スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年02月08日

「引っ越しバイト」ってどんな仕事?

「引っ越しバイト」ってどんな仕事?
重い荷物を運ぶ引っ越しアルバイトは、高い時給が魅力です。1日で1万円以上を稼げることもあるといいます。今回は、そんな「引っ越しのアルバイト」をご紹介します。

【目次】
1. 仕事内容
2. 待遇や給与
3. 引っ越しバイトはハード?良かったことと辛かったこと
4. ラクか辛いかは担当業務で変わる?引っ越しバイトのリアル
5. ハードな現場、引っ越しバイトでの失敗談とは?
6. 力の使い方なら任せて!引っ越しバイトで身に付くスキル
7. 経験者からのアドバイス

仕事内容

社員スタッフのアシスタントや、荷物の搬入・搬出が基本業務。荷物の梱包から移動・配置まで、一通りすべての作業を行うのが一般的ですが、移動だけ、梱包だけをするアルバイト求人もあります。

■ 運搬担当
お客さんの家具や荷物を家から運び出したり、新居に運び入れたりする仕事です。重たいものを運ぶので男子が担当することが多く、2~3人のチームを組んでの作業になることも。

■ 梱包担当
荷物を箱などに梱包する仕事なので、重い物を運ぶことが少なく、女子が担当することも多いようです。また、荷物の搬入・搬出の際には、部屋やエレベーターの壁、床を傷つけないように、保護用のシートを貼るなど運搬担当のサポートをすることも。

「梱包の仕方がわからない」「荷物が重くて大変そう」と考える学生もいるかもしれないですが、研修でいろいろな梱包方法や、重たい家具を運ぶコツなどを教わるので、未経験の人でも大丈夫です。

引っ越しシーズンの2~3月には、1日3~4件くらい仕事をこなすこともあるといいます。「日払いOK」「1日勤務OK」といった具合に、短期のアルバイト募集も多くなるので、春休みを利用して稼ぎたい学生にはオススメです。

待遇や給与

引っ越し会社のレギュラーバイトもありますが、短期アルバイトも多いため、派遣会社に登録するのが一般的です。

時給は都心部で「1000円~1500円」と高額なので、日給に換算すると「1万円以上」稼ぐこともできるようだ。また、交通費が支給されることも多いですが、派遣先によっては出ない場合もあるので、事前に求人情報や面接などで確認をしておくといいでしょう。

■ よかったこと
・「集団作業なので、チームワークを学ぶことができた」
・「意外に荷物が少なく簡単だった」
・「体を動かしてお金をもらうのは楽しかった」
・「体が鍛えられた」
・「時給がとにかく高かった」
・「勤務シフトが予約制だったので、空いている日にすぐ仕事に入れた」
・「お金を得る大変さを学べた」
・「同年代のバイト仲間がいたので、楽しみながら仕事ができた」

■ ツラかったこと
・「給料はもらえたが、予定の倍の時間がかかったこともあった」
・「作業が遅くなってしまいクレームが入ってしまった」
・「腰が痛くなった」
・「次の日全身が痛くなる」

■ こんな人にオススメ!?
・「明るくて社交的な人」
・「力仕事が得意な人」
・「梱包などをするので、丁寧に作業ができる人」

引っ越しバイトはハード?良かったことと辛かったこと

力仕事 引越し バイト 運搬 学生 バイト タウンワーク

引っ越しバイトはハードなイメージですが、実際はどうなのでしょうか。そこで、バイトの経験者に引っ越しバイトをやって良かったこと、辛かったことをそれぞれ聞いてみました。

【良かったこと】

・私が引っ越しのアルバイトをしたとき、お客さんからご祝儀をもらって嬉しかった。(男性/20代/正社員)

・先輩からジュースをおごってもらって、楽しいエピソードなども聞かせてもらいました。(男性/30代/個人事業主・フリーランス)

・お客さんが丁寧に感謝の言葉を言ってくれたり、差し入れをくれたりしたときには嬉しかった。(女性/30代/パート・アルバイト)

【辛かったこと】

・古い団地からの荷物搬出をしたために、5Fにもかかわらずエレベーターがなかった。家具の持ち出しが本当に重かった。(男性/30代/個人事業主・フリーランス)

・引っ越し業務は激務です。翌日、全身が筋肉痛になったり、腰痛が出たり、と身体面で特に辛かったです。現に長続きしませんでした。(男性/30代/個人事業主・フリーランス)

・ベテランの人と組むと、物を運ぶテンポが合わないので、どっと疲れが出てしまう。(男性/40代/正社員)

引っ越しバイトの良かった点としては、お客さんからご祝儀やお茶菓子をもらったこと、先輩と仲良くなれたことなどが挙げられています。引っ越しはチームプレーが大切です。大きなケガなどにつながらないよう相互の協力が必要不可欠な仕事のため、バイト仲間と仲良くなることは大切でしょう。
一方、引っ越しバイトの辛かったこととしては、重い荷物を運ばなければならなかったことが最多でした。建物によってはエレベーターが設置されていないことも多く、コツを心得ないうちは体が辛く感じてしまうかもしれません。

