スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年06月19日

「商品梱包バイト」ってどんな仕事?

「商品梱包バイト」ってどんな仕事?
商品梱包のアルバイトは、ネットショッピングが増えている中、需要の多い仕事の一つ。ラッピングスキルを身に付ければ、プライベートでプレゼントをするときに役に立つというメリットも。今回は、そんな「商品梱包バイト」のあれこれをご紹介しよう。

仕事内容

倉庫や工場などで本やDVD、食品といったさまざまな商品・製品をダンボールや袋に入れるのが主な仕事。デパートなどでのラッピングも「商品梱包」で募集がある場合もある。

検品と仕分けが済んだ商品を指定された箱などに入れていくのが梱包の仕事だが、検品や仕分けの業務を担当することもある。大規模な倉庫や工場になると、仕分け・検品・梱包が流れ作業になっており、効率的に作業をするためには早さと正確さが求められる。

基本的に作業は単純なので、資格や経験などは求められない。商品を傷つけないように梱包する方法は、研修で教わるためアルバイトが初めての学生でも気軽に始められる。
ただし、梱包し終わった重たいダンボールを運ぶこともあるので、筋肉痛になることも。その点は覚悟しておいた方がよいかも。

待遇や給与

3カ月以上のレギュラーバイトもあるが、「1日OK」「日払い・週払いOK」といった短期のアルバイトも多い。そのため、派遣会社が募集しているケースもあるようだ。

時給の相場は、東京近郊で「800円~1000円」が一般的。24時間態勢で稼働している工場の深夜勤務なら「25%UP」になるので、短期で稼ぎたい学生には夜勤がオススメだ。

また、「日払い」の場合もあるので、求人情報、または派遣会社やアルバイトの応募先に確認をしておこう。

経験者の評価

商品梱包バイトの評価

■ よかったこと
・「多めに入ってきた商品を破格の値段で譲ってもらった」
・「慣れてくると短時間で、きれいにリズムよく梱包ができるようになる」
・「黙々とする仕事が好きなので、同じことをするのが楽だった」

■ツラかったこと
・「冷凍庫や冷蔵庫に入っての作業」
・「生産性を追求していたので、休む暇がなかった」
・「ずっと立ちっぱなし」

■ こんな人にオススメ!?
・「マイペースでも繰り返し作業のできる方」
・「人と接するのが得意でない方にオススメ」
・「単純なルーティンワークが好きな人」

体験者からのアドバイス

黙々と仕事をするのが好きな人にオススメ。淡々と作業をこなす中にも、生産性を意識することによって仕事の質は自分で変えられると思うので、考えて行動すると楽しい仕事になる(商品梱包経験/22歳/男性)