数が増えるため、それにともなって募集も増えます。資格試験や国家試験と違い、各予備校や塾が試験を行うため、試験監督単発での募集は少なく、アルバイトの募集も塾予備校経由が多いようです。また、チューター業務などを行っている友人・知人からの口コミで応募する人もいるよう。試験科目が多く、朝から長時間拘束されることもあり、一日でしっかり稼げるのが特徴です。

試験監督(4)大学入試…各大学など

大学受験・各種専門学校などの入試試験の監督です。ここでは試験監督業務そのものというよりも、サポート役を募集していることが多いよう。試験本番に備えて、問い合わせ対応、振り込み確認や試験会場設営といった準備を担うほか、当日の受験生の整理や誘導、案内といった仕事を行うようです。募集しているのは大学などが主ですが、派遣会社が募集していることも。あまり募集数の多くない、レアなアルバイトといえるので、気になった場合はぜひエントリーするとよいでしょう。

試験監督のバイト、いちばんのおすすめは?

試験監督 模試 資格試験 種類 予備校 国家試験 塾 大学入試 監督 バイト タウンワーク
複数の種類がある試験監督ですが、そのなかでもおすすめの種類はあるのでしょうか。タイプ別に紹介していきましょう。

拘束時間が長く、1日で稼ぎやすい模試の試験監督

朝から長時間拘束されることが多く、一日で1万円超稼げることもあるのが、この模試の試験監督です。特に受験科目が多い予備校の試験では12時間近く、試験監督をしていることも。その分、負担はかかりますが、しっかり稼ぎたい人におすすめです。アルバイトの募集そのものは予備校・塾などの求人として出ていることが多いようです。

求人が多く、エントリーしやすい資格試験・国家試験

資格試験や国家試験は、募集が多く、エントリーしやすいのが特徴です。実施している会場数も多いので、希望していた会場がダメでも他の会場などを案内されることもあり、はじめやすさではこちらがおすすめ。また、試験監督業務が気に入れば、土日祝を中心に定番バイトにしてもよいでしょう。ただ、試験そのものは数時間でおわることが多いため、稼げる金額そのものは多くはありません。

試験監督のバイト、こんな人におすすめ

試験監督 模試 資格試験 種類 予備校 国家試験 塾 大学入試 監督 バイト タウンワーク
最後に、試験監督はどんな人に向いているのでしょうか。おすすめの人やタイプ、理由を紹介しましょう。

バイト未経験で、忙しい人に向いている

試験監督の業務では、特別なスキルは必要としません。責任感があり、しっかりとマニュアルに沿って仕事ができれば、務めることができます。以下のような人にはぴったりのアルバイトといえるでしょう。

●バイト未経験者
●普段は部活やサークルで忙しく、単発バイトを探している人
●教育業界に興味のある人、人前に立つ経験をつみたい人
●土日祝にしっかりバイトしたい人
●掛け持ちバイトを探している人
●長期休みにしっかり稼ぎたい人

ただ、「いつも知っているアルバイト仲間」と働く職場とは異なり、試験当日、あったばかりのスタッフともに力を合わせて試験の実施にあたりますので、臨機応変に対処していく力は必要です。そのため、自然とコミュニケーション能力を養うことができます。

試験当日には指定された場所に、時間通りに集合することになります。アルバイトを通して、さまざまな場所・学校に行ってみたいという人にも向いています。

試験監督そのものは、単発・短期のアルバイトですが、何度も試験監督を行い、経験を積むと、誰に何を任せるのか、問い合わせの対応など、マネジメント業務を任されて役職手当などがつくこともあります。気になる人はぜひチャレンジしてみてください。