ラクか辛いかは担当業務で変わる?引っ越しバイトのリアル

力仕事 引越し バイト 運搬 学生 バイト タウンワーク

引っ越しバイトを実際にやってみて現実と想像の間でギャップはなかったか聞いてみたところ、「思っていたよりも辛かった」と答えた人が8割、「思っていたよりもラクだった」と答えた人が2割という結果に。コメントを見ていきましょう。

【思っていたよりも辛かった】

・力仕事だし、家具や家財を傷つけないように気を使うし、考えていた以上に大変でした。(女性/30代/専業主婦(主夫))

・重い荷物を1人で運ぶことが普通だったので腕がすごくちぎれそうになりました。(女性/20代/無職)

・体力的、精神的、給料面、すべての面においてきつかったからです。(男性/20代/個人事業主・フリーランス)

【思っていたよりもラクだった】

・女性だったせいか、あまり重い物を持たなくていいと免除されました。お陰で楽でした。(女性/50代/個人事業主・フリーランス)

・新人だったからか、軽い食器などの梱包が主な仕事作業で重たいものを運ぶことはなかったので楽でした。(女性/30代/派遣社員)

・肉体労働がメインかなと思っていましたが、結構移動が長かったりするので、身体を動かす時間は意外と少なかった。(男性/30代/正社員)

想像よりも辛かったという理由として、やはり重い荷物を運ばなければならない点を挙げる人が多い模様です。また、お客さんの大切な荷物を運ぶため、常に気を使って作業しなければなりません。どんな荷物でも丁寧に取り扱わなければならず、精神的にも辛さを感じるという意見もよく聞かれます。ただし、引っ越しバイトといっても、担当する仕事内容によって辛いかラクかは変わってくるようです。仕事内容は本人の習熟度の他に一緒に組むパートナーの従業員の習熟度によっても違ってくるようです。

ハードな現場、引っ越しバイトでの失敗談とは?

力仕事 引越し バイト 運搬 学生 バイト タウンワーク

引っ越しバイトではどのようなミスをしやすいのか、バイトに興味を持っている人なら気になる話題でしょう。そこで、引っ越しバイト経験者に実際にやってしまった失敗談を聞いてみました。

・階段の横壁部分に家具を接触させたこと。大事には至らなかったが、大きな声が飛んで来た。(男性/30代/個人事業主・フリーランス)

・道が狭すぎて、トラックが通れなかったことがあります。でも、ナビで確認しながらほかのルートを行くと辿りつけました。(女性/20代/無職)

・食器の入った段ボール箱を落として1枚割ってしまい弁償することになった、引っ越し先の住所を間違えて大目玉を食ったことも。(男性/30代/派遣社員)

アンケートで寄せられた失敗談の多くは、家を傷つけたり家財を破損させたりといったものでした。引っ越しで運ぶ荷物は大きいものや重いもの、形が複雑なもの、梱包がうまく行われていないものなどさまざまあります。運びにくいものをうまく運ぶという作業はベテランでも集中力を要するものなので、その業務の大変さが伝わってきます。また、荷物を運ぶ作業以外にも、道が狭いといった建物の立地条件を挙げる声もあります。引っ越し作業をする家はもちろん選べませんので、運の良し悪しも少なからず関係してくるかもしれませんね。

力の使い方なら任せて!引っ越しバイトで身に付くスキル

力仕事 引越し バイト 運搬 学生 バイト タウンワーク

バイトには、お金を稼ぐだけでなくスキルを身に付けられるというメリットもあります。引っ越しバイトでは実際にどのようなスキルが得られるのでしょうか。経験者に聞いてみました。

・物事を慎重に運ぶための集中力、身体の効果的な使い方など。疲れを溜め難くなった。(男性/30代/個人事業主・フリーランス)

・瞬発力と持久力が両方付いて、ほかのガテン系職場に行っても仕事が楽でした。(男性/40代/個人事業主・フリーランス)

・部屋の模様替えをするときなど、家具の移動のさせ方などが身につきました。(男性/50代/経営者)

力仕事が多い引っ越しバイトでは、引っ越し以外の肉体労働でも通用する体の使い方や体力が身に付くというコメントが多くありました。体力を温存しながら効率的に体を動かすスキルは、見について損はないと言えるでしょう。また、引っ越しバイトの経験は実生活にも応用が効くようです。大きな家具の動かし方の手順なども身に付けられるため、部屋の模様替えを安全かつ効率的に行えるようになります。

体験者からのアドバイス

大半の場合、シフトごとに違う人と組んで仕事をすることになる。お客さんとも、ある程度コミュニケーションを取る必要があるので、人見知りを克服したい人にはいい機会かも(引っ越しバイト経験/24歳/女性)。

※この記事は2014年06月18日にタウンワークマガジンに掲載されたものです。

※データ:大学卒業した22歳~25歳の社会人900人に調査(2014年3月27日~4月7日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